みなと神戸花火大会2018日程と穴場スポット&屋台情報!

みなと神戸花火大会2018 日程/穴場/屋台情報

~夏の神戸の風物詩を快適に楽しむ~

日本有数の観光地として知られている町、神戸。
そんな神戸で毎年夏に開かれる花火大会が「みなと神戸海上花火大会」!

神戸ならではの風景の中で打ち上げられる花火は圧巻!
100万ドルの夜景と称される神戸の街で、迫力満点の花火を見たいですね。

しかし、大きな花火大会ということで、人出も大盛況。
会場であるメリケンパーク周辺はかなり混雑しています^^;

30万人がでかける花火大会ですから、これは仕方がないことかな~と。
どうしても人混みがいや!という方は穴場スポットで鑑賞しましょう。

でも、それは誰もが思うこと。。
なので穴場スポットも早目の段取りが必要です!

みなと神戸花火大会2018 穴場スポット&屋台

それにまず開催日程をちゃんと確認しておく必要があります。
ですが、現状まだ正式な日程は発表されていません。

しかし、過去の開催日程をみますと…

<過去の開催日>
2012年8月5日(土)
2013年8月3日(土)
2014年8月2日(土)
2015年8月8日(土)
2016年8月6日(土)
2017年8月5日(土)

略8月の第1土曜日に開催されているのが分かります。
という事は、2018年は8月4日の開催となるでしょう。

正式に日程の発表がありました。
予想どおり2018年の開催は、8月4日(土)です!

今年は兵庫県政150周年を記念した内容で、
なんと15,000発の打ち上げなどが予定されています!

今から楽しみですね~♪
では会場と穴場スポットを確認しておきましょう!

 

 

みなと神戸海上花火大会の穴場スポット

みなと神戸海上花火大会が行われるのはコチラ↓

 

神戸の港の中でも一番美しい、景色のよい場所で行われます。
打ち上げられる花火の数は2018年は1万5000発以上!
例年以上にたくさん人が集まるでしょうね^^;

メリケンパークや第一突堤は、
真正面に花火が上がるとあって早くから人でいっぱい!

このあたりで鑑賞したいという方は、とにかく早めに!

昼過ぎには場所取りするために到着しておかないと、
座ってみることは不可能です
(-_-;)

16時すぎると、
座る場所を求めてうろうろしている人とぶつかりそうになります(汗)

ただし主催者からのお願いで、
当日の14時までは場所取りが一切禁止されています。

マナーを守って楽しみたいですね^^

では、人混みを避けて鑑賞したいという方のために、
穴場スポットをご紹介しましょう♪

 

 

神戸港 第二突堤

打ち上げ場所に近い会場ですが、第三突堤は割と人が少なめ。
理由は、屋台がないから(笑)

せっかくの花火大会だし屋台で買って食べながら・・・という人が多いですからね。
ここで鑑賞するなら、事前に食べ物や飲み物を買っておくのがおススメです。

ちなみにこちらは入場規制があり、
18時から入場できて、人がいっぱいになると入場できなくなります。
でも、早めに行けなかったときは第四突堤にも無料スペースがあるので、
臨機応変に楽しむことができますよ♪

 

 

ポートアイランド北公園

大迫力で花火を楽しめる穴場スポット!
それほど大きくない公園なので場所取りは早めにしないといけないですが、
何よりも、ここはトイレがキレイで使いやすいのがGood!
女性にとってはありがたい穴場スポットなんです。

そして整備されている公園なので居心地がバツグンなんです。
早めに行って芝生のあるところに座って鑑賞できれば快適でしょうね♪

 

 

しおさい公園(ポートアイランド西公園)

打ち上げ場所から多少離れているのに、
迫力の花火が楽しめるというありがたい穴場スポット。
周辺には屋台があって、お祭り気分も十分満喫できる場所です。

北公園よりもずっと広いので、
時間ぎりぎりに行っても鑑賞する場所に困ることはないと思われます。

そして、無料のシャトルバスが運行しているのもいいところ!
市役所前⇒しおさい公園は14時半~19時半
しおさい公園⇒市役所前は20時~22時頃

 

 

兵庫ふ頭

打ち上げ場所から少し離れてしまいますが、
見晴らしがよく、綺麗な花火を鑑賞できるスポットです。
そして人が少なくて広々しています。

屋台の数も少ないので、食べ物を持参するのがいいかもしれません。
敷物を用意してのんびりしたいですね。

そしてこちらも無料のシャトルバスが運行しています。
最寄りの中央市場前駅から観覧席近くまで乗せてくれます。
往路は14時~19時半
帰路は20時~21時半頃

穴場スポットを知っておけば、快適な花火大会を満喫できますよ♪

 

 

屋台は出るの?

花火大会のもう一つの楽しみと言えば、やっぱり屋台ですよね!
最近は屋台も凝ったものがたくさん出ていて、見て歩くだけでも楽しくなりそうです♪

特に神戸は名物の食べ物がいっぱいあるので、屋台も期待できますね。
明石焼きはもちろん、ほかにも色々あるそうですよ!

最近はこんな神戸牛の屋台まで登場するらしい?

みなと神戸花火大会2017屋台情報1
出典:プレリリース・ゼロ

 

さらに、話題のホルモンうどんも!

みなと神戸花火大会2017屋台情報2
出典:お好み焼三枝(みえ)

気になる屋台がたくさんあって迷ってしまいますね~!
家族や友達と行って、色んな名物を分け合って食べるのもいいですね♪

屋台が最も多いのは、メイン観賞場所であるメリケンパークですが、
ギリギリの時間に行くと人でごった返しています。
屋台を楽しむ余裕などなくなりますので^^;、早めに行って買ってしまいましょう。

当日の混雑の様子↓

みなと神戸花火大会の混雑状況
出典:第42回みなとこうべ海上花火大会

 

屋台はしおさい公園や北公園にも出店するので、
のんびり屋台を楽しみたい方にはそちらもいいですよ。

もしくは、終了前の安くなった屋台の食品を狙うのもありかも。。

1,000円以上するお肉が300円ぐらいになってたりして、すごくお得♪
鑑賞場所を探すので精一杯で屋台を楽しめなかった(泣)、
という方は帰りに寄ってみると意外な掘り出し物があるかも!

 

花火を鑑賞して、屋台で美味しいものを食べて、もう最高ですね!
穴場スポットでのんびり楽しめるといいですね♪
ぜひ今年も夏の風物詩を満喫してくださいね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

U-NEXT

クラスメート5人抜きグングン↑↑

グングン伸びる!
ページ上部へ戻る