年賀状2022 郵便局の無料年賀状テンプレートには2つ顔が…

年賀状2022 郵便局の無料年賀状テンプレート

最近では、様々なWEBサイトから年賀状の無料テンプレートが提供されていますが、近年、抜きんでて人気を博しているものがあります。

郵便局の年賀状テンプレートです。

その背景には、郵便局のテンプレートには二通りの使い方があって、利用する際に、それを使い分けができることがあると思います。
具体的な説明や使い方は後述しますが、少しだけ前説にお付き合いくださ^^;

今年も後2ヵ月余りで終わろうとしています。干支もトラからトラへとバトンが引き継がれます。

虎から虎へバトンタッチ

毎年、この時期になると気にかかるのが年賀状作りです。

この作業が終わらないことには、年末もゆったりとした気分で過ごすことはできません^^;
年賀状の作成って、結構時間がかかりますもんね。
でも、最近は、無料の年賀状テンプレートという強い味方があるので、2022年の年賀状づくりも、是非お世話になろうと思っています。

 

私が小さい頃は、まだパソコンなどなかったので、今のように、年賀状の無料テンプレートをDLして、自宅のプリンターでプリントアウト…そんなことなどできるはずもなく、干支のイラストなども本から写していました。

トラの版画風イラスト

その後は、「プリントごっこ」という年賀状作成ツールが登場し、父親がそれを使ってデザインしてくれるようになったので、大幅に作る時間が短縮した記憶があります。

当時はそんな素人作成の年賀状デザイン(テンプレート)でも、割とキレイにできるものだと、子供ながら感心していましたが、今の無料年賀状テンプレートとは、雲泥の差です^^;

そうして、父が年賀状デザインを自作しているのも見ていたこともあって、年賀状のテンプレートは、プリントする時は楽だけど、テンプレートを作るまでに結構時間がかかる、という認識だったのですが…
今は右クリックだけで、ハイセンスな凄い年賀状テンプレートが無料でカンタンに入手でてきしまうのですから、ありがたいですよね^^

年賀状作りには無料テンプレートが便利

無料テンプレートしか知らない世代の方には信じ難いでしょうが、木版画や芋版、あぶり出しなどで年賀状を作った経験がある人は、今の年賀状テンプレートのありがたさが実感できると思います。

今日は数ある年賀状テンプレートの無料提供サイトの中でも、もっとも利用者の多い、郵便局の年賀状テンプレートをご紹介します。
イメージ画像について



 

郵便局の年賀状テンプレート 二つの顔とは…

サイトから提供されている年賀状の無料テンプレートの多くは、ファイルをDLして使うという形式です

郵便局から提供されている年賀状テンプレートも同様で、年賀状クイックサーチという郵便年賀.jpのページから誰でも簡単にダウンロードできます。しかし、郵便局の無料の年賀状テンプレートは、これだけではありません。

もう一つ、素晴らしいサービスが用意されています。それが『はがきデザインキット2022』です。
テンプレートやイラスト素材は共通ですが、利用者はニーズ併せ二つのサービスを使い分けることができます。

はがきデザインキット2022インストール版

しかし、今年はいつもとは様子が違います!
「はがきデザインキット」がエラーで起動することができないのです。
サービス提供が終了してしまったのか?…その事実関係も含め郵便局の年賀状テンプレーについてご説明していきます

 

 

年賀状クイックサーチ

年賀状クイックサーチは、年賀状のテンプレートやイラスト素材を、誰でも自由に使うことができるサービスです。
無料会員登録なども必要ありません。

全部で1000種類以上の年賀状素材が提供されていますので、無料提供サイトとしては最多レベルの充実度になります
定番のテンプレートの他、スペシャルテンプレートや都道府県テンプレートなどが用意されています。

また、賀詞なしのテンプレートや、喪中ハガキや寒中見舞いなどのテンプレートもあります。用途に応じて使い分けることができてとても便利です。

 

年賀状クイックサーチ にアクセスすると、まずこんなバナーが目に入ります。

年賀状クイックサーチ

年賀状テンプレートを探す場合は、<お手軽テンプレート検索>を利用します。
すると、テンプレートのサンプルたくさん並んでいて、直感的に見ることができます。

2022年の年賀状テンプレートを検索

 

とは言え、1000種類以上のテンプレートを、一つひとつチェックしていくのは非効率です^^;
そこで、赤枠の[条件をしぼって検索]をクリックして、自分が使いたい条件に絞り込んでテンプレートを探しましょう。

 

条件を指定してテンプレートを検索



 

例えば、ビジネス用に使う年賀状テンプレートが欲しい場合には、シーンのメニューから[ビジネス]を選び、さらに条件を選択すると…

ビジネス向けのテンプレートはシーンのメニューで

50種程に限定されてきます。

郵便局のビジネス年賀状テンプレート60種

 

一方、個人用の年賀状テンプレートは、シーンを絞り込むだけではたくさんのものがHITするので、さらに細かな条件を設定して検索していくのがいいでしょう。

 

カジュアルな年賀状テンプレートの検索

 

カジュアルな年賀状テンプレートで、少しポップでゆるい感じのものを探す場合は、次のような条件を設定して検索すると、

このように、かなり絞り込みをかけることができます^^

かわいい2022年の年賀状テンプレートが見つかりました

 

