ドラフト会議 2013 速報・結果 今年は大荒れ( ̄□ ̄;)

スポンサーリンク

ドラフト2013の速報をお伝えします。

今年は予想以上に大荒れです。
前評判の高かった、桐光学園高の松井裕樹選手は、
中日、DeNA、楽天、福岡、日ハムの5球団から指名!!

抽選の結果、見事東北楽天がその権利を獲得しました。

 

大阪桐蔭高 森 友哉選手は、
予想に反して、あっさり西武が指名を通しました。

松井選手の次に指名が競合したのは、
九州共立大の大瀬良大地(投手)でしたね。

阪神、東京、広島から指名を受け、
広島が抽選によりその権利を獲得しました。

 

森選手がラブコールを送っていた阪神は、
九州共立大の大瀬良大地(捕手)を指名するも、
東京、ヤクルトと競合、

更に外れ1位指名した日本生命の柿田裕太(選手)が
今度は日ハム、 横浜DeNAと被り
又もや権利を得ることができませんでした。

結果、外れ1位指名の外れ1位指名で、
横浜商大の岩貞祐太選手(投手)が事実上の1位指名

森 友哉選手を振ってしまったことが、
裏目に出てしまったような気がします・・・

 

それでも、今年のドラフトで一番クジ運が悪かったのは
阪神ではなく、北海道日本ハム。

日ハムは、阪神との競り合いにも負け、
東海大甲府高  渡邉 諒選手の指名となりました。
実に、4回の1位指名

近年ちょっとない運の悪さですね。

 

ドラフト会議は現在も継続中、この後もなにかあるのかな・・・
以上、ドラフト会議2013の速報でした。 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

毎日勉強を続ける子どもが続出中!!

学力に差がつく夏休み!

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る