スノボー初心者に必要な持ち物ってナニ??~ビギナーアイテム チェックリスト~

スポンサーリンク

スノボー初心者 必要な持ち物

スノーボードを始めてやるときは、
何を持って行ったらいいのかが分からないものです。
特にスキーやスノーボードは道具が多く、
初心者はマストアイテムも知らない人が多いものです。

なので、絶対に必要な持ち物をひとつひとつ確認しながら、
確実に買い揃えておきましょう。

初心者の方は
「できればあったほうがいいもの」までそろえておくと
あとで困らなくていいですよ♪

snowboard1

 

 

スノボやるのに絶対要なアイテムは?

・スノーボード
上級者の人とお店に行って実際に見て購入するのがおすすめ。
安いもので1万円程度からあります。
初心者ならその程度でも十分です。
ひとから譲ってもらってもいいですね。

・ビンディング
スノーボードとブーツを固定するもの。
スノーボードと一緒に購入することがほとんどです。
これがないとスノボはできません(笑)。

・ブーツ
これも実際にお店に行って、
店員さんや上級者の人の意見を聞きながら決めましょう。
必ず履いてみてから選んでください。

・スノボウエア
スノボ専用のウエアはどのショップでも扱っており、
セパレートタイプとワンピースタイプがあります。
普段着で代用する人もいますが、それは上級者がやること!
初心者はよく汗をかくので通気性に優れた専用のウエアを購入しておきましょう。

・グローブ
防寒がしっかりしたスノボ専用のものがいいでしょう。
普通の手袋では全く役に立ちませんのでご注意を!

・ゴーグル
晴天のゲレンデは非常にまぶしく、
雪が激しく振っているときはゴーグルなしでは滑れません。
必ず用意しておくことをおすすめします。

・リーシュコード
ボードと体をつないでおくもの。たいていは足につなげます。
リーシュコード必須のスキー場がほとんどです。
特に初心者には必須アイテム!忘れないように用意しておきましょう。

・リフト券を入れるパスケース
リフト券は乗るたびに係員に提示しなければならないので、
出し入れがめんどくさいです。
ウエアについていない場合は、リフト券を入れるものも用意しましょう。

・デッキパッド
これはまさに初心者用アイテム!
片足だけボードにつないでリフトから降りるとき(スケーティングする時)
などは後ろ足をデッキパッドにのせて安定させます。
これがないとボードに足をのせられず、
不安手になりますのでかっこわるくても貼っておきましょう。

 

ここまでのものはスキー場でレンタルor購入できますが、
できれば自分でそろえておくと安心です。
レンタルのものは安くていいのですが、
自分にしっくりこないことも・・・今からスノーボードを続けていく!
という方はぜひ購入しておきましょう。

 

 

スノボやるのにあると便利なアイテムは?

・ニット帽
スキー場は思った以上に寒く、
天候が荒れた場合に帽子がないと非常につらい目にあいます^^;

・スノボ用のインナー
これはスノボ専用でなくてもOKで、
かさばらないタートルネックなどがおすすめ。
フリース素材のものなどがいいでしょう。
初心者は汗をかきやすいので、着替えを持って行っておくのが吉です。

・ボード(ブーツ)ケース
家や車に積むときにむき出しにしておきたくない方、
取っ手の付いた便利なケースが欲しい方などにおすすめのアイテムです。

 

これだけでもかなりのアイテムですね^^;
全部そろえるとかなりお金がかかるので、
最初は道具はレンタルで、徐々にいろんなアイテムを
そろえていくというのがいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料一括見積もりで最大55%OFF!!

2017年のお引っ越しの際は…

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る