七夕に食べる食べ物ってなに?その由来と歴史を探ってみた!

スポンサーリンク

あの食べ物は七夕に食べる習慣があった!七夕の意外な行事食の由来とは…

7月7日は七夕ですね。
織姫と彦星が年に1回だけ会える日・・・というロマンチックな
物語が語り継がれてます。

 

日本では五節句の一つで、3月3日のひな祭りや
5月5日の端午の節句とともに、重要な行事の一つです。

全国各地では盛大な七夕まつりが行われます。

 

七夕に食べものの由来

 

また、小さなお子さんのいらっしゃるお宅では、
七夕には、笹の葉に願いを書いて飾ったりしていますよね!

いまでもあの飾りを見ると「たなばたが来たな~!」と感じます。

 

ただ、不思議に思うのは、これだけ定着している年中行事なのに、
七夕には「これを食べよう!」という、いわゆる行事食がないことです。

3月3日はひなあられ、5月5日は柏餅・・・などなど、
だいたいお節句には行事食がつきものなんですけどね。

七夕って聞いたことがない気がします。

 

七夕の歴史と食べ物の関係

 

そこで、調べてみました!

七夕に食べる習慣のある行事食はあるのか?
あるとしたら、その由来は??

 

調べてみると、以外でしたね^^;

割と身近なアレが、七夕の行事食だったんです

 


スポンサーリンク

 

実は七夕に食べる習慣のあったアレ

七夕に食べる習慣のあるもの・・・それは「そうめん」なのです。

七夕の行事食はそうめん

 

これは意外!、と思った人が多いんじゃないでしょうか?

でも、すごく起源は古くて、平安時代にはすでにそうめんの原型を
七夕に食べていた、という記録が残っています。

 

そうめんの原形は「索餅(さくへい)」と呼ばれるもの。

これは中国から伝来した食べ物で、和名では「むぎなわ」といいます。
小麦粉と米粉を練って、縄の形にしたお菓子でした。

この「索餅(さくへい)」をお供え物にした、
という記述があるのが平安時代です。

醍醐天皇の時代、宮中の儀式などを記した「延喜式」の中に
その記述が残されています。

 

そこで、
「日本古来から伝わる七夕の行事には、そうめんを食べよう!」
という活動が広がり、7月7日を「七夕・そうめんの日」にして
行事食になった・・・というわけですね。

 

七夕にそうめんを食べるのは主に東北

 

しかし、この「そうめんを食べる」という習慣は全国的に
広まっているわけではなく、一部の地域だけ、という人もいます。

確かに、私が住んでいる地方(中国地方)では
それほど聞いたことがないような・・・?

主に習慣としてそうめんを食べるのは仙台など、東北地方です。

 

なぜ全国的でないのかは定かでないですが、
おそらくは、そうめんが非常に身近でよく食べる夏の食べ物!

↑これが原因じゃないかと思います。

 

ひなあられや柏餅は、その時期にだけ多く出回ってます。

けど、そうめんは夏になるとどこにでもありますし、
家庭ですごくよく食べられるものですからね。

行事食としては正直、特別感がないかも・・・^^;

 

 

でも、その昔はそうめんの原型を食べていたことに間違いはなさそうです。

最近は色とりどりのそうめんが入ったものもありますから、
子供たちと一緒にそうめんで初夏の雰囲気をたっぷり味わう・・・

なんていかがでしょうか?

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「デキる女」夏の美容対策もひと味ちがう!

夏の紫外線対策

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る