東京五輪2020チケット予約販売はいつ!いくら!入手方法は?

東京五輪2020チケット販売はいつ

2020年と言えば…そうです。
東京オリンピック・パラリンピックの開催年ですよね。

WEBサイトには、既に公式のオンラインショップも開設されるなど、
盛り上がりを見せています。

4年に一度開かれる平和の祭典。
日本では、1964年に続いて2回目の開催となります。

東京五輪の雄図プレゼンテーションでは、
「お・も・て・な・し」という言葉が使われましたが、
海外の人もたくさん来日されるはず。

文字通り、おもてなしの心を持って、温かくお迎えしたいものです。

東京五輪2020チケット予約販売はいつ!いくら!入手方法は?

ところで、オリンピックと言えば気になるのが、チケットのことです。

テレビでゆっくりと観戦するのもいいですが、
せっかく国内で開催されるのですから、
できれば直接会場に行って、リアルな感動を味わいたいですよね。

そこで、今回は、東京五輪2020のチケットについて…

○いつごろから販売されるのか
○どんな種類があって金額はいくらくらいなのか
○どのように入手すればいいのか

などについてご紹介します。




 

 

東京五輪2020チケットの種類と金額は

それでは、まず、チケットの種類や金額などについて見ていきましょう。

東京五輪のチケットの金額について、
東京都の招致委員会がIOC(国際オリンピック委員会)に提出したファイルでは、
チケットの平均金額は7.700円
チケット全体の約60%が4.400円以下に設定するとされています。

意外に安いと思われませんか?

その背景には、誰もが観戦できそうな価格帯にすることで、
若い人たちもオリンピックに触れる機会を与えたい、そんな配慮があるようです。

チケットの平均金額は7.700円、チケット全体の約60%が4.400円以下に設定

また、ロンドンオリンピックでも導入された、
16歳以下の「子供料金」も検討されています。

但し、開会式や閉会式や、
陸上や水泳などの人気競技の価格は高めに設定されています。

・開会式:25.000円~150.000円
・閉会式:20.000円~100.000円
・陸上、水泳などの決勝:1.000円~30.000円

その他の競技は、1.000円~5.000円程度になりそうです。

なお、過去のオリンピックの事例からすると、
チケットは基本的に1日券、対象競技等単位での発行となります。
通しのチケットがあれば便利なのですが、
管理が難しいという側面があるんでしょうか。

 

 

 

チケットはいつから販売されるの?

それでは、東京五輪2020のチケットはいつ頃から販売されるのでしょうか。

 

発売時期は?

2018年7月現在、正式な発表はありませんが、
過去、2012年のロンドン、2016年のリオ・デジャネイロの事例を見ると、
開幕の約1年から1年半の間に受付が開始され、
本格的な販売は6カ月前くらいからでした。

開幕の約1年から1年半の間に受付が開始され本格的な販売は6カ月前くらいからでした。

このことから、東京五輪2020年も、
2019年の年明けから7月ごろの間に詳細が発表され、
本格的な販売は、2019年7月頃から2020年1月頃と予想されます。

 

 

チケットの予約はできるの?

次に、チケットの予約について、提出した立候補ファイルでは、
「インターネットと全国4万店以上のコンビニを活用した販売を行う」
とされています。

インターネットと全国4万店以上のコンビニを活用した販売を行う

もう少し詳細に見てみましょう。

 

インターネットからの予約申し込みとコンビニでの発券

チケットは数回に分けて販売される予定ですが、
第1次の販売は、公平性を保つために、
インターネットで予約する形になるようです。

その手順としては…

①インターネットから希望のチケットを申し込む
②抽選になった場合、当確番号が通知される
③取り扱っているコンビニで発券する

それ以降の販売については、
コンビニのネットワークシステムを活用した取り扱いになる予定です。

 

旅行会社の観戦チケット付きツアーに申し込む

主要旅行会社からは、観戦チケットが付いたツアー商品が販売される予定です。
こちらの商品も、予約の状況次第では抽選販売になるかもしれません。

 

 

抽選倍率は?

