2016年の土用の丑の日はいつ?うなぎ以外ではダメなの?

スポンサーリンク

土用の丑の日2016 何故うなぎ?

夏と言ったら、うなぎ!
うなぎと言ったら、土用の丑の日!
2016年の土用の丑の日はいつなんでしょうかね?

値段は高いけど美味しいから、やっぱり食べてしまいますよね!
(私は先に匂いで釣られちゃいます^^;)

うなぎと言ったら土用の丑の日!

でも、なんで「土用の丑の日」に「うなぎ」なんでしょうか?
皆さん、理由をご存知ですか?

結構テレビでも説明してたりするから、
もしかしたら知っている方は多いかもしれませんね。

これを聞いて、

「え、そうなの!?」
「知らないんだけど・・・」
「私って遅れてる・・・?」

と思った方・・・

なんで「土用の丑の日」と呼ばれているのか。

安心してください!
ここでは、そんな土用の丑の日に関する豆知識をご紹介していきます。

何故、この日にうなぎなのか。
なんで「土用の丑の日」と呼ばれているのか。

因みに、この日って夏だけじゃないんですよ?

ちょっと掘り下げたこれらの豆知識を知って、
2016年は友達や家族に自慢してみてください!

 


スポンサーリンク

 

自慢できるかも?土用の丑の日いろいろ豆知識

~土用の丑の日ってどんな日?~

この長ったらしい名前は、
実は別々の意味を持っています。

なので「土用」と「丑の日」を
分けてご説明します。

 

まず土用についてですが、これは五行から来ています。
五行とは、木・火・土・金・水の5元素から万物は成り立っている
という中国の考え方です。

因みにこれらは季節も司っていて、
春は木、夏は火、秋は金、冬は水となっていて
入っていない土は、季節の節目を表しています。
この期間を「土用」って呼んだそうです。

因みに土用が指す期間は、
立春・立夏、立秋・立冬の前の約18日間になります。

 

次に丑の日ですが、この丑は「干支の丑」を指しています。

これは、漢字で気付く方が多いでしょう。
昔は日にちにも干支を使っていたので、その名残りと考えられます。

ということで、土用の間に来た丑の日を
「土用の丑の日」というのです。

 

 

なんでうなぎを食べるの?

そして一番の疑問なのが
「どうしてこの日にうなぎを食べるの?」
だと思います。

一番有名な話だと、この日にうなぎがとても売れたから
というのがあります。

 

それは遡ること江戸時代。
あるうなぎ屋さんが夏にうなぎが売れなくて、
困って平賀源内に相談したそうです。

そこで当時の風習である
「丑の日には、”う”から始まる食べ物を食べると夏バテしない」
を利用した、

「”本日丑の日”という張り紙を貼ってみたらどうか」
と提案しました。

そしてうなぎ屋さんは大盛況となり、
いつしか他のうなぎ屋さんも真似するようになったそうです。

このおかげで「土用の丑の日にはうなぎ」が
定着したと言われています。

 

他には、土用の間に蒲焼の大量注文を受けたうなぎ屋さんが
子の日、丑の日、虎の日と3日連続で蒲焼を作って保存したら、
丑の日に作ったものだけ腐らなかったという話もあります。

そして江戸時代よりも少し前の時代に、
やっぱりうなぎが売れなくて相談した店主がいて、
その時に「丑の日にうなぎを食べると薬になる」
というキャッチコピーが考えられた、なんて話もあります。

あと単純に、丑って字が2匹のうなぎみたいに見えるから
なんて理由もあります^^;

 

 

 

なんで夏限定なの?

土用が季節の節目である以上、
夏以外にも土用の丑の日はあります。

ですが、うなぎを食べるのは夏だけですよね。
何故なんでしょう?

 

これは先ほど紹介した、
平賀源内の話のイメージが強いからと言われています。

またうなぎは旬が冬なので、真逆である夏でも売れるようにと
食べる習慣を根付かせた、という説もあります。

 

でも現在は季節関係なくうなぎは食べられてますし、
うなぎの産地の長野では、冬でもうなぎを食べようということで
「寒の土用の丑の日」を作っちゃったみたいです。

もしかしたら、「全ての土用の丑の日はうなぎを食べよう」
なんて言われる時代が来るかもしれませんね。

 

 

うなぎダメなんですけど、どじょうや穴子で代用していいの?

あの油が乗りすぎたうなぎが苦手って方も
意外に多かったりしますよね。

でも皆うなぎって言ってるし、
うなぎ食べるしかないんでしょうか?
似ているどじょうや穴子ではダメなんでしょうか?

どうせならうなぎを食べて欲しいところですが、
どじょうや穴子も栄養価が高く夏バテ防止効果があるので、
夏にはおすすめの食材です。

それに土用の丑の日は黒いものを食べるといい
という伝えもあるようなので、
これらでも問題はないでしょう。

 

 

さて、最後になってしまいましたが、
2016年、夏の土用の丑の日は7月30日の土曜日です^^

季節に関係なく食べたいなら、

秋の土用…2016年10月22日と11月3日
冬の土用…2017年1月26日
春の土用…2017年4月20日と5月2日

コチラ↑が土用の丑の日なので、
是非うなぎを買って食べてみてください。
うなぎの旬は冬なので、お味重視なら冬の土用ですよ(o^-')b

では、2016年もウナギを食べて夏を乗り切りましょう!!

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

完売続出!間もなく早割価格終了!!

2017年おせち早割予約

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

期間限定☆バカ売れズワイガニ

お正月のおもてなしに!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る