日焼け止め開封後の使用期限~未開封なら来年使えるの?

スポンサーリンク

開封未開封の日焼け止め使用期限について気になったことはありませんか?

そろそろ紫外線が気になりだす季節。
日焼け止めを早く買わなきゃ!と思いつつ、
他の買い物を山ほどするとついつい忘れて帰ってきちゃうんです^^;

そんな時に便利なのが去年の日焼け止め!

使い残していることがほとんどなので、
私はいつも去年の日焼け止めから使っていました。

ところが、日焼け止めにも使用期限があるという情報を入手。

日焼け止めの使用期限 開封後未開封

日焼け止めとはいえ、直接肌に塗るものですから当然なんですけど^^;
今まで全然意識しないで使ってました。

 

そこで、
開封した日焼け止めは次の年は使えないのか?
未開封の場合は使えるのか?

などなど、日焼け止めの使用期限について調べてみました。
私と同じように去年の日焼け止めを使っている方・・・要注意かもしれません↓

 


スポンサーリンク

 

日焼け止めの使用期限は?

(・∀・)「日焼け止めの使用期限なんて、裏の表示を見ればいいんじゃないの~?」

そう思った方、ぜひ日焼け止めの裏側を見てください。
使用期限、書いてありますか?

・・・

そう、書いていないはずです。
日焼け止めの使用期限は表示義務がなく、書いていないんです。

では、日焼け止めの使用期限は?

 

それは、薬事法を見るとわかります。
薬事法によると

「通常の保管条件下で、3年以内に変質するものについては表示する」
という表示義務があります。

ということは、
表示義務のない商品は未開封の場合は3年間は大丈夫、ということ。

未開封の日焼け止めは基本3年間は大丈夫

 

なので、未開封の場合は3年間は日焼け止めを使えます。
しかし、これは「正しく保管されていた場合」だけ。←ここ大事!

冷暗所で保存されている場合は大丈夫ですが、
温度の上がる場所や直射日光が当たる場所で保管すると変質する可能性大です。

「正しい保管場所で未開封の場合は3年は使える」というのが正しいということですね。

去年買ったけど未開封、という方は、
正しい保管場所なら使えますので、ぜひ今年も使って下さい。

 

 

開封したら次の年は使えない?

開封したままの日焼け止めを保管しているという方もたくさんいるでしょう。
私も夏用の日焼け止めは捨てずにとっておくタイプです。

でも、その日焼け止めは次の年の夏は「使えません」
正しくは「使ってはいけません」というのが適切ですね。

開封した去年の日焼け止めは使ってはダメ

 

日焼け止めは乳液をベースにしたものが多く、空気に触れると酸化しやすいです。
去年の日焼け止めを見ると、
口の部分に黄色く変色した日焼け止めが固まって付いていませんか?

あれは口に残っていた日焼け止めが酸化した証拠です。

 

去年のやつを肌に塗っても異常なかったよ?!という方、
それはラッキーなだけです!

・・・という私も使っていましたが、肌に異常はありませんでした。

ですが、それは偶然異常が出なかっただけのこと。
酸化したものを肌に塗ると何が起こるかわかりません。

日焼け止めで肌が荒れてしまっては何の意味もありませんから、
開封したまま保存して次の年に使う、というのは絶対にやめましょう。

 

夏用のが余ってしまったらそのまま冬まで使い続けましょう。
冬も紫外線は注いでますから、しっかり防ぐことも大切ですよ☆

ということで、日焼け止めは「開封したら即使う!そのまま使い切る!」
これを頭にしっかり入れて、お肌を守ってくださいね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「デキる女」は夏の美容対策もひと味ちがう!

夏の紫外線対策

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る