お年玉付き年賀はがき2022抽選日はいつ?当選番号は?

2022年賀状(お年玉付き年賀はがき)抽選日と当選番号速報

本日1月16日(日)に抽選された2022年お年玉付き年賀はがきの当選番号のご案内いたします。

1等旅行・家電・現金(10万円):下6けた…******
2等ふるさと小包:下4けた…****
3等お年玉切手シート:下2けた…**、****

2022年賀状当選番号速報

当選確率は1等が100万本に1本、2等が1万本に1本、3等が100本に3本です。当選賞品の引換期間は2022年1月17日(月)から7月18日(月)までとなります。
と、抽選結果が分かりましたら、こんな感じの速報をご案内する予定です。

お年玉付き年賀はがき当選番号速報

申し訳ありませんが、現状、まだ2022年のお年玉抽選はされていません。また、抽選日の案内も発表されておりません。
然しながら、お年玉付き年賀はがき2022の抽選日は1月16日(日)になるでしょう。※その根拠は後ほど…

みなさん如何でしたか?『1等当たりましたか^^』

年賀状のお年玉は宝くじのように高額な賞金ではありませんが、ほとんどの方に当選権利があるので話題としては盛り上がりますよね♪
1等を当選された方は、きっと2022年は良い年になると思いますよ。反対に良い結果が出なかった方は、少し締めてかかった方がいいかもです。

それが、結果的に良い運気を呼び込むんじゃないでしょうか?



 

お年玉付き年賀はがき抽選日

年賀状のお年玉宝くじの抽選日は以前から変らず日曜日に開催です。ただ第何週というのは固定的ではなく、近年で10年間ほどを辿ってみますと

2021年1月17日(日)
2020年1月19日(日)
2019年1月20日(日)/4月20日(土)
2018年1月14日(日)
2017年1月15日(日)
2016年1月17日(日)
2015年1月18日(日)
2014年1月19日(日)
2013年1月20日(日)
2012年1月22日(日)

その年々の暦の関係もありますが、この様に早まっています。

 

 

お年玉賞品も昨年から大きく変わりました

お年玉賞品

1等賞品:現金30万円(当選確率 1/1,000,000)
2等賞品:ふるさと小包など(当選確率 1/10,000)
3等賞品:お年玉切手シート(当選確率 3/100)

過去に現金10万円や20万円相当の賞品はありましたが、現金30万円は初!
お年玉というよりボーナスに近い金額なので魅力的ですね。

2022年の1等も継続されるか現状は不明ですが、1等が現金1万円の時も当たりませんでしたので、お楽しみ感はこっちの方が大きいです。

ご参考までに…ふるさと小包というのは、郵便局のふるさと小包の冊子に掲載されている商品の一部。

ふるさと小包冊子

ふるさと小包の冊子の商品は2000円~10,000円ぐらいの価格幅があるのだけど、、2等賞品は2000円~3000円ぐらいのものになります。



 

個人的な思い出のあるお年玉賞品

余談になりますが、家の親父が切手コレクター、って程でもないかったけど趣味で切手を集めていたこともあって、小学校時代から私も少し興味がありました。

年賀状の末等当選賞品なる切手シートは毎年楽しみでしたね。

当時はその上(3等?4等?)がレターセットという便箋と封筒のセットでこれが何回か当たったことがあったのですが、交換時にダダをこねて切手シートに替えてくれと、郵便局職員を困らせたことがありました(・・。)ゞ

確かその時、後ろに並んでいた叔父さんが交換してくれたと記憶しています(*^.^*)
そんな事もあったりして、自分の中では、年賀状のお年玉賞品=切手シートですね。

切手シート

なので、筆者がお年玉商品の変更で嬉しかったのは、寧ろ1等賞品の30万円ではなく、2006年以降二つになってしまった当選数字が、昨年から3つの数字となり当選確率が1.5倍になったことでした。

 

 

以上、2022年のお年玉付き年賀はがきの抽選日(予想)とお年玉賞品について
現状分かる範囲でまとめてみました。

2022年の抽選日は1月16日(日)になると思われますが、
正確な情報が入ってきましたら、当然番号と併せて更新させていただきます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

この冬注目の商品
ページ上部へ戻る