長良川中日花火大会2017交通規制と渋滞~車で行くのはマジ無理~

スポンサーリンク

中日花火大会2017 駐車場・交通規制

中日新聞社が主催する「長良川中日花火大会」、
2017年日程は7月29日(土)開催となっています。

中日花火大会は昼の12時からはじまり、20時45分頃まで続くという
他の花火大会ではあまり見られない長さでも有名です。

昼の間は「ドン」と音が響く「音花火」や「彩煙」という
色のついた煙玉を中心に打ち上げられ、時間の経過とともに
打ち上げ時間の間隔をせばめていきます。

夜になれば創作スターマインの打ち上げ、ナイアガラの滝など、
約30000万発もの花火が打ち上がる日本屈指の花火大会なのです。

中日の花火は公共の交通機関で見に行こう

 

そんな花火大会ですから人出も相当なもの、
その為、交通規制や渋滞は、ご覚悟の上、見物に向かいましょう^^;
というか、車で行くのは最初から諦めましょう^^;

感動的な花火大会の余韻が帰りの大渋滞で興ざめしますよ。

ということで、
ここでは中日花火大会のアクセスの話を中心にお話していきましょう

 


スポンサーリンク

 

長良川公園が絶好の観覧ポイント

長良橋北側(下流側)にある長良川公園から観覧するのが、
絶好の観覧ポイントになります。

しかし当然ながら一番混み合いますし場所取りも大変です。
もちろんその労苦の上に最高の花火を味わえるのですから、
ご友人とお誘い合わせの上で楽しむのも一つの手ではあります。

その会場へおとずれるにあたって、
車で行こうか公共機関で行こうか考えますよね。

 

 

駐車場が会場から離れている

結論からいうと車で行くのはマジ無理です。

大会当日は早い時間から市内に交通規制がひかれ、
会場周辺の駐車場はすぐに満車になってしまいます。

午後になると大渋滞がまきおこり、移動するのも厳しいようです。
臨時駐車場として「一日市場(ひといちば)臨時駐車場」
「岐阜県庁北側駐車場」が無料で利用できますが、
ちょっと会場から離れています。

そこで会場まではシャトルバス(片道大人210円、子供110円)
を利用することになるので、それならば最初から公共機関を利用して
会場へ向かったほうがストレス無く花火を楽しめて、
帰るのにもイライラしなくて済むのではないでしょうか。

だって30万人もの観客がおとずれる大イベントなんですから。

 

 

アクセス

当日はJR岐阜駅前と名鉄岐阜駅前から臨時バスが運行される予定です。
帰りの時刻にも臨時バスが運行されるますので、
行く前には岐阜バスホームページをチェックして行くようにしましょう。

ちなみに岐阜駅から花火会場まで歩くと、だいたい40分くらいはかかるようですよ。
バスで行けば楽ちんです。

 

 

帰りの時間を考えたら、やっぱり車は無理

昼間から大渋滞するくらいですから、帰りの頃合いになったらヤバイです。
花火大会終了と共、一斉に移動が始まりますから、、
深夜まで渋滞が続きます^^;

川を渡る橋の周りは、日本中どこへ行ってもだいたい混雑しますよね。
花火大会をその河原でやるのですから、混雑具合は推して知るべしです。

今年の花火大会は車で会場へ行くのは選択肢から外して、
公共機関を使って行き花火を楽しみましょう。

 

第60回長良川中日花火大会

第61回長良川中日花火大会
開催期間:7月29日(土)12:00から20:35
開催場所:岐阜県岐阜市 長良川河畔 長良橋下流から金華橋上流
問い合わせ先:中日新聞社普及事業課
問い合わせ電話:052-221-0671 月曜から金曜10時から18時
公式ホームページ:http://www.chunichi.co.jp/chuhana/

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「デキる女」夏の美容対策もひと味ちがう!

夏の紫外線対策

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る