簡単!すぐできる!なのにオモシロイ!中学生夏休みの自由研究

夏休みの中学生自由研究 簡単

長い長~い夏休み!
あれもやってこれもやって、思いっきり楽しみたい!

だけど宿題がたくさん・・・。自由研究はなにをしよう・・・、
なんて心配もありますよね^^;

しかも自由研究ってなにをするか悩んでしまう^^;
簡単すぎると「研究」っぽくないし、難しいことも大変そう…。

やって楽しい自由研究の実験

 

だけど大丈夫!

今日ご紹介するのは「とっても簡単♪」なのに「おもしろい!すごい!」
なんてびっくりしちゃうような自由研究についてです。

学校に持っていくと先生も友達も
「なにそれ!」と興味を持ってくれるかも・・・!な自由研究です(^ー^)v

こんな自由研究をすれば、夏休みをエンジョイできるよ!

 

 

中学生の自由研究 カンタンだけどイケてる物理の実験

もむとかたまる!ほっとくと液体になる!
じゃがいもから不思議な物質を取り出す!

おもしろさ★★★★★
用意するもの:じゃがいもだけ!

実験手順1
※家庭科の自由研究じゃないよ~

ちょうど夏休みが始まる7月頃は新じゃがが旬の時期です。
そこで作って不思議、食べて美味しい自由研究をしてみましょう!
お母さんも大賛成なはずです、ぜひ一緒に作ってみましょう。

Youtubeから作り方を見ることができます。
説明が英語なのですが、作り方はとっても簡単!

何回か動画を見てみて、楽しくトライできると思います!
https://youtu.be/_0J4dRqg7CE

 

<実験方法>

①沢山のじゃがいもをよく洗い、皮ごと、細かく切ります。

実験手順2

 

②大きい鍋にじゃがいもを入れ、お湯を注いで【水が赤くなるまで】数分間よく混ぜます。

③大きなボールを用意して、ざるでジャガイモ汁をこします。
10分くらい放置すると、溶けたでんぷんと水が分かれてきます。

実験手順3

 

④赤茶色のお水を捨てて、白いかたまりだけ残します。
そこにきれいなお水をすこし入れてかきまぜます。

実験手順4

 

⑤白色の液体をあきびんの中に入れて降ります。
そしてまた10分くらい待ちます。

実験手順5

 

⑥びんの中の水と泥を、すばやくとったら完成!

実験手順6

ぽよっと液体みたい、だけど触ると粘土みたいに固まる!?

学校に持っていってみんなに見せたら「なにこれ!」「すごい!」と
大うけすること間違いなしです!!

とっても簡単、だけどじつはこれ、ちゃんとした実験なんです。

この白い不思議な物質は
「ダイラタント流体」というむずしい呼び名がついているものです。

圧縮力(ものを押しつぶす力)が働くと、
粉粒体(こな、つぶの集まったもの)が固体のような抵抗を示し、
放置すると液体のように変化するという現象です。

物理学者のオズボーン・レイノルズという人が発見したもので、
「膨張の原理」といわれています。

ダイラタント流体

 

※動画ではこのあと、どろどろをブラックライトの中で光らせる実験もやっています。

海外で売られているトニック・ウォーターに含まれている
「キニーネ」という物質がブラックライトに反応して光るので、
もっと不思議などろどろが作れるのです!

日本では「キニーネ」の入ったトニック・ウォーターは売られていないので、
どうしてもやりたい人は「苦味料」の「キナ抽出物(キニーネ、キニジン、シンコニン)」
を探して加えてみましょう。

そしてこの日の晩ごはんはコロッケに決まりだね!

 

 

 

ほうっておくだけ!かんたんもやし栽培

簡単な作業で成長過程を観察できる研究です。
しかもできたもやしは食べられます!

