仙台七夕まつり2018の見どころと前夜祭情報をお届け♪

仙台七夕まつり2018の見どころと前夜祭情報をお届け♪

仙台七夕まつり2018 見どころと前夜祭

仙台の七夕まつりって有名なお祭りですよね。

普通七夕というと「7月7日」ですが、
地域によっては8月とされているところがあるんですよ。

仙台七夕まつりも7月ではなく8月に開催されます。

仙台七夕まつり見どころと前夜祭

 

梅雨の期間に開催される7月の七夕祭りは、
雨が心配されますが、仙台七夕まつりは8月ですから、
荒天で予定が・・・という可能性も少ないですね^^

開催日程は、毎年8月7を中日とした3日間ですから、
2018年も変更無く、8月6日~8月8日に開催されます。

2018年8月6日(月)

2018年8月7日(火)

2018年8月8日(水)

 

また、七夕と言うと笹に願い事を書いた短冊をくくりつけ
願い事をするというのが定番ですが、
仙台七夕まつりはちょっと違うんですよ。

 

今日は、そんな仙台七夕まつりの見所や
前夜祭について書いていきたいと思います!

 

 

仙台七夕祭りの由来と歴史

東北三大祭りの1つに数えられる有名なお祭りです。
今では毎年200万人以上の人が訪れる盛大な催しとして有名です。

その由来は、
江戸時代の初期に仙台藩祖の伊達政宗が婦女に対する
文化向上の目的で七夕を奨励したのがはじまりになっています。

七夕といえば7月7日と思っている方が多いと思いますが、
古来日本では七夕はお盆行事の一環として考えられていました。

なので、8月の旧盆をお盆とする地域では、
8月に七夕をすることも珍しいことではないのです。

現在、全国的には旧盆の8月にお盆を迎えることが多いですから、
本来の意味を尊重するなら、
七夕は8月と考える方が正しいのかも知れませんね。。

 

仙台七夕まつりがここまで盛大になった背景には、
東北産業博覧会の「飾りつけコンクール」という催しがあります。

更に高度経済成長以降は、「東北三大祭り」の1つに数えられた事で
日本各地から団体旅行客が集まる祭りへと変化し、
現在の華麗な飾りつけに発達したそうです。

1970年からは「動く七夕パレード」(「星の宵まつり」)と
「仙台七夕花火祭」が始まって夜のイベントも加わり、

1983年からは「夕涼みコンサート」が始まって、
無料の屋外音楽イベントなども開催されるようになりました。

 

 

仙台七夕まつりの見どころとは!?

仙台七夕まつりは、街中賑やかなのですが、
JR仙台駅前と中心部。そしてその付近の商店街がおすすめです♪

見どころとしては、

「星の宵まつり」という定禅寺通りで3日間行われるパレード!
午後5時~7時半まで行われます。

円形公園で昼から夜まで開催される夕涼みコンサート!
無料で観覧出来る野外コンサートで、公開録音やミニライブなどがあります。

また、お祭り期間中の3日間行われるイルミネーションイベント華やかです♪

 

仙台七夕まつりは、
仙台駅からすぐ近くの中心街で開催されているので
交通の便もいいのが特徴ですね。
お子様連れのご家族でも安心して楽しむ事ができます。

もう1ついい点は、お祭りが1日だけじゃないって所です^^
3日間開催されるので、混雑が分散されますし、
遠方から出かける場合は宿泊プランで連日楽しめます。

仙台の七夕飾りについて

仙台の七夕では7種類の七夕飾りが飾られます!
そしてその7種類にはそれぞれ意味があるんですよ。

知っていましたか!?

ネイビー○短冊・・学問や書の上達を願う
○紙衣・・病や災いの身代わり、または裁縫の上達を願う
○折り鶴・・長寿を願う
○巾着・・富貴と貯蓄、商売繁盛を願う
○投網・・豊漁を願う
○くずかご・・飾り付けを作るときに出た裁ち屑・紙屑を入れる。
清潔と倹約を願う。
○吹き流し・・織姫の織り糸を象徴する

 

その他に特徴的な飾り付けとして「からくり七夕」というのがあります。
これは数体の糸操り人形が乗った小型の舞台で
一定の動きが自動で繰り返されます。

 

 

仙台七夕まつり前夜祭の詳細

仙台七夕まつりの前夜祭も忘れてはいけませんね!
仙台七夕花火大会が前夜祭になります。

日時:2018年8月5日(日)
時間:19時~20時30分
打上数:1万6千発
人出:約50万人
駐車場:なし
トイレ数:10数箇所
有料席:あり(詳細は要問合せ)
雨天:8月9日に延期
アクセス:地下鉄広瀬通駅から徒歩15分

市内を流れる広瀬川の河畔から打上げられる花火を
360度全方位から観賞出来ます!

 

前夜祭の花火大会ファイナル部動画↓
かなりの爆音が轟きますので音量にご注意ください^^;
ヘッドホンをお使いの方は耳がキーンするかもです。

 

 

仙台七夕まつりのまとめ

仙台七夕まつりは東北三大まつりの一つにも選ばれている
有名&大きいお祭りです。

前夜祭も8月5日にあり花火大会が開催されます!
前夜祭だけ行くもよし、七夕まつりを見に行くもよし^^

普通7月7日が七夕と言われていますが、
仙台の七夕は8月7日が中日とされ、
七夕まつりは8月6日~8月8日に開催されます。

七夕飾りにも違いがあり、私は関西の人間ですが、
短冊に願い事を書いて笹にくくり願い事をするのが風習?ですが
仙台の七夕飾りは7種類の飾りを飾ります。

それぞれ意味もあるのも初めて知りました!

とにかく仙台の七夕まつりは盛大なので
仙台駅を降りるともう華やかな町並みが広がっています。

1日だけじゃなく3日間開催されているので
地元だけの人だけじゃなく遠方から見に来る人も多いんだって!

3日間あるので遠方の方も行きやすいですよね^^
七夕飾り、ぜひ見てみたいですよね~ヽ(*´∀`)ノ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

U-NEXT

クラスメート5人抜きグングン↑↑

グングン伸びる!
ページ上部へ戻る