次に気になるのが抽選の倍率です。

東京との発表によると、東京五輪のチケット販売予定数は780万枚です。
誰がどう考えても、チケットの入手は困難を極めますね^^;

その中でも、最も倍率が高くなることが予想されるのは、やはり開会式でしょう。

華やかに演出されるであろうエンターテインメント、
日本をはじめ、各国の選手団の入場などなど、
是非間近で観たいという人は多いと思います。

ちなみに、1964年に開催された東京オリンピックでは、
開会式は抽選によって販売されましたが、その時の倍率はなんと87倍!

前回の東京オリンピックの開会式は抽選倍率はなんと87倍!

会場の規模は東京オリンピック2020の方が大きくなりますが、
インターネットのない時代でその数字ですから、
応募総数は飛躍的に増え、それ以上の倍率になることは想像に難くありません。

また、その他の競技についても、2012年の北京オリンピックでは、
倍率が20倍以上になったものがあったことなどから、
陸上や水泳の決勝や、サッカー、バスケットボールなど、
世界的に有名な選手が出場する競技は20倍を超える倍率になるでしょう。

さらに、柔道や体操、卓球など、今からメダルの獲得が期待されている競技や、
野球なども人気を集める可能性が高いと思います。



 

 

チケットを確実に入手する方法は?

このように、とても入手が難しい東京五輪2020チケットですが、
どの方法であれば、よりゲットできる確率が高いのでしょうか。

それは、先述した、旅行会社の観戦チケット付きツアーに申し込む方法です。</SPAN”>

ネーミングの通り、宿泊などのツアーと観戦チケットがセットになった商品で、
人気が集中すると抽選になる可能性もありますが、
一般のインターネットによる応募よりは入手する可能性は高いと思います。

チケットを確実に入手する方法は?

ちなみに、2020年の東京五輪の旅行部門におけるオフィシャルパートナーとして、
KNT-CTホールディングス、ジェイティービー、東武トップツアーズが決定しており、
東京オリンピック関連の商品・サービスの提供や、
マーケティングサポートを行うことが決定しています。

これらの旅行会社に、チケットがどの程度配分されるかは定かではありませんが、
地方からの観光客が増えれば、より、経済効果が高まることから、
相当の枚数が用意されるものと思われます。

遠方から五輪観戦をするという方は宿泊もセットになった、
こちらの商品を検討されてはいかがでしょうか。

 

 

 

その他の入手方法は?

招致委員会の立候補ファイルには、
「一般のお客様、スポンサー、オリンピック・ファミリーを対象とする、
大会期間中のチケット交換システムを構築し、チケット購入者の確実な来場を促す」
という記載があります。

チケットの転売やダフ屋行為は厳禁としているので、
このようなシステムを導入して、空席を出さずに集客するという狙いがあるようです。
チケットをゲットする一つの方法として注目していいでしょう。

その他の入手方法は?

一方で、東京五輪組織委員会は、
五輪で想定されるチケット高額転売などを規制する法整備を、
政府などに要請しており、既に国において検討チームが立ち上がっています。

今後、何らかの動きがあることは間違いないので、
オークションなど、高額な取引は難しくなるでしょう。

 

 

以上、今回は、東京五輪2020のチケットについて、
いつごろから販売されるのか、また、どんな種類があって金額はいくらくらいなのか、
どのように入手すればいいのか、についてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

やはり、わが国においては56年ぶりとなる東京五輪。
チケットの入手はとても難しいことがお分かりいただけたと思います。

但し、ご紹介したように、いくつかの方法があります。
一つのルートだけでなく、こまめに情報をチェックして、
より確実に手に入れる努力をしていただきたいと思います。

東京五輪の観戦を夢見ている方が、
チケットを手に入れることができるようお祈りしています。


 

と、当初お伝えしたい内容を書き終えたところで、
この後は、番外編と言いますか、東京五輪2020チケットの追跡記事として
以下に更新情報を綴っていきたいと思います。

と申しますのも、筆者もオリンピックには行く予定をしておりまして、
なんとかチケットを入手したい立場にあります。

個人でのチケット入手が難しい場合は、ツアーを利用する予定ですが、
現状、そうした情報も公開されていませんので、その辺も含め更新予定です。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

2019年おせち早割予約間もなく終了!

2019年おせち料理予約
U-NEXT

通販Xmasツリーランキング

XmasツリーRANKING
ページ上部へ戻る