おもしろさ★★★★☆
用意するもの
・種子(緑豆、黒豆、大豆など)
・ガラス瓶(ジャムなど広口の空き瓶)
・暗い場所

夏場は温度調節が比較的ラクにできます。
毎日の生育過程が分かりやすくて、記録を付けるのも簡単です。

「もやし 栽培」で検索すれば、色々な方法を見つけられますよ!
細かい注意点も書かれているので、ぜひ調べてみてください。

<実験例>

①容器に豆を適量入れて、水洗いする。
②豆を一晩に水に浸しておく。
③水を入れ替えて、真っ暗になる場所に置いておく。
④その後一日に1,2回ほど豆を洗って水を入れ替える。
⑤環境によって異なるが、水に浸けて2,3日後から発芽し始める。
⑥あとは毎日水替えと観察をするだけ。

毎日写真に撮って、ニョキニョキ芽が出てくるのを記録すれば、
いかにも実験らしくていいですね。

無消毒の種子なら食べることもできるので、
自家製もやしの味の感想も書くと、みんな興味そそられますよ。

黒豆や大豆など種類ごとに幾つか育ててみるのもいいですね。
ぜひお試しを!
 

 

 

野外でもできちゃうアイスクリーム作り!

夏休みといったら、バーベキュー、アウトドア、キャンプ…
いろんなところへお出かけする機械がありますね。
そこで、今回は冷蔵庫なし、楽しみながら作れる「アイスクリーム作り」です。
自由研究がさくっと済ませられるうえに、こちらもおいしく食べられる結果つきです(笑)

おもしろさ★★★★☆
用意するもの
・牛乳    200ml
・生クリーム    100ml
・卵の黄身    1つぶん
・砂糖        おおさじ3杯
・塩        250g
・氷        2kg

写真付きでとっても分かりやすく、トライされているブログがこちらです。
エンジョイ!マガジン

 

また野外でなくても、家で簡単にできる方法もあります。

おもしろさ★★★☆☆
用意するもの
・氷        1kg
・塩        350g
・凍らせたいもの    ジュース、果実入りヨーグルトなど
・チャック付きポリ袋    (小中2種類)
・わりばし、竹串
・輪ゴム
・温度計(研究結果や実験中の写真をとるのにもあると役立ちます)

こちら日経新聞さんの紹介する記事内容なので、
日本経済新聞

「このサイトの記事を読んで勉強もしました。」という風にまとめられると
研究内容としてはすこし質の高いものになるのでは、と思います^^;

ほかにもこんなサイトからアイディアを探すことも出来ます。
ぴん!とくるものを探してみてね!
Benesse
学研キッズネット

 

 

 

研究のまとめ方

おしまいに、自由研究のまとめ方について紹介します。

1.表紙(名前、実験内容がわかる写真)

2.テーマを選んだ理由を2つ以上。
例:学校の授業で習ってから興味があった。
新じゃがの季節だったのでぴったりだと思った、など

3.研究の目的、明らかにしたいこと
例:本当にじゃがいもから不思議な物質がでてくるのか。
例1:塩と氷だけでアイスは作れるのか
例2:水と温度だけでもやしができるのか

4.研究の方法
ポイント:研究しているところを写真にとってもらう。図や表を自分で書く。

5.研究結果をまとめる
例:できあがったものを写真に撮る。
アイス作りでは温度が下がっていく過程をグラフにする。

6.感想や反省点、気づいたことやむずかしかったことを書く
例1:じゃがいもを沢山切ったり、こす作業が大変だった。
例2:スーパーで売っているもやしよりおいしかった、など

7.参考図書、役に立った本やサイト

 

ポイント:研究をして気づいたことや、知りたいなと思ったことについて
図書館の人に聞いてみよう。いろんな本を紹介してくれるし、
まとめの中に書いていると、先生からの評価も高くなるよ!

ほかにも写真canonやベネッセのサイトからも、まとめ方を調べられるのでぜひ見てみてね!
Canon
Benesse

 

 

 

最後に・・・

もっといろんな研究をやってみたい人は、
学研出版から出ている本を見てみよう!

自由研究ガイドブック

本のページへ

図書館に行けば借りられるところもあるし、
夏休み特集として本屋さんにもあると思うので、
他にもどんな研究があるかぜひ探してみてね。

この夏はいろんなことにどんどんトライしてみよう!
自由研究も夏休みも、ぜひぜひたっぷり楽しみましょー!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

U-NEXT

クラスメート5人抜きグングン↑↑

グングン伸びる!
ページ上部へ戻る