箱根駅伝2016予選会日程と予選会突破校予想

スポンサーリンク

箱根駅伝2016予選会 日程と出場校予想

箱根駅伝出場校はどうやって決まる?
今年度も箱根駅伝が、開催される予定です。

2016年の開催日程は1月2日と3日で、午前8時スタートです。

コースは、東京都千代田区大手町・読売新聞東京本社ビル前を
スタートして神奈川県箱根町・芦ノ湖までの往復で競われます。

箱根駅伝出場校はどうやって決まる?

前回の箱根は、青山学院大学が圧倒的な強さを誇り、
見事優勝に輝きました。

さて毎年、私たちに大きな感動を与えてくれる、箱根駅伝。
華やかでドラマチックな正月のスポーツイベントに出場できる大学は
どのようにして決まっているのでしょうか?

今回は、そんな箱根駅伝2016(第92回大会)本大会への出場権をかけた、
予選会の日程、出場校の予想をまとめてみました。

 


スポンサーリンク

 

箱根駅伝2016予選会について

予選会出場校は?

出場校は関東学連加盟校の20校と決まっています。

この20校は、前年大会でシード権を獲得した10校と、
予選会と通過した10校の計20校になります。
(この20校とは別に出場校以外の競技者で結成される
「関東学生連合」が参加します)

 

 

予選会日程は?

そして箱根駅伝2016の予選会の日程は、
2015年10月17日(土曜日)です。

予選会は箱根駅伝本番の2か月以上前に行われています。

 

 

予選会の場所は?

予選会は陸上自衛隊の立川駐屯地内の滑走路を周回したあと、
立川市の市街地を走り、昭和記念公園内がゴールとなります。
(20kmコース)

 

 

どうやって本大会出場が決まるの?

この予選会で各校上位10名の合計タイムが少ない10つの大学が
第92回箱根駅伝(2016)への出場権を獲得することになります。

襷(たすき)をつなぐのではなく20kmの距離を、
10名のタイムで順位が決まります。
チームとしての総合力が勝負です。

そして予選会と言っても、
すべての関東学連加盟校が参加できるわけではありません。

出場資格として5キロ16分30秒か、
10キロ34分のどちらかの記録もっている選手のみ出場資格が得られ、
この出場資格を有する選手を10名以上揃えないといけません。

厳しい練習を耐え抜いた選手でないと、
予選会でさえ出場できない厳しい世界です。

 

 

 

今年の予選会突破校を大胆予想!

前回の箱根駅伝2015で10位以内に入り、
シード権を獲得したのは、以下の10校です。

青山学院大学
駒澤大学
東洋大学
明治大学
早稲田大学
東海大学
城西大学
中央学院大学
山梨学院大学
大東文化大学

この10校は、予選会への参加が、あらかじめ免除されています。

 

箱根駅伝予選会2016に、出場が予想される有力校です。

帝京大学 順天堂大学 神奈川大学 日本大学 日本体育大学
中央大学 上武大学 國學院大學 拓殖大学 創価大学
法政大学 東京農業大学 国士舘大学 専修大学 亜細亜大学

この15大学の中から、
出場を決める10校が出てくることが予想されます。

帝京大学
順天堂大学
神奈川大学
日本大学
日本体育大学
中央大学

この6校は最有力です。

そのあとに続くのが
上武大学、國學院大学、拓殖大学、創価大学です。

そして、次に挙げる大学も力はあります。
法政大学、東京農業大学、国士舘大学、専修大学、亜細亜大学。

 

しかし前回大会、ノーマークの創価大学が箱根への切符を掴んだこともあり
何が起きるかわからないのが、箱根の予選会です。

スポーツは何が起こるか分かりません。
当日のコンディション、天候、ケガ、などで大きく結果は変わってきます。
選手たち最後まで諦めずに、仲間を信じて悔いのない走りを見せてほしいです。

 

 

 

箱根駅伝2016予選会まとめ

毎年ドラマが生まれる箱根駅伝ですが、
その舞台に立てる選手は全大学の数パーセントにすぎません。

年間通してほぼ休みなしで、箱根にかける選手たちの姿を、
本選だけでなく、予選会から興味を持って観ることで、
正月の楽しみがまた違った見方でより一層楽しく、
面白くなるのではないでしょか?

昨年の予選会から日本テレビで生中継がはじまりました。
今年もおそらく生中継があります。

みなさんで、箱根にかける選手たちを応援しましょう!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年おせち早割予約開始!

2018年おせち早割予約開始!
U-NEXT

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン↑↑

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る