甲子園2020夏のチケット情報!甲子園球場の座席表とチケット

甲子園2020夏 チケット料金/座席指定

8月に入るとすぐに始まる甲子園。

甲子園は、家族が甲子園に出る方だけでなく、
毎日のように観戦に訪れる根っからの甲子園ファンもいます。

今年も見に行きたい!」
「2020年は家族で出かけてみたい!」

今からそんな想いを持たれている方も少なくないでしょう。

甲子園は高校球児の聖地であり、
プロ野球とは違う初々しさやドラマがあるので、
野球ファンのみならず、
誰もが一度は実際に見に行きたいと思われていることでしょう。

高校野球2020夏の甲子園チケット料金と座席案内

では、どうやったら甲子園を見に行けるんでしょうか?

(ーー゛)「いきなり行って入れるの?」
など、初めての人にとっては不安が付き物です

そう、いきなり行って入れるかどうかが不安ですよね。
高校生の野球とは言え、無料で入れるわけではありません。

そこで今回は、2020年夏の甲子園のチケット情報をお伝えします。

チケットの料金は?
当日券ってあるの?
座席指定はできるの?

などなど、気になる情報はをすべて掲載しています!
事前にチケットを手に入れたい方は、お早めにチェックを^^



 

第102回全国高校野球選手権大会の日程

まずは夏の甲子園大会2020の日程からご紹介します。

2020年8月6日木曜日より16日間(休養日2日を含む)
抽選会:8月1日(土) 16時~
開会式:8月6日(木) 9時~
決勝戦:8月21日(金)

※↑現在は昨年日程からの予想となります

因みに、各地の予選は6月中旬~7月中旬に行われます。
予選の組み合わせ・代表校は以下でご覧になれます。
全国高校野球選手権大会 予選組合と代表校
 

 

夏の甲子園2020 チケットの料金はいくら?

高校生の野球とは言え、無料で入れるわけではありません。
甲子園を無料で見ることができるのは外野席のみ!
でも、ライブの迫力を満喫したいなら、
外野席ではなく、絶対に内野席がおすすめ!

夏の甲子園2020 チケットの料金はいくら?

では、内野席の料金を見ていきましょう。
料金は、前売り・当日券などチケットの種類と座席の位置で変わってきます。

料金はこちら↓

前売り単日券

座種 一般 子供
中央特別指定席 2,800円
一塁特別自由席 2,000円 800円
三塁特別自由席 2,000円 800円

 

通し券(前売りのみ)

座種 一般子供
中央特別自由席 39,200円
一塁特別自由席 28,000円
三塁特別自由席 28,000円

 

企画席券(ボックス席)

座種 4人席 5人席
ボックス席 (1、3塁特別自由席エリア) 10,000円 11,000円 12,500円 13,500円 15,500円

 

企画席券(マス席)

座種 5人席 6人席
ボックス席 (1、3塁特別自由席エリア) 14,500円 18,000円

 

企画席券(ペア席)

座種 定員 料金
中央ペア席 (中央特別指定席) 2人 7,000円
3塁ペア席 (3塁特別自由席エリア) 2人 6,000円

 

企画席券(アルプスデッキ席)

座種 1区画定員 料金
アルプスデッキ席 (1、3塁アルプス席エリア) 16人 19,200円

 

 

車いす券

座種 一般 子供
中央特別車いす席 1,400円
一塁特別車いす席 1,000円 400円
三塁特別車いす席 1,000円 400円
一塁アルプス車いす席 400円
三塁アルプス車いす席 400円
外野自由席 250円 50円

 

座席図はコチラ↓

甲子園2020夏 当日チケット料金
出典:入場券|第102回全国高等学校野球選手権大会

 

通し券は7日目までの試合を通してみられるチケット、
指定券は座席指定ができるチケットです。

当日券が一番安いですが、
毎日通してみたい方や何人かで見に行きたいという方は通し券がお得。

ゆっくり指定席で見たいという方は断然指定席がおすすめです!



 

夏の甲子園2020 当日券はあるの?

「開会式、やっぱり見たい!」
「あの注目選手はやっぱり見ておきたいなぁ~」

当日券は球場開門と同時に発売されます。

そんな方は、当日券で入場しましょう。
当日券は試合当日、球場開門と同時に発売されます。
その日の最終試合の4回終了時点までは入場券発売窓口で、
それ以降は大会本部窓口で発売されます。
 

当日券の料金はコチラ↓

当日券

座種 一般 子供
中央特別自由席 2,800円
一塁特別自由席 2,000円 800円
三塁特別自由席 2,000円 800円
一塁アルプス席 800円
三塁アルプス席 800円
外野席 500円 100円

 

座席図はコチラ↓

夏の甲子園 当日チケット情報

 

当日券はネットでの予約はできません。
必ず球場で購入することが必要になります。

当日券は、外野席以外の自由席のチケットとして購入できます。

 

ただし、開会式や決勝戦、注目校同士の対決など、
観戦希望者が殺到することが予想される日はかなり大変です。

朝7時の開門と同時に販売が開始され、
8時30分ごろには完売というケースも^^;

そのため、「是が非でも観戦したい!」と思う試合などの場合は、
できるだけ早目に甲子園球場へ行く必要があるでしょう!

 

 

座席指定できるのは?

甲子園では2人以上で観戦する場合に
ボックス席やペア席で指定席を確保することができます。

 

指定席は、

指定券(ボックス席) → 1・3塁特別自由席エリア
販売場所:チケットぴあ、セブン-イレブン、サークルK・サンクス

指定券(ペア席) → 中央特別自由席エリア
販売場所:チケットぴあ、セブン-イレブン、サークルK・サンクス

指定券(アルプスデッキ席) → 1・3塁アルプス席エリア
販売場所:ローソンチケット、ローソン・ミニストップ店頭Loppi

この3つが指定できる席です。

前売りが原則ですが、空席がある場合は当日販売もされます。
販売場所が微妙に違ってますのでご注意を!



ペア席は10席しかない貴重な席!

ペア席は、テレビ付きで、
しかも、カウンターテーブルで飲食しながら観戦できるという、
とても贅沢な席です。

ただし、10席限定!
「大切な人とゆっくりと観戦したい」そんな人は早めにペア席を確保しましょう。

せっかくの甲子園観戦です。
座席の有無を心配することなく、余裕をもって準備したいもの。

是非3つの指定席エリアで観戦し、甲子園の熱い夏を体感しましょう!
 

 

甲子園出場校の裏事情

勝てなければ次の試合に進めない高校野球の甲子園大会は、
観ている私達に独特の緊張感と感動を与えてくれます。
全力でプレーする球児はもちろん、それを支える応援団やブラスバンドなど
生徒が一丸となって挑む、学校全体の戦いとも言えます。

そして、甲子園大会では、グランドで熱闘を繰り広げるよりひと足早く、
大人たちの戦いが幕を開けています。

あなたはご存知だったでしょうか。
甲子園出場には莫大な費用がかかることを。

1日あたり少なくとも1000万円、学校によっては2000万円近くになることも…
決勝まで進めば最短でも6日間ですので、ざっと7000万円かかります。

こうした費用は、生徒の父兄、OB、後援会などの寄付・お祝い金により
賄われているそうです。

しかし、学校により寄付集め実情は様々で、
1億円を超える額が集まるところもあれば、苦慮する学校もあり、
学校関係者だけでは足りない場合、広く寄付を呼び掛け、
やっとの思いで工面する学校もあるそうです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

予約開始!【最大割引9/30迄】

2020年おせち料理予約
U-NEXT

自分から「やってみたくなる!」

通販人気福袋2019
ページ上部へ戻る