隅田川花火大会2017の日程と打ち上げ場所~地元っ子だけの穴場情報

スポンサーリンク

隅田川花火大会2017開催日程と穴場場所…

夏になると楽しみになるのが花火大会!

全国で多くの花火大会が行われ、
子供たちはもちろん大人も楽しむために続々と打ち上げ場所へと繰り出します。

でも、花火大会に出かけるのはけっこう大変で・・・^^;
なにしろ、人混みがすごいんですよね。

隅田川花火大会なんて、
人が行き来できないぐらい毎年ごったがえしてますし、
電車に乗ったら通勤ラッシュなみに混んでます。

 

隅田川花火大会2017 日程と穴場

 

そんな時は、穴場から見所をゆったり見るのがイチバン!
私も毎年、地元の花火大会を絶好の穴場スポットからゆったり見てます♪

人混みをかき分けながら見る花火よりずっといい!
キレイに見えて最高ですよ~!!

日本一の人出と言ってもよいぐらいの隅田川花火大会の穴場は・・・?
2017年の日程や見どころなどと一緒にどうぞ↓

 


スポンサーリンク

 

隅田川花火大会2017年の日程など

 

2016年、第39回隅田川花火大会の日程は、

<日時>
2017年7月29日(土)

雨天・荒天のため実施できない場合は翌日7月30日(日)に順延
両日ともに実施できないときは中止になります。

<時間>
第一会場:19時05分~20時30分
第二会場:19時30分~20時30分

<会場>
第一会場:桜橋下流~言問橋上流
第二会場:駒形橋下流~厩橋上流

<打ち上げ数>
第一会場:約9,350発(内200発はコンクール玉)
第二会場:約10,650発

 

実施するかどうかが確定できないような不安定な天候の場合は,
当日の午前10時、朝から荒天の場合は午前8時に
実施するかどうかが決定されます。

それと道路交通規制は⇒こちらでチェックしておいてください。

 

 

以前は「花火大会にこんなに降る?!」っていうぐらいの土砂降りで、
わずか30分で中止になりましたからね(-_-;)

見に行った人たちがずぶぬれになっていて本当にかわいそうでした・・・

しかし、それ以上に気の毒だったのは花火職人さんかも知れません。
用意された花火の内、15,000発もが廃棄処分されてしまいました。

長い月日と労力を注いだ作品が、日の目を見ない訳ですから…
その無念は相当のものだと考えます。

今年は天候に恵まれますように!

 

 

隅田川花火大会の穴場スポット

調べてみると、意外と出てくる穴場スポット。

でも、さすが隅田川花火大会だけあって、
穴場と言っても早めに行かないと座ってみれないという場所も^^;

ゆったり見たい方は座ってみられる場所を、
「歩きながらでも大きく見たい!」という方は打ち上げ場所に近い場所で
人の流れに沿ってみてみましょう。

 

隅田川花火大会2017 穴場場所

 

汐入公園

会場からは少し離れているため、座ってみられる人がほとんど。
混雑はそこそこで快適ですが少し小さめの花火になってしまうのが難点・・・
でも、快適に見るならココは本当におすすめです。
最寄駅は京成関屋・南千住駅。どちらからも徒歩10分程度です。


東白鬚公園

ここぞ混雑とは無縁!
どうしても座って花火鑑賞したいというかたはこちらでゴザを持って場所取りを。
当日はゴザの貸し出しまでしてくれるといううれしい特典付の穴場スポットです。
早めに行って見えやすいスポットを押さえましょう。


東駒形三丁目交差点

毎年交通規制されている区域のため、
道路にシートを引いて場所取りをする人が続々と集まります。

上記2つに比べるとやや場所取りが大変な感も・・・^^;
しかし、第二会場の花火が大きく、座って快適にみられるという貴重な場所です。
交通規制が始まる時間(例年18時)より前に到着しておくとよいでしょう。

都営浅草線の本所吾妻橋駅を利用すると徒歩5分程度です。


本所三丁目交差点

東駒形の交差点から少し南の交差点です。
花火が見やすく、近距離なのがうれしい!

