2018年の紅葉シーズン 関東と関西の見頃時期は?

2018年の紅葉 関東・関西の時期について

日本は四季折々、本当に美しい国ですよね^^
皆さんは、どの季節が一番好きですか?

私は花々が咲き始める春が好きですが、
生まれた日に雪が降っていたので冬も好きです。
でも、夏の入道雲と海も、秋の紅葉と月夜も大好きなので、
結局どの季節も好きってことなんですが…^^

熱帯夜から解放され、朝晩が涼しくなって虫の音が聞こえ始めると、
紅葉の季節ですね。
 

2018年の紅葉の見頃の時期?

秋を題材にした、恋人同士の儚い恋を描いた映画があるんですけど、
その中に何度となく燃えるような紅葉が出てくる、
あのシーンが忘れられなくて、

紅葉の季節になると
同じようにコートを羽織って紅葉の下を歩いてみたくなります。
美しい紅葉を見に行って、哀愁に浸るのもいいですよね。

でも年々暖冬傾向になりつつあって、紅葉の時期が微妙に遅くなっているので、
見頃の時期を見極めるのが結構難しいんですよね。

2018年は何月頃が見頃の時期になるのでしょうか?
関東・関西の紅葉の時期を調べてみようと思います^^

 

 

2018年関東の紅葉見頃時期

関東で本格的に見頃を迎えるのは10月下旬~

例年通りであれば、
群馬県の尾瀬(草紅葉)は少し早めの9月下旬~10月上旬
栃木県の日光や那須高原などは10月上旬~中旬、
といったところでしょうか。

茨城県や埼玉県になると少し遅めで10月下旬~11月上旬が見頃の予想です。
東京都の奥多摩湖では11月中旬頃ではないかと思います。
神奈川県の箱根辺りは、もっと遅くて11月上旬からになりそうです。

更に遅いと、11月中旬以降は千葉県の成田山公園や、
東京都の高尾山は11月下旬~12月初めまで見頃のこともあるようです。
神奈川県鎌倉に至っては12月中旬辺りまで見ることが出来る名所も
あるようです。

その頃になると、クリスマスの時期に被ってしまいそうですよね。

地域別にまとめてみると、
茨城・栃木・群馬の北関東では、早い所で9月下旬~、
遅い所で~11月中旬までが見頃になるようです。

東京・埼玉・千葉は、多くの場所が11月上旬~12月上旬が見頃。

神奈川は全体的に見頃が遅めで、12月下旬まで見頃が続く所もあります。

標高が高い地域はその周辺地域よりも見頃が早くなるので、
遠出して名所をドライブするなら早めの計画が良さそうです!

 

 

 

2018年関西の紅葉見頃時期

関西は有名な紅葉の名所が数多くありますが、
関東よりも大体1ヶ月弱遅く始まるスポットがほとんどです。

兵庫県や奈良県では10月中旬頃から見頃になってくるスポットもありそうですが、
本格的に見頃を迎えるのは、ほとんどの場所で10月下旬~12月上旬です。
吉野山では10月下旬~11月下旬まで、
和歌山県の高野龍神スカイラインでも10月下旬~11月初旬が
見頃の予定です。

関西は本格的に見頃を迎えるのは10月下旬~

11月上旬になってくると、滋賀県の比叡山、兵庫県の赤西渓谷、
奈良県の奈良公園なども見頃になってきます。

ところが11月下旬になると、三重県の香落渓、伊勢神宮や滋賀県の日吉大社、
滋賀県の彦根城、京都に至っては嵐山・東山を筆頭に、ほぼ全ての名所、
と言った具合に、関西のどの県でも一気に見頃を迎えます。

その時期はどこもかしこも鮮やかな秋の色に包まれるので、
名所巡りをして紅葉シーズンを満喫できそうですね!

さらに、関西ではほとんどの地域で12月上旬には終わりを迎えていく傾向にあります。

 

 

調べて分かったのですが、関東より見頃が遅く始まる関西は
散り際も関東より早いのですね。
ちょっと驚きましたが、あっさりと潔く散っていくのも清々しいですね^^

紅葉は自然現象の1つなので例年通りとはいかないかもしれませんが、
あまりに大きく見頃の時期が変わることもないと思います。
お仕事などの都合に合わせて見頃の時期をチェックしつつ、
最も美しい時期の紅葉狩りを楽しんでいただけたらなぁと思います^^

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

U-NEXT

クラスメート5人抜きグングン↑↑

グングン伸びる!
ページ上部へ戻る