岸和田だんじり祭り2017日程|だんじりの意味・神輿との違いは?

スポンサーリンク

岸和田だんじり祭り2017日程

秋のお祭りと言って真っ先に思い浮かぶのは岸和田のだんじり祭!

だんじり祭りのようす

だんじり祭り見物客

行ってみたい日本の秋祭りランキングでも一番人気です^^
だんじり祭のは、敬老の日の前日となる土日に開催されています。

つまり2017年の岸和田のだんじり祭りの日程は(現在の日程は予想です)

9月16日(土)、9月17日(日)
宵宮:9月17日 午前6時~午後10時
本宮:9月17日 午前9時~午後10時

 

だんじり祭といえば、多くの方が岸和田のだんじり祭を連想されますが、
実はだんじり祭りの開催は、岸和田だけではないんです。

「エッ、だんじり祭って一つじゃないの?」

そうなんですよね~
わたしも昨年初めて知りました^^;

 

そこで、比較的知名度の高い、
他の地域のだんじり祭りの日程について調べてみましたので、
宜しければご参考にしてみてください。

その他にも、だんじりの意味・由来について、
岸和田だんじり祭りの見どころについても書いていますので、

最後まで読んでいただけれると嬉しいです^^

 


スポンサーリンク

 

各地のだんじり祭の日程と場所

※現在の日程は予想になります。

誉田だんじり祭り:大阪府羽曳野市誉田八幡宮
日程:2017年9月16、9月17日


橘のケンカだんじりまつり:徳島県阿南市橘町海正八幡神社
日程:2017年10月7日~10月9日


堺だんじり祭り:大阪府堺市大鳥神社ほか
日程:2017年10月7日~10月9日


だんじり祭り:大阪府貝塚市麻生郷地区ほか阿理莫神社ほか
日程:2017年10月8日、10月9日


大津地区だんじり祭:大阪府泉大津市大津地区大津神社
日程:2017年10月8日、10月9日


助松・曽根地区だんじり祭:大阪府泉大津市助松 曽根地区助松神社、曽根神社
日程:2017年10月8日、10月9日


泉穴師だんじり祭(飯の山だんじり):大阪府泉大津市豊中泉穴師神社
日程:2017年10月8日、10月9日


三日市だんじり祭:大阪府河内長野市喜多町・三日市町烏帽子形神社、赤坂上の宮神社
日程:2017年10月8日、10月9日


千代田地区だんじり祭:大阪府河内長野市市町千代田神社
日程:2017年10月8日、10月9日


聖神社だんじりまつり:大阪府和泉市聖神社
日程:2017年10月7日~10月9日


だんじり祭り:大阪府大阪狭山市狭山神社、池の原神社、三都神社
日程:2017年10月8日、10月9日


下山田八幡神社のだんじり祭:岡山県瀬戸内市邑久町下山田八幡神社
日程:2017年10月8日、10月9日


城崎だんじり祭り:兵庫県豊岡市城崎町湯島四所神社
日程:2017年10月8、10月9日


十市町だんじり祭り:奈良県橿原市十市町十一御県座神社
日程:2017年10月8日、10月9日


 

各地のだんじり祭りの日程は、
岸和田と同様に敬老の日前の土日、若しくは10月の3連休の
土日月に合わせて毎年開催されるところがほとんどです。

 

 

 

だんじりの意味

先のように、だんじり祭りの開催予定を並べてみて分かったのですが、
だんじり祭は関西に限定したものになっています。

そもそも、『だんじり』の意味は、全国的にいう山車(だし)のことです。
ですが、その呼び方は関西に限られてものになっています。
如何やら、その辺りにも関係がありそうです。

山車

 

だんじりの由来には諸説ありまして、
屋台をじりじり動かす様から「台じり」が転じたものではないか、
山車が方言化されたものでは?とも言われますが、

だんじりは漢字では壇尻と書かれますので、

祭り他の儀式を行う場所としての「壇」を意味していると
考えるのが妥当なところかと思います。
(仏壇、祭壇など)

尻は引きずる時の感じ? ズリ、ジリ、みたいな?(分かりません!)

 

また、だんじり祭が大阪で盛んに行われているように
だんじりの発祥地は、大阪府堺市との声が多いです。

しかし、のルーツは山車を含め、
京都市八坂神社の祇園祭」にあると考えられています。

祇園祭では、山車を山鉾(やまぼこ)と呼びます。

 

ちなみに、だんじりに乗って、だんじりの動きを指示する人を
『だんじり野郎』って言うそうです。

だんじり野郎

 

 

 

だんじり(山車)と神輿の違い

これは地域的な影響だと思うのですが、
私が山車の存在を知ったのは、随分大人になってからです。

もちろん、その当時住んでいた地域でも、
盛んにお祭りは開催されていたのですが、
お祭りの時は、決まってお神輿が出ていました。

神輿

 

今思うと山車のような物もあった気がするのですが、
それを引っ張って動かしていた記憶はありません。

 

だんじりも神輿も神を崇める意味で作られたものですが、
この二つには、大きな違いがあります。

「だんじりは引っ張るもの、神輿は担ぐもの」という意味ではありませんよ。

神輿は神が乗るもの
だんじりは、神を囃子たてる代表者が乗るもの(乗り物)です。

だから、神の乗るお神輿は、直接人の手で高く掲げ(担ぎ)ますが、
だんじりは神聖な乗り物には違いありませんが、
人の乗るものなので、多少派手に地面を引き摺ってもいいのかなと^^;

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2014年 10月 04日
    トラックバック:ローカルニュースの旅

無料一括見積もりで最大55%OFF!!

2017年のお引っ越しの際は…

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る