13日の金曜日が不吉不運とされる由来 2020年はいつ?何回?

2020年の13日の金曜日はいつ?不吉とされる由来

あなたは13日の金曜日を気にされるほうですか?

私は結構気になります。
できれば、その事実を知らないで、13日を過ごしたいと思っています。
分かってしまうとちょっと…( ̄口 ̄*)

そもそも13日の金曜日が不吉、縁起の悪い日とされる訳なのですが、、

これは聖書によるもので
イエス・キリストが13人目の弟子である「ユダ」の裏切りにより処刑されたため
そして、処刑に日が金曜日であったことからです。
キリストの処刑が13日の金曜日だからと言われることがありますが、
福音書ではユダヤの暦でニサンの月の14日の金曜日とされています。

13日の金曜日と不吉とされる由来

ですので、
キリストを神と崇めていない仏教徒には、本来関係のない迷信とも言えます。

実際、日本で13日の金曜日が不吉な日として思われるようになったのは、
寧ろ、13日の金曜日(Friday the 13th)、エクソシスト、オーメン、ポルターガイスト等
ホラー映画の影響が強かったと考えています。

だから、TVの規制の厳しくなった国内の子供の間では、
13日の金曜日が不吉だと思っている子は、ほとんど居ないんじゃないかな?

ご参考までに、今後13日が金曜日となる年月を調べてみました(゚∇゚|||)
さて、今年2020年の13日の金曜日は何月になるのかな。



 

2020年は13日の金曜日はいつ?周期は?

ズバリ、3月と11月の13日が金曜日になってしまいます。
ハロウィンのイメージからなのか、秋の「13日の金曜日」ちょっと嫌ですね。

3月と11月の13日が金曜日になってしまいます。

13日が金曜日になる確率は…言うまでもなく1/7です。
(グレゴリオ暦の構成が…という話はなしで)

1年は12か月なので、
12/7で年間大体2回ぐらいが13日の金曜日となる訳ですが、
実際には年間1~3回までその年によって変わってきます。

ちなみに来年以降10年間の「13日の金曜日」は、

2021年 8月
2022年 5月
2023年 1月 10月
2024年 9月 12月
2025年 6月
2026年 2月 3月 11月
2027年 8月
2028年 10月
2029年 4月 7月
2030年 9月 12月

2026年は3回あって、当たり年、いや外れ年なのか?



 

日本の列記とした凶日!

日本には昔から凶日とされる六曜の「仏滅」があります。
仏滅には、お祝い事などを避ける方も少なくないと思いますが、筆者はそこまで気にしていません。
と言いますか、仏滅は2020年に61回もありますから気にしてられないのが正直なところ。

また、六曜入りのカレンダーがなければ、仏滅と気づくことも少ないですよね。

生憎、我が家のカレンダーは六曜入りなので気づいてしまうのですが、
先程のお話したとおり、仏滅だけなら殆ど気にしていません。

日本の列記とした凶日

ですが、仏滅が数字的にも良くないイメージのある「4」と「9」 が重なると
割と気になったりします。

2020年にはそんな仏滅が5回あります。
2月9日、3月9日、6月4日、9月9日、12月9日

日数的に13日の金曜日の1/3ですし、ご年配の方の中には13日の金曜日より
こちらの日が気になる方が多いかも知れませんね。

 

ここまで、不吉・アンラッキーなイメージのある日を取り上げてきましたが、
日本の暦には「最上の吉日」とされる日もあるのをご存知でしょうか。

そのスペシャルラッキーデーは「天赦日(てんしゃにち)」と呼ばれる日です。

2020年の天赦日は…

1月22日(水)、2月5日(木)、4月5日(日)、6月20日(土)
9月2日(水)、11月1日(日)、11月17日(火)

2020年の天赦日

ご覧のとおり、13日の金曜日や仏滅と比べて「希少な日」になります。

 

 

13日の金曜日2020まとめ

毎年、必ずやってくる13日の金曜日ですが、基本的には気にしない事ですね。
実際、13日の金曜日に悪いことが起こった経験も数十年間ありません!

多くの場合、「13日の金曜日」は話題の作りの為、取り上げられたことが多く、
「不吉なことが起こりやすい日だから気お付けましょう。」というものでもない!

2020年はこの後、11月に13日の金曜日を迎えますが、
縁起的なことより、せっかくの「Friday the 13th」だから、
ちなんだイベントでもしようか…など、記念日に変えてしまいましょう。

最後に余談ですが…

ゴルゴ13の由来も、イエスが十字架に架けられ処刑されたゴルゴダの丘と
13日という日が懸けられているようですね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る