全国高校駅伝2016日程と優勝候補ズバリ予想!?

スポンサーリンク

全国高校駅伝2016日程 優勝候補予想

さわやかな秋晴れが続くいい天気が続いています。
運動会シーズンの到来ですね。

お子さんがいる家庭は、運動会も一つの大きなイベントです。
楽しみにしているご家庭も多いのではないでしょうか??

さて、運動会は短距離走が多いですが、秋も深まると長距離を走る
マラソンや駅伝が始まります。

今回は、その長距離を高校生がタスキを繋いで争う、
高校駅伝を取り上げたいと思います。
大会名は京都が舞台の全国高校駅伝2016大会です。

2015年は京都市内にコースを移して50年目

2016年は京都市内にコースを移して50年目となることを記念し、
例年の都道府県代表47校に加え、全国11地区の代表校と
京都府予選の準優勝校1校が出場する事が発表されています。

男女共に59校が京都の街を走る事になります。

この大会は1950年に大阪府内で始まり、
66年から京都市右京区の西京極陸上競技場を発着するコースに移しました。
女子は89年から実施しています。

女子は過去最多、男子も第10回大会(59年)の61校に次ぐ多さとなる
今年の全国高校駅伝の日程と出場予想と優勝校を予想しました。
宜しければご参考にしてください。

 


スポンサーリンク

 

全国高校駅伝2016日程

男子第67回女子第28回 全国高校駅伝大会

【日 時】平成28年12月25日(日)←予測
女子:10時20分出発
男子:12時30分出発  (雨天決行)

【コース】
男子: 京都市西京極総合運動公園陸上競技場をスタート、
フィニッシュとする京都市西京極陸上競技場付設マラソンコース
女子: 京都市西京極総合運動公園陸上競技場をスタート、
フィニッシュとする京都市西京極陸上競技場付設ハーフマラソンコース

【区間と距離】
男子  42.195km  7区間
女子  21.0975km  5区間

 

 

 

全国高校駅伝2015出場校予想

各県の予選会の日程と有力出場予想高校をまとめました。
参考にしてください。

 

2016都道府県予選会日程(予想)

10月15日(土) 青森県 宮城県
10月16日(日) 秋田県
10月18日(火) 福島県
10月19日(水) 岩手県
10月22日(土) 北海道 山形県
10月23日(日) 奈良県
10月30日(日) 茨城県 新潟県 沖縄県
10月31日(月) 群馬県 神奈川県 山梨県
島根県 徳島県 熊本県
11月06日(日) 栃木県 千葉県 石川県
福井県 長野県 静岡県
愛知県 滋賀県 京都府
兵庫県 和歌山県 鳥取県
岡山県 広島県 山口県
香川県 愛媛県 高知県
福岡県 佐賀県 大分県
宮崎県
11月08日(火) 東京都 富山県 岐阜県
大阪府
11月09日(水) 鹿児島県
11月10日(木) 埼玉県 長崎県
11月13日(日) 三重県

 

各県予選突破出場予想

男子

世羅高・広島県 倉敷高・岡山県  学法石川高・福島県
九州学院高・熊本県 大牟田高・福岡県 豊川高・愛知県
小林高・宮崎県 鳥栖工高・佐賀県 埼玉栄高・埼玉県
伊賀白鳳高・三重県 西脇工高・兵庫県 西京高・山口県

 

女子

世羅高・広島  大阪薫英女学院・大阪  常磐高・群馬
山梨学大附高・山梨  健大高崎高・群馬  立命館宇治高・京都
仙台育英高・宮城   市船橋高・千葉   青森山田高・青森
北九州市立高・福岡  豊川高・愛知  西脇工高・兵庫

これらの高校はおそらく予選突破してくると思います。

 

 

 

全国高校駅伝2016優勝争いを予想

まずは、昨年2015年大会の結果を振り返ってみましょう。
上位校をまとめると以下のようになります。

2015全国高校駅伝競走大会成績

【男子 総合結果】
1位 2時間01分18秒 NGR 世羅(広島)
2位 2時間03分06秒 九州学院(熊本)
3位 2時間03分08秒 倉敷(岡山)
4位 2時間04分05秒 佐久長聖(長野)
5位 2時間04分15秒 小林(宮崎)
6位 2時間04分18秒 洛南(京都)
7位 2時間04分40秒 学法石川(福島)
8位 2時間05分09秒 加藤学園(静岡)
9位 2時間05分09秒 八千代松陰(千葉)
10位 2時間05分09秒 大牟田(福岡)

【女子 総合結果】
1位 1時間07分37秒 世羅(広島)
2位 1時間07分46秒 常磐(群馬)
3位 1時間08分10秒 大阪薫英女(大阪)
4位 1時間08分42秒 須磨学園(近畿)
5位 1時間08分51秒 西脇工(兵庫)
6位 1時間09分14秒 興譲館(岡山)
7位 1時間09分16秒 山田(高知)
8位 1時間09分24秒 北九州市立(北九州)
9位 1時間09分31秒 市立船橋(千葉)
10位 1時間09分31秒 豊川(東海)

 

2016年大会レース展開予想

2015年は世羅の一人勝ちでした。
史上2度目となるアベック優勝の快挙、男子に限っては
大会新記録で二連覇ですからね。今年も最有力と言えます。

昨年上位の九州学院や倉敷高や佐久長聖が、
今年どこまで世羅を追い込むか?も見所です。

学法石川高、九州学院高、大牟田高、小林高、鳥栖工高
あたりも今年は有力になるかと…。

 

女子は優勝高が今年も上位に絡むのか、
それとも近年上位入賞常連の常磐(群馬)大阪薫英女(大阪)が優勢か!

世羅高、山梨学大附高、 健大高崎高、 立命館宇治高、仙台育英高、 市船橋高
も優勝争いに食い込んでくると面白い展開になりそうです。

 

 

 

全国高校駅伝2016まとめ

春から厳しい夏の練習を乗り越え、秋に最終調整して、
集大成の冬にこの大会があります。

ちなみに春の高校伊那駅伝2015の結果は…

男子
1位 世羅 2位 倉敷 3位 九州学院 4位 秋田工、5位 仙台育英
6位 西脇工 7位 小林 8位 西京 9位 大牟田 10位 山梨学院大附

女子
1位 常磐 2位 豊川 3位 大阪薫英女学院 4位 荏田 5位 市船橋
6位 長野東 7位 成田 8位 北九州市立 9位 岡崎学園 10位 埼玉栄

冬に花を開かせるのはどこの高校になるのでしょうか?
春の大会とどれ位成績が変わるのかも見ものです。

故障者や、冬の寒さによる体調不良で、突如エントリー選手変更はよくある事。
そして、それが原因で順位が変わることもあります。

それだけに、レース展開は読みづらいですが、仲間を信じてつなげるタスキリレーは、
観る者に感動を与えてくれます。
今年も色々なドラマを生んでくれるでしょう。

毎年NHKで生中継するので今年も生中継があると思います。
50回の記念大会である全国高校駅伝2015大会を、皆さんで応援しましょう!

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • サムライ
    • 2016年 11月 10日

    留学生ランナー要らない!!
    世羅・倉敷ずるいぞ

完売続出!間もなく早割価格終了!!

2017年おせち早割予約

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

期間限定☆バカ売れズワイガニ

お正月のおもてなしに!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る