神戸マラソン2015の日程は?競技の制限時間や交通規制はあるの?

スポンサーリンク

神戸マラソン2015日程/交通規制/制限時間

暑い夏も終わり徐々に秋らしくなってきました。
秋と言えば、食、読書、芸術とそれぞれご関心は様々だと思いますが、
今日はスポーツに関するお話をしましょう。

またスポーツにも様々な競技がありますが、
秋が深まるにつれて盛んになる「マラソン」について触れたいと思います。

最近の健康ブームから、「マラソン」は走り好きにはコアなスポーツですね。
誰もが気軽に参加する「街を楽しくランニング」と言った感じでしょうか。

誰もが気軽に参加する「街を楽しくランニング」と言った感じでしょうか。

参加することにステータスがある様な形で
老若男女が各自のレベルに合せ走れるマラソン大会が多い気がします。

 

そんなマラソン大会、昨今は色んなところで開催されていますが、
ここでは「神戸マラソン」について調べてみました。

おしゃれな街神戸を楽しく走れる!
これもひとつのステータスになっていいるんじゃないかな。。

ここでは「神戸マラソン」について調べてみました。

海と山が近いから夜景も綺麗で、本当に最高の街です。
(私は6年神戸に住んでいてその雰囲気が大スキでした^^)

そのおしゃれな街神戸を走る神戸マラソンですが、
実際に観に行こうと思われる方は2015年の大会日程や交通規制の
チッックが必要になってきますし、競技を楽しむ上では種目毎の制限時間
も気になる所だと思います。

その辺、色々調べてみましたのでご参考ください。

 


スポンサーリンク

 

How to 神戸マラソン2015

神戸マラソン2015開催日程

第5回となる今大会の開催日は、
2015年(平成27)11月15(日)となります。

神戸マラソンでは、フルマラソンとクォーターマラソンの
2種目のコースが設定されています。

◇スタート時間
フルマラソン:9:00
クォーターマラソン:9:30

一口メモ
「神戸全日本女子ハーフマラソン」を前進とする神戸マラソンは、
感謝と友情とをテーマに阪神淡路大震災の教訓を発信するため
始まったマラソン大会です。
第1回大会は2011年11月20日に開催されました。

 

 

神戸マラソンには制限時間があるの?

神戸マラソンは、いわゆる市民マラソンですので、
フルマラソンは18歳以上、クォーターマラソン15歳以上の男女は
基本どなたでも参加可能です(規定の申込が必要)。

ですが参加資格の条件には…

6時間40分以内に完走できる者
1時間30分以内に完走できる者

といった規定があり、そこから制限時間が定められています。

フルマラソン制限時間:7時間
クォーターマラソン制限時間:1.5時間

折角なので二つの種目についてもう少し触れてみましょう。

 

フルマラソン

完走距離:42.195km
制限時間:7時間
参加定員:18000人

フルマラソンのコースは、
神三宮の神戸市役所前から西へ向かい、舞子公園の明石海峡大橋辺り
で折り返し、人工島ポートアイランドの市民広場までのコースです。

高低差もなく、比較的走りやすいコースになっていると感じます。
神戸市役所前スタート→湊川神社→須磨浦公園→明石海峡大橋袂→
ホームズスタジアム神戸→神戸大橋ポートアイランド市民広場(ゴール!)。

神戸マラソンのフルマラソンの湾岸では、大漁旗をなびかせた漁船による
海からの応援がすっかり名物になっていますね。

 

クォーターマラソン

完走距離:10.6km
制限時間:1時間30分
参加定員:2000人

神戸市役所前から、須磨浦公園までの10.6kmのコースです。
神戸市役所前スタート→湊川神社→須磨浦公園(ゴール!)です。

 

 

神戸マラソンの交通規制について

神戸マラソンは、国道2号が主なコースとなっており、
大規模な交通規制が国道2号を中心に神戸市内各所で実施されます。

スタート地点となる神戸市役所周辺及びフラワーロードは、
午前7時~午前10時15分

ゴール地点のポートアイランド・市民広場周辺では、
午前8時~午後5時に車両通行が禁止されます。

また、阪神高速神戸線西行き若宮出口も、
午前8時50分~午後2時の間閉鎖されます。

市内各所の交通規制は、当日7:00~17:00に行われます。

 

 

神戸マラソン2015まとめ

近年のマラソンブームの背景は、参加する「楽しさ」だと思います。

綺麗でおしゃれな神戸を走れる事は、
ランナーにとって「楽しさ」の1つになっているのではないでしょうか?

2015年の神戸マラソン エントリー数は、
フルマラソン(定員18,000人)に対して 78,019人
クォーターマラソン(定員2,000人)に対して 6,455人で
倍率はフルマラソン4.3倍、クォーターマラソンは3.2倍になっています。

この倍率からも、「楽しく」走りたいランナーの気持ちがわかる気がしますね。

交通規制も確かにあり、毎年マラソンに興味のない方には、
いい迷惑かもしれませんが^^; 街の経済効果は大きい筈です。

参加者も参加しない神戸市民も一体となって、
神戸マラソンを盛り上げて震災復興の街神戸を盛り上げて欲しいです。
ガンバロウKOBE

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「デキる女」夏の美容対策もひと味ちがう!

夏の紫外線対策

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る