2018年のお盆休み期間はいつからいつまで?銀行や公務員の人は?

スポンサーリンク

2018年のお盆はいつからいつまで

会社務めのサラリーマン等にとって、お盆休みは嬉しいものです。
真夏の暑い時期を一旦エスケープできますから、
お盆休みで疲労回復・体調調整して、夏の後半戦に望めます。

まーっ、ご家族がいらっしゃる方はそうのんびりできないかも・・・
テンションあげあげの子供達と違い、少しでも休息したいのが本音^^;

反対に、今年社会人となった新入社員さんは、
学生時代の夏休みの記憶が新しく、短すぎるお盆休みの期間にはショックかも。。
でも、そこは社会人ですから慣れてください^^;

2018年のお盆休みはいつから

 

それでは、2018年のお盆休み期間ですが、、
その前に、本来のお盆がいつからいつまでなのかお話しますね。

お盆とは、先祖を供養する期間で正しくは盂蘭盆会(うらぼんえ)と言います。
この由来はインドにあるのですが、、小難しいのでここでは割愛します^^;

 

こどもの頃、私が住んでていた家では、毎年8月13日の夕方になると、
母が決まって家の前で迎え火をし、 16日には送り火をしていましたので、
割と小さい時から、お盆がいつからいつまでなのかは分かっていました。

お盆期間は迎え火~送り火

 

この迎え火~送り火がお盆期間、つまり8/13~8/16となります。

 

これは年ごとに変わるものではありませんので、
2018年のお盆期間も 8月13日~8月16日です。(旧盆の地域)

なので、会社関係のお盆休みも、大体はこれ沿った休暇になってきます。

 


スポンサーリンク

 

2018年のお盆休みはいつからいつまで何日間あるの?

2018お盆休みカレンダー

 

今年2018年のお盆休みは、山の日の8月11日が土曜日、
翌日12日が日曜日となることで見事にお盆期間にくっついています。
その為、通年型通り4日間の連休となる会社でも、
6連休となる可能性が高いですね^^

2016年は5連休かも

 

大手企業にお勤めで、年間休日が120日前後ある会社では、
8/11(土)から8/19(日)までは鉄板
更にその前後も休みとなり11連休ぐらい望めると思われます。

私がサラリーマン勤めをしていた時は、
正月、ゴールデンウィーク、お盆は長期休暇にされていまして、
それぞれ10連休以上が設定されていました。

2018年のカレンダーなら、8/10~8/20の期間で11連休になってるかと、、
(恐らく民間企業ではこの辺が最長じゃないかな?)

 

しかし2018年のお盆に家族でお出かけ予定の方は、
8/11~8/16の期間で計画されるのが確実ですね。

但し、このお盆休み期間は、ほとんどのお宅がお休みですから、
観光地・イベント・帰省ラッシュで相当な混雑が予想されます。

お盆休みは各地で車が混雑

 

なので、お盆休みが毎年10日前後設定されている会社勤めの方は、
世間一般のこの期間を外し、
8/9~8/11にご旅行などの計画をした方が渋滞は少ないでしょう。

その後、盆をきちんと自宅で迎え、先祖供養もできます。

 

 

 

銀行や公務員の人にもお盆休みって?

人様のお盆休みで気になるのが銀行や公務員の方ですよね^^
銀行や役所関係は、基本暦どおりに業務がされていますので、
お盆だからってことで休みになることはありません!

だから、お盆休みとして決まった連休はないのですが、
夏期休暇や有給休暇を利用して、交代で個人的に休みをとります。

 

また公務員というと、小中学校の先生(地方方公務員)もはいりますが、
学校の先生のお盆休みについては、結構誤解されている方も多くて、
子供達が夏休みなので、「結構長い休みをとってるんじゃないの~」
思われがちなのですが、、

学校の先生のお盆休みは長いんじゃないの

 

実際には、4、5日程度の夏期休暇なんです!
生徒が居ない時でも先生方は色々お仕事で出勤されているんですよ。

なので、銀行や公務員方のお盆休みは、
巷のお盆期間とズレることの方が多いんでしょうね。

でも、その方が混雑に巻き込まれないでいいのかも知れませんが…?

 

 

 

お盆に纏わる裏話・・・って程ではありませんが、、

私が社会人になる前のお盆の記憶は、
やはり迎え火~送り火にあります。

8月13日の夕方になると、自分の家はもちろんのこと、、
近所が一斉に迎え火を焚きだしていましたので、

小さいながらお盆は神聖な儀式のように感じていました。

近所が一斉に迎え火を焚きだして
 

少し離れたところからボーっと眺め、
近所のお父さんお母さんがどんな思いで、
たいまつに火を灯しているんだろうと…

記憶に間違いがなければ、
うちの近所ではこのお盆時期に提灯もあげていましたね。
提灯といっても電灯式ですけどね。

 

そして、お盆の時期に必ずあったのが、
お仏壇のきゅうりとナス、そしておはぎ(ぼた餅)です。

うちでは、ぼた餅を母が手作りをしていて、
市販のものより、ちょっと大振りで甘さも控えめなものでした。
こどもの頃、これが大好きでよく食べましたね~

おふくろの味です^^

お盆によく食べたおはぎ

 

世間では、ぼた餅というよりおはぎと呼ぶことの方が多いようですが、
実は、季節ごとに違うのが本来のようです。

春⇒牡丹餅(ぼたもち)
夏⇒夜船(よふね)
秋⇒御萩(ぼたもち)
冬⇒北窓(きたまど)

なので、お盆の時期にいただくのは、
正式には夜船(よふね)となります。(はじめて聞いた言葉です^^;

 

それと、先のきゅうりとナスですが、
お仏壇にお供えするのきゅうりとナスには割り箸で足がつけられていました。
何かの動物を現わしていることは皆さん直ぐ分かると思うのですが、

『その動物は何かご存じですか?』

仏壇に供えるキュウリとナスの正体

 

私もこどもの時に「その動物みたいのは何?」って、
絶対聞いたと覚えがある筈なんですが、 いまは全然思い出せません。

気になったので調べてみたとろこ、
きゅうりが馬で、ナスは牛にみたてているとのことでした。
正式には精霊馬(しょうりょううま)と呼ばれるものお飾りになります。

 

 

以上、2018年のお盆休みについてでした。
お盆休み中は毎年事故も多発していますのでくれぐれもご注意ください。

本来はご先祖を供養する期間ですから、
少し厳かな気持ちで冷静に対応すると事故に遭遇することもないと思います。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

毎日勉強を続ける子どもが続出中!!

学力に差がつく夏休み!

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る