ここも少し競争率が高目のスポットなので
交通規制が始まる前には到着しておきましょう。

座っていても大きめの花火を見たい!という方におすすめです。


両国国技館周辺

第二会場から少し南にあるのが両国国技館。
花火エリアからは離れているので混雑とは無縁!
少し小さくなってもいいなら、この周辺でスポットをさがしましょう。

近くには有料で花火が見られる特等席スポットもあり!


大横川親水公園

南北1.8kmも続く、公園というよりは遊歩道の雰囲気の強い公園。

周辺には建物が多いので、
早めに行ってベストスポットを押さえておくのがおすすめ。
少し小さめな花火になりますが、混雑とは無縁です。


コモディイイダ東向島店

毎年、駐車場が解放されて少し遠めですが花火を見ることができます。

ただ、地元の方には解放されていることが知られているので
夕方には混雑が始まります^^;
座ってみたい方は少し早目に行きましょう。

場所取りをしていいかどうかはお店に事前に確認を!

詳しい地図はこちら

その他の「見えやすいスポット」も地図内にたくさんあります!
どこで見るかをじっくり吟味してくださいね。

 

 

まだまだ知られていない穴場

穴場とはいってもやっぱり少しは混雑するところがほとんど。
もっと快適に、人が少ないところでそこそこの大きさの花火が見たい!

そんな方には以下のスポットがオススメです^^

 

隅田川の花火大会 穴場スポット

 

蔵前周辺

蔵前周辺は、春日通りという大きな道が交通規制になると、
シートを敷いて座ってみることができます。
橋の上は混雑しているので、
蔵前駅の周辺でベストビューポイントと探して座りましょう。

ビルの陰で見えない場所もあるので、
移動しながらポイントを探していくのがいいでしょうね。


待乳山神社(まつちちじんじゃ)

浅草駅から北へ15分程度、
台東リバーサイドスポーツセンターにほど近い場所にあるのがこの神社です。
打ち上げ場所からほど近く、大きな花火が見られるのが最大の魅力。

そして、始まってからでも十分座れるという超穴場スポットです。

低い花火が見えづらいというのが唯一の難点ですが、
迫力満点の大きな花火がゆったりと見られる、し
かも打ち上げ場所のすぐ近くで見られるという貴重なスポットです。

こちらのスポット情報


カフェ ムルソー

隅田川沿いのおしゃれなカフェ。
大きな花火が目の前で、しかも冷房付きの部屋で見られるという贅沢な空間。
毎年7月になると予約が始まりますが、直前になると予約が取れません^^;

「涼しいところでゆったり見たい派」のあなたは、オシャレなカフェで♪
予約は早めにしておくのがベスト!です。

お店の情報はこちら


いかがでしょうか?
他には、周辺で宿泊できるホテルを探す、
周辺の公民館や建物の屋上解放を調べてみるなどすると穴場が見つかります。

特に、第一ホテル両国は毎年人気の花火スポット。
毎年6月ぐらいになると、隅田川花火大会プランが発売されます。
あっという間にいっぱいになりますので、お早めに!

予約開始はこちらからチェックできます!

 

花火大会の場所決めには、
自分がどれぐらいの大きさの花火を見たいか?も決定のポイントです。
以下↓のページはそんな時に便利^^
いろんな場所から見る隅田川花火の動画

遠くからになるとやっぱり小さくなりますから^^;
物足りない方は混雑を覚悟で打ち上げ場所へいきましょう。

穴場スポットは探すといっぱいありそうですが、
「確実に・座ってみられる場所」だけを紹介しました。

そのほかにも建物の屋上解放などを探すと穴場はありますから、
あきらめず・粘り強く探してくださいね。

 

隅田川花火大会の記事は他にもありますので良ければ読んでください^^

隅田川花火大会の由来と歴史『玉屋~』『鍵屋~』掛け声の意味
隅田川花火大会2017の日程とグルメ!オススメ飯と屋台ガイド
隅田川花火大会2017見物に最適な場所取りと時間は?
電車混雑心配無用!! 隅田川花火大会2017日程や穴場場所ガイド
隅田川花火大会2017屋形船の料金は幾ら?予約はどうするの?

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 9月 20日

1分で一番安い引越し会社が見つかる

2017年のお引っ越しの際は…

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る