お気に入りのものを見つけたら、サムネイル(画像)をクリックします。

年賀状テンプレートのダウンロード方法

すると、選択したテンプレートがこのように拡大表示されるので、ここで[ダウンロード]をクリックすれば、テンプレートがPCに保存できます。

 

郵便局の年賀状テンプレートはzipファイルです

ファイルはzip形式で圧縮ファイルとなっていますが、自己解凍されるので、ダブルクリックすると画像ファイルが出てきます。(通常はデスクトップに解凍される…と思います^^;)

 

圧縮ファイルを解凍するとテンプレートが出てきます

 

プリンターに年賀はがきをセットしたら、解凍された画像ファイルのアイコンを右クリックして、[印刷]をクリックすればプリントアウトされます。

年賀状テンプレートはカンタン印刷で♪

年賀状テンプレートの検索から印刷までの概略をご紹介しましたが、他のサイトでもほぼ同様の手順だと思います。使い慣れている方にとっては難しくありませんよね。



 

はがきデザインキット2022 使い方説明

『はがきデザインキット2022』は、郵便局が提供する無料の年賀状作成ツールです。
このはがきデザインキット2022の優れた点は、スマホやアンドロイド端末でも利用できるところです。しかも無料のアプリなんです。

そのため、PCがない場合でも、プリンターさえあれば、自宅で年賀状を作ることができます。そんな便利アプリが今年は使えなくなりました。しかし、誤解しないでください!

はがきデザインキット2022使い方

これまではがきデザインキットにはWEB版・インストール版・スマホアプリ版の3つがありました。
提供終了となったのは、この内「インストール版」だけです。
理由は…インストール版はAdobe Airと利用してアプリを動かしていたのですが、このAdobe Airのサポートが終了した為。

郵便局の無料年賀状作成ソフト

WEB版とスマホアプリ版は2022年用提供されているのでご安心ください。
はがきデザインキット2022のページ

 

ここではWEB版の使い方についてご説明していきます。(アプリ版の使い方は機能がやや制限されますが略同じです)

WEB版はがきデザインキット使い方1

WEB版のページから任意のサムネイルをクリック
WEB版はがきデザインキット使い方2

印刷用紙を選択
WEB版はがきデザインキット使い方3

写真をローカルから追加(写真フレームの場合)
WEB版はがきデザインキット使い方4-1
WEB版はがきデザインキット使い方4-2

挿入するメッセージを編集する
WEB版はがきデザインキット使い方5

このページではタブメニューをスタンプに切り替えイラストを挿入することもできます。
WEB版はがきデザインキット使い方6-1
デザインが完成したら右→をクリック
WEB版はがきデザインキット使い方6-2

注文・保存を選択(ここでは保存でOK)
WEB版はがきデザインキット使い方7-1
WEB版はがきデザインキット使い方7-2

保存データはマイデザインにあります。このページでは注文や再編集などが可能。ここでは自宅プリントを選択しています。
WEB版はがきデザインキット使い方8

自宅プリントを選択すると作成デザインがPDFでDLできます。
WEB版はがきデザインキット使い方9-1
WEB版はがきデザインキット使い方9-2
 

注文を選んだ場合
WEB版はがきデザインキット使い方10

注文の場合、郵便局のネットプリントが利用できます。しかし、以前とは違い郵便局で投函してくれません!
なので、配送料金がかかってしまうのです。(全国一律810円)
もし、1枚だけ印刷した場合は年賀状代金込みで1043円、昨年なら233円でした。この差は大きいです!

郵便局のネットプリント

元々、郵便局のプリントサービスは他のネットプリントと比較して安くはありません。
例え200枚注文しても1枚当たりプリント代は170円(写真)します。

なので、印刷するのであれば筆者のオススメは以下です!

しまうまプリント
しまうまプリント
しまうまプリント印刷料金表

基本料金があるので少数(20枚未満)では割高ですが、20枚以上の印刷予定であれば郵便局よりかなり安いです。
しかも一般的な写真店と同じ銀塩方式によるプリント。20枚:137円/枚、50枚:78円/枚、100枚:58円/枚。

サラ年賀状
郵便局のネットプリント
郵便局のネットプリント
少数の場合、スマホ(iPhoneアプリ)限定になりますがサラ年賀状なら1枚から注文できて110円です。
こちらも銀塩写真プリント用紙を使用した高級な写真仕上げです。

何れも無料で投函もしてくれます^^
しまうまプリント
サラ年賀状



 

宛名面作成

以下は以前のインストールタイプのものですが、12/15までWEBタイプが宛名面の作成に対応していませんので、ご参考までに掲載しておきます。

郵便局の年賀状ソフトは宛名印刷もデキル

はがきデザインキットは有料レベルのソフト
 

 

以上、郵便局の年賀状テンプレートについてご紹介しました。

「郵便局の年賀状テンプレートには二つの顔が」という、タイトルの意味をご理解いただけたと思います。

手書きの文章を挿入したい方は、「年賀状クイックサーチ」、完全形のものを作成したい方やデザインを自分流にアレンジしたい方、パソコンを使わずに年賀状を作りたい方は、「はがきデザインキット2022」、そんな風に使い分けることもできますよね。

是非2022年は、これらをうまく使いこなして、素敵な年賀状を作ってくださいね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この冬注目の商品
ページ上部へ戻る