生徒たちが夏休みの間、先生は何をしてるの…仕事?休暇?

夏休み 先生

子供の頃は毎年楽しみになるほどに大好きで、
大人になると「子供はいいなあ」と懐かしく、
また羨ましくなるもの…といえば、
やっぱり、長~い夏休みではないでしょうか?

夏休みの期間は地方によって若干期間は違いますが、だいたい約1ヶ月。
夏という何をしても楽しい季節に、こんなに長く休みがとれるなんて、
社会人になったらまずない事ですから、
余計に羨ましくなってしまうんですよね。

ところで、この大人になるとなかなか取れない長期の夏休み。
「学校の先生なら、生徒たちと同じ長い期間夏休みをとれるのでは」
と考えて、羨ましがっている方も居られるのではないでしょうか?
確かに、先生は生徒を教えるのが仕事ですから、
それが無い期間は、先生も休みなのでは?と思っちゃいますよね。

生徒がいない夏休みは先生も休みなのでは?

でも、私が子供の頃を思い出すと、夏休み中は学校のプールが解放されており
毎日のように通っていたのですが、いつも見回りの先生が誰かしら居ましたし
部活動の顧問の先生も、部の指導のために夏休み中でも学校に居ました。
ですので、夏休み=先生も休み、ではなさそうだな、と思うんですよね。

かといって、先生たちの夏休み中の活動は、そこで見た断片しか知らないので
もしかしたら仕事がある先生と、休みの先生がいるのかもしれないし、
考えれば考える程、夏休みの先生の活動って、
謎めいていて気になってしまいます。

そこで今回はこの、学校の夏休みの期間中、先生は一体何をしているのか?
について、調べてみましたよ!
私と同じく、夏休み中の先生について気になっている方、
ぜひ読んでみてくださいね。

 

 

学校の夏休みは先生も休みなの?

そもそも、学校の生徒たちの夏休み期間は、
先生にとっても休暇にあたるのか?
について調べたところ…

そうではありませんでした!

それどころか、平日は残業をし、更に土日に休日出勤することもある、
という、先生にとっては普通に勤務日でした。
つまり、学校の夏休みは、先生にとっては休みではありませんでした。

学校の夏休みは、先生にとっては休みではありませんでした。

ただし、夏休み中は授業がありませんから、
顧問活動の有無とか色々な条件によっては、時間にゆとりが出来る先生も居て、
夏休み中に有給休暇を取得することもあるようです。

これは、一般の会社で閑散期に
「今のうちに使える人は有給使っておこうね~」となるのと、
同じ感じですね、きっと。

では、そんな夏休み期間中、
授業が無くても残業や休日出勤をするくらい忙しいなんて、
先生たちは一体何をしているのか、気になりますよね。

これについては、次項で詳しくご紹介します。

 

 

 

夏休み中の先生は学校で一体何をしているのか

学校の夏休みは、生徒たちが休みでも、先生にとっては勤務日である、
と前項では書きましたが、
では実際に、この期間中先生たちは何をしているのか、勤務時間、
どんな仕事をしているのか、気になったので調べてみましたよ。

 

小学校の先生

勤務時間は原則、朝8時過ぎから夕方17時くらいまでで、
夏休み以外の普段と変わりません。
ただし、給食が無く児童も居ませんので、昼食は外に食べに行く事もできます。
普段は基本外食が出来ないので、これを楽しみにしている先生も居るようです。

小学校の先生

夏休み中の仕事は、先生それぞれが、必要なことをします。
たとえば、夏休み明けの授業の準備、家庭訪問、研修、お祭りの巡回、
事務処理、などですね。
また、夏休み中に2~3回ある会議も、大事な仕事のひとつです。

中でも、授業の準備は、授業のスケジュールや内容を考えたり、
試験問題を作ったり、色々やる事があるので
夏休みはこれに時間を割く先生も多いようです。

 

 

中学校の先生

勤務時間は原則、夏休み中も
平日朝8時過ぎから夕方17時くらいまでの8時間勤務ですが、
中学校の先生は、それに加えて30分~1時間程度の残業や、持ち帰り仕事、
休日も1時間程度の勤務や自宅での仕事をしています。

中学校の先生

そんな夏休みでも忙しい中学校の先生の仕事の内訳は、
授業準備、学習指導、部活動、学校行事、事務・報告書作成、研修、会議、
学校経営、などでした。

中でも、部活動の指導や研修、報告書作成、授業準備に
特に多くの時間を割いている先生が多いようです。

 

 

高校の先生

原則の勤務時間は調べてもわからなかったのですが、
高校の先生にとっての夏休みは、とっても多忙な時期にあたります。

夏休みは、大学・短大に進路をとっている生徒向けの夏季講習を行ったり、
そのためのカリキュラム作りをしたりで、やる事も多いですし、
教育機関が主催する会議への出席、模擬授業などをして、
自分の教師としての力を磨く活動もしなければならないからです。

高校の先生

また、その他にも、夏休み明けの秋には多くの学校で
文化祭やスポーツ大会などの行事が行われますが、
その予定を組むのも、夏休みの大事な仕事です。
またこの行事で授業が潰れる分の考慮もしなければなりません。

その他にも、三年生の担任を持っている先生なら、
大学受験に向けての模擬テスト、進路相談、センター試験対策などを考えたり、
部活動の顧問を受け持っている先生なら、毎日部活に参加するのも仕事です。

 

 

先生の夏休みの仕事その他

小中高の先生の主な夏休み中の仕事をご紹介しましたが、
どの学校の先生にも、前述の他にも細々とした仕事があります。

先生の夏休みの仕事その他

たとえばクラスで飼っている生き物の世話、プールの水質管理、
電話対応、教育器具の整理・準備・廃棄、教材の確認と準備、などです。
夏休み期間中の先生って、本当に大変なんですね。

 

 

先生の夏休みはいつなのか

これまでの項で、学校の生徒にとっての夏休みは、
先生にとっては普通の勤務日である、とご紹介してきましたが…
では、先生にとっての休暇である夏休みは全く無いのでしょうか?
もしあるとしたら、いつなのでしょうか?

そこで、調べたところ、
多くの先生は、お盆の時期に、夏季休暇として
5日間の夏休みを取っていました。

多くの先生はお盆の時期に夏季休暇として5日間の夏休みを取っていました。

一般的に社会人の夏休みは、お盆休みの8月13日~16日の4日間ですが、
先生の夏休みも、これとだいたい同じ、ということになりますね。

 

 

以上、学校が夏休みの期間中、先生は何をしているのか?
について調べて、まとめてみました!

夏休み中の先生って、個人的には、冒頭にも書いたように、
休みの人と、仕事の人がいるのかな~くらいに思っていたのですが…

殆どの先生は夏休み中も、休み明けの授業に向けて準備をしたり、
自分の教師としてのスキルを磨いたり、顧問として部活動の指導をしたり、
その他にも細々と沢山仕事があって、忙しく働いていたのですね。

また、そういった先生方の夏休み中の準備などによって、
休み明けの授業や行事も、滞りなく行われてきた、というのも
活動内容からよくわかりました。
先生って、本当に大変な仕事なんですね…。
「長い夏休みがあっていいな~」なんて、とんでもない誤解でした。

夏休みにも忙しい毎日を送っている先生方には、
くれぐれもご自愛頂きたいな、と思います。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

8月29日発売

U-NEXT

クラスメート5人抜きグングン↑↑

グングン伸びる!
ページ上部へ戻る