Windows Live Writerを使わないと損ですよ①

スポンサーリンク

Windows Live Writer

ぶっちゃけこの記事は私と縁のある方に向けて書いています。
ごめんなさいね。個人的なもので、、

「Windows Live Writerを使わないと損ですよ。」って言った手前、
その理由も明確にしておく義務を感じ、
こんな記事を書いています。

とは言いましても、
その素晴らしさを、1記事で説明するのは難しいので
DL方法~実用的な手法まで、幾つかに分けて書いていく予定です。

この記事では、
『こんなことができますよ♪』っていう、基本的なことを
ご説明したいと思います。

Windows Live Writerを一言で言うなら、
ブログ管理&投稿ツールです。

異なるサービスの複数のブログを記事投稿・編集などが
Windows Live Writerだけで完結できます。

 

ブログ投稿ツールってだけなら、
最近では無料・有料と色々ありますし、実際私も幾つかもっています。

でも、「本当に便利だなー」って思ったものはありません。
物珍しさに、最初こそ使ってはみても、スグにやめてしまいました。

しかし、Windows Live Writerはそんな使えないツール達とは、
比べものにならない程、便利なものなんです。

○○を実践する上で、結構な作業短縮になりますし、
記事を書くストレスが軽減されるので、
投稿作業が楽しく感じられかも知れません。

 

では、ここから
Windows Live Writerを利用するメリットを具体的にお話します。

まず、インターフェイスですが
オフィスなどマイクロソフト社に共通する仕様になっているため
このソフトを初めて利用する方でも、
直感的に、各メニューが何をするためのモノなのか。
スグに理解できます。

 

○○用の記事投稿作業で、
WP・So-netなど、異なるブログサービスを利用されている訳ですが、
ブログサービスによって、各メニューを理解するだけでも
結構な慣れが必要ですよね。

特に初めて利用するサービスは、
記事を書く云々以前に、それだけも時間がかかってしまいます。

 

しかし、Windows Live Writerなら、
WPでもSo-netでも、これ一つでいけるので
実作業と関係ない部分で、時間をロスすることはありません。

まーっ、これはWindows Live Writerの具体的なメリットというより
このソフトを利用するべき明確な理由の一つですね。

 

 

次は、実作業を例に挙げて説明してみますね。
So-netブログです。

Windows Live Writerを利用されていない貴方は、
So-netブログのこんな環境で記事を書いていますよね。

 

so-net1

これでは、全体的なイメージが分からないので
何度もプレビューを繰り返しているんじゃないですか?
それももっそいSo-netで、

 

htmlモードじゃ、何がなんだか分かりません。

 

so-net2

 

では、私の環境を見てください。
まったく同じ内容の記事です。

 

windowslivewrite01

 

断っておきますが、
上の画像、プレビューではありませんよ。
記事を書くときの編集モードです。

ちなみにプレビューモードはこちら、

 

windowslivewrite02

 

ぶっちゃけ、プレビューで確認する必要もありません。
編集モードと同じですから

何が言いたいかと申しますと、
実際のブラウザ表示の状態で、記事が書いていけるということです。

 

長文になってしまったので、一旦これで投稿します。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

1分で一番安い引越し会社が見つかる

2017年のお引っ越しの際は…

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る