暑中見舞いを送る時期2016年はいつからいつまでに出すの?

スポンサーリンク

暑中見舞いを送る時期2016年はいつだす

7月になると、暑中見舞いを準備しないといけないですね!
お中元と同じように、暑中見舞いは暑い時期の大切なご挨拶です。

私は学生時代、お世話になった教授に暑中見舞いを送ってました。
いまはメールやラインですぐに会話できる時代ですから、
ハガキで挨拶をするなんて逆に新鮮でよろこばれたりしますよ(*^_^*)

 

では、暑中見舞いっていつからいつまでの時期に出すのが正しいか、
知っていますか?

なんとなく「夏に送るもの」というイメージがありますけど、
正確な日付までは知らない人が多いんです。

お中元を贈る時期とは少し違ってきますよ^^

暑中見舞いを送る時期2016年は?

2016年の暑中見舞いの時期について調べましたので、
今年は暑中見舞いだそうかな、というかたはこの時期に送ってくださいね↓

 


スポンサーリンク

 

暑中見舞いを送る時期 2016年はいつまで

暑中見舞いを送る時期は、梅雨明け後の土用の期間

↑この時期に送ります。
でも、「土用の期間」てなんのことか分からないですよね?

 

土用の期間とは、
四立(立夏・立秋・立冬・立春)の前日までの約18日間のこと。

夏の土用が一番有名で、
ご存じのように「土用の丑の日」にはうなぎを食べる、という習慣もあります。

この「土用の期間」は年によって違います。

2016年の夏の土用の入りの日は7月19日。
立秋が8月7日なので、土用の期間は7月19日~8月6日まで
ということになります。

つまり、2016年の暑中見舞いを送るのに適当な期間は
「7月19日~8月6日」です。

2016年の夏の土用は7/19、立秋は8/7

 

 

いつ送るのが一番いい?

しかし、早すぎても遅すぎてもNGなのが暑中見舞い。

早過ぎると「もう暑中見舞い?」と思われますし、
遅すぎると「残暑見舞いじゃないの?」と言われてしまいます。

なので、土用の期間の真ん中ぐらいベスト!

はやばやと7月20日ぐらいに送ってもいいですが、
8月に入ってすぐに届くように送ると違和感がありません

 

今年の土用の丑の日が7月30日ですから、
「土用の丑の日に送る」ぐらいのタイミングがいいでしょう。

『7月29日~31日に投かんする位がちょうどよさそうですね^^』

2016年の最適な著中見舞いは?

 

暑中見舞いを送る時期って、すごく漠然としていて知らない人も多いです。
この機会に「夏の土用の期間」に送る、と覚えてしまいましょう!

土用の期間は年によって若干違いますから気を付けて!

カレンダーを見ると、その年の毎年の土用の入りが分かります。
毎年、子供たちが夏休みに入る前後、
「海の日」あたりに土用の入りの日が来ています。

 

「ややこしい!そんなの覚えていられない!」という方は、
毎年7月31日に投かんする!など、投かんする日を決めておくといいでしょう。

土用の日や立秋が大きくずれることはありませんから、
期間の中ごろである7月29日~31日あたりに投かんすると間違いありませんね☆

 

宜しければこちらの記事もいかがですか^^
暑中見舞いくじ付きハガキかもめーる2016年の発売日はいつ
暑中見舞いの時期とはがき かもめーる 抽選日
喪中の時の暑中見舞いは?喪中時の例文とマナーの心得
暑中見舞いの言葉や文例~恥を書かない書き方を指南~

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2014年 5月 12日
  2. 2015年 6月 04日

完売続出!間もなく早割価格終了!!

2017年おせち早割予約

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

期間限定☆バカ売れズワイガニ

お正月のおもてなしに!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る