隅田川花火大会の由来と歴史『玉屋~』『鍵屋~』掛け声の意味

スポンサーリンク

隅田川花火大会の由来と歴史 ~鍵屋の技術・300年の歴史をひも解く~

夏の風物詩、隅田川の花火大会。
毎年多くの人でにぎわう花火大会で、近年ではテレビ中継されるほど!
日本一有名な花火大会と言ってよいでしょう。

この隅田川花火大会は日本で最古の歴史を持つと言われています。
その歴史は江戸時代までさかのぼります(!)

粋なことが大好きな江戸っ子たちも、花火を眺めていたんでしょうね(*^_^*)

隅田川花火大会の由来と,歴史

 

「玉屋~鍵屋~」という掛け声が始まったのも、隅田川花火大会に由来しています。
歴史を見ていくと、すごく面白いですよ♪

意外と知られていない、隅田川花火大会の歴史と由来を調べてみました。
由来を知ると、隅田川の花火がまた違った気持ちで見られそうです。

 


スポンサーリンク

 

隅田川花火大会の歴史と由来

隅田川花火大会の起源は、八代将軍吉宗の時代までさかのぼります。
その頃はまだ隅田川花火大会という名称ではなく、
「両国の川開き」と呼ばれていました。

隅田川花火大会という名称になったのは割と最近で、昭和53年です。

この「両国の川開き」は、実は慰霊のために行われたもの。

1732年の大飢饉(享保の大飢饉)でなくなった犠牲者の慰霊のため、
1733年に行われた隅田川の「水神祭」がその始まりです。
両国橋の近辺で花火を打ち上げ、それが毎年行われるようになりました。

 

最初は慰霊祭だったんですね。
そう考えるとなんだか胸が痛くなりますが・・・(涙)

そしてこの時に花火を担当したのが「鍵屋弥兵衛」という人物です。

年々規模を大きくしていき、
そこからのれんわけされた「玉屋市兵衛」と二大巨頭となり、
両者の花火が人気をはくしていきます。

 

のれんわけされたはずの玉屋の方が、、
人気が出てしまうというハプニングもありつつ^^;、
二大巨頭体制は長く続きますが、

玉屋が火事を起こしたことで玉屋は江戸から退去することに・・・
『玉屋の歴史は一代限りだったんですね。』

 

でも、「玉屋~」という掛け声は今でも有名ですし、
江戸っ子たちも「玉屋~!鍵屋~!」という掛け声をずっと続けていたようです。

花火のあの掛け声は、その時代を一世風靡した職人さんの名前からきてるんですね^^

 

 

いまも続く「鍵屋」の歴史

隅田川で最初に花火をあげた鍵屋ですが、なんと今でも残っています。
宗家花火鍵屋

現在の棟梁で15代目。
創業からゆうに300年は立っているという老舗中の老舗です。

現代の花火はきれいな円を描きますが、
この円状にキレイに飛び散る花火を開発させたのがこの鍵屋。
十代目鍵屋弥兵衛が苦心して作り上げた力作と言われています。

今は当たり前のように見ている花火ですが、苦労があったんですね。
代々磨き上げられてきた技術の結集、それが今の花火です。

 

途中、戦争や震災によって中止されたり延期されたりはしましたが、
いまも毎年同じ時期に同じ場所で美しい花火を上げ続けています。

300年以上も磨き上げた技術・美しい花火を毎年見られるなんて…
贅沢なことなんですね^^

今年も隅田川へ美しい花火を見に行きましょう!

 

隅田川花火大会の記事は他にもありますので良ければ読んでください^^

隅田川花火大会2016の日程とグルメ!オススメ飯と屋台ガイド
隅田川花火大会2016見物に最適な場所取りと時間は?
隅田川花火大会2016の日程と打ち上げ場所~地元っ子だけの穴場情報
電車混雑心配無用!! 隅田川花火大会2016日程や穴場場所ガイド
隅田川花火大会2016屋形船の料金は幾ら?予約はどうするの?

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

1分で一番安い引越し会社が見つかる

2017年のお引っ越しの際は…

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る