東京モーターショー2019はいつから?日程やチケット情報

東京モーターショー2019 日程とチケット情報

車好きが待ち焦がれた「東京モーターショー」が間もなく開催されます。
前回は77万人以上の来場者を誇った大イベントです。

最先端のかっこいい自動車が数多く展示されているのを、
ニュース番組などでご覧になった方も多いと思います。

近年は若者の増加が顕著で15歳~39歳の来場者が50%以上を占めます。
そして、4人に1人が女性来場者と言うのも特徴ですね。

東京モーターショーで展示される自動車は次世代のコンセプトカーで
次回のフルモデルチャンジに生かされるモデルも多いので筆者も興味津々です。

東京モーターショー2019はいつから?日程やチケット情報

余談になりますが、私がメーカー務めしていた時は
4年に1度のフルモデルチェンジ、2年に1度のマイナーチェンジと決まっていました。

また、東京モーターショーで紹介されるコンセプトカーから
新たにラインアップされる車もありメーカー側もこの一大イベント反応を
指針として捉えているところもあります。

何れにしても2年に1度のモーターショーですから、
「2019年こそは、東京モーターショーを生で体感したい!」
お考えの方も少なくないのではないでしょうか。

今回は「東京モーターショー2019」について、
その日程やチケットの販売情報をご紹介してまいります。

それと、個人的には2019年の開催には気になっている点がありまして、
そちらについても触れていきたいと思います。



 

東京モーターショー2019 日程とチケット

そもそも「東京モーターショー」 は…

ご存じとは思いますが、まず一番根本的なこととしまして、
東京モーターショーって2年に1回の開催になります。

私、てっきり毎年やっているものとばかり思っていました。
現在、2年に1回だったなんて、ちょっと意外だったのです^^;

1954年に「全日本自動車ショー」としてスタートされた今の東京モーターショー
実は以前には、ずっと毎年開催されていたんです。
それが、2005年の第39回以降は、2年に1回になりました。

なので、2019年の次は、2020年ではなく、2021年です!
奇数年と覚えておくと良いかも知れません。

では、「東京モーターショー2019」についてお話します。

2005年の第39回以降は2年に1回になりました。

 

東京モーターショー2019日程

2019年の開催日程は既にプレスリリースにて7月に発表されています。
今年は10月24日(木)~11月4日(月・祝日)の12日間の開催となります。

東京モーターショーの開催日程は固定的なものではなく
大体10月下旬から11月上旬の開催ではあるのですが、
過去には12月に開催されたこともあり正式な日程が発表されるまで
スケジュールが取りにくいのが難点ですね^^;

開催場所はお馴染みの東京ビッグサイト(青海エリア~OPEN ROAD~有明エリア )

青海エリア~OPEN ROAD~有明エリア
出典:公式サイト

2019年は関連イベントとして以下が予定されています。

「FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ 2019 ワールドツアー5」
都道府県対抗U18全日本選手権(日本全国からU18のトップが集結!)
TMS2019出展社メーカー対抗戦
ワンメイクレース(GR Supra GT CUP 決勝大会など)



 

2019年の東京モーターショーに暗雲?

東京モーターショーにされる展示車は乗用車、商用車、車体部門に分かれます。
また、カロッツェリア部門としてカーナビやドライブレコーダーといった
関連アイテムの最新商品も紹介されます。

個人的な興味としては、やはり乗用車部門です。
ですが、2019年は前回と比べ随分と様子が違うかも知れません。

前回の乗用車部門では、国内からトヨタ、ホンダ、日産、三菱、マツダ
スズキ、スバル、ダイハツ、レクサスなど略全てのメーカーが出展。
海外メーカーでは、メルセデス、BMW、ポルシェ、ボルボ、アウディなど
日本でもお馴染みのメーカーが参加していました。
参照資料:THE 45th TOKYO MOTOR SHOW 2017 LIST OF EXHIBITORS

東京モーターショー2020参加リスト

ですが、2019年の乗用車部門では…海外勢の有名どころは、
メルセデスとルノーだけしかリストアップされていません。

参照資料:THE 46th TOKYO MOTOR SHOW 2019 LIST OF EXHIBITORS

7月30日公開のリストなので、恐らく今後更新されると思うのですが、
3か月前の段階でこの状況は気になるところではあります。

 

 

東京モーターショー2019チケットの種類

東京モーターショーチケットは以下の8種類です。
プレビューデー入場券:3,800円
前売入場券:1,800円
前売団体入場券 (20名以上):1,800円
2DAYパス:3,500円
通期パス:6,000円
当日入場券:2,000円
当日団体入場券 (20名以上):1,800円
アフター4入場券:1,000円

10月25日~11月4日の12日間
出典:Autoblog 日本版

アフター4入場券は2015年開催から新設されたチケットで、
日曜日以外の16時以降の入場限定の、価格もお手頃なチケットです。

プレビューデー入場券は一般公開(10月25日(金)14:00~)に入場できる
25,000枚限定のチケットで一般客より一足早く(10月25日(金)9:00~14:00)、
モーターショーを楽しめる特別なチケットになります。

なお、チケットの種類とは違いますが、2015年からは障がい者手帳所持者と
その付き添いの方1名までが入場無料となりました。
このようなやさしさのある変化も嬉しいですね^^




 

東京モーターショー2019チケットの販売期間

チケット販売には、オンラインによる先行販売と通常販売があります。

オンライン先行販売は既に開始されています。
etix、セブンチケット、EVENTIFY(ファミマ)、ローチケ、チケットぴあ等で
購入ができます。

東京モーターショー2019チケットの入手方法

通常販売は9月19日(木)以降より開始予定です。
取り扱いは以下をご参考ください。

通常販売は9月19日(木)以降

 

 

第46回東京モーターショー2019 更新情報

プレスリリースより最新情報がはいりましたら更新します。

東京ビッグサイト 東京都江東区有明 3-11-1
公式サイト

開催場所マップ

 

 

まとめ:進化し続ける東京モーターショー

東京モーターショーは、開催のたびに最先端の自動車の魅力を私たちに見せてくれます。

しかしそれだけではなく、より多くの人が気軽に最先端の自動車の魅力に触れられるよう、
細かな部分にも配慮がなされているのです。

例えばチケットについても、開催のたびに内容が充実し、
入手へのハードルも低くなってきているのがわかります。

きっとこれからも、私たちにとって身近なイベントとしての進化を続けていくでしょう。
「東京モーターショー2019」にも期待を込めて、今から楽しみに待ちましょう。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

この冬注目の商品
ページ上部へ戻る