Google ロゴのアメ落としゲームは15周年記念だよ

スポンサーリンク

Google ロゴ ゲーム

日々変わるGoogleロゴには遊び心満載♪
https://www.google.co.jp/

以前のGoogle検索はお決まりロゴでしたが、
近年は、記念日にかけた凝ったデザインにしたり、
フラッシュ動画にしたり、

色んなパターンが楽しめるようになってきました。
たまに読むことも難解なロゴもあったりしますが…

検索ユーザーが楽しめる工夫がされていますよね。
恐らく、デザインに凝るだけのメリットあるんだと思います?

 

今日は、アメ落としのゲームになっていました(^○^)

google-15-0

アクセスすると分かりますが、
中央にケーキがおかれ、15象るロウソクが立っています。

実は2013年9月27日は、
Google生誕(創業)15周年の記念日で、
このアメ落としのミニゲームもそのイベントの一つのようです。

しかし、最初wikiでそれを調べた時に、
Googleは1998年9月4日に非公開の会社として、
ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンによって創業された。
とありましてので、

なぜ、9/27に記念ゲームが公開されたのか不思議だったのですが、
調べてみると、
現在、Googleが公式にアナウンスしている創業日は1998年9月27日だそうです。

 

実際の創業日と公式見解の創業日がなぜ違うのか疑問は残りますが、、
今日のところはゲームを楽しんでみました。

ケーキ部の再生ボタンをクリックすると、ゲームモードになります。
スペースボタンでゲームがスタートします。
 
google-15-1

ゲームはシンプルで、星形のくす玉を竹刀で叩いて中のアメを落とすものです。
竹刀(音が竹刀っポイので)を振るチャンスは10回です。
左上がそのゲージです。
google-15-2

竹刀(棒)は、スペースキーまたはロゴ内をマウスクリックすると振ります。
叩かれた勢いでクス玉が大きく振れる程、たくさんのアメを落とします。

 

 

 

落としたアメの合計が100個未満だと、 
google-15-3
こんなロゴです。
テーブルに置かれたビンのアメも少なく
Google坊や達の表情も微妙です。

 

 

しかし、100個以上アメを落とすと、 
google-15-4

ビンのアメもいっぱいとなり、Google坊やもほぼ満足げです。

 

 

このロゴは179個まで同じものですが、
google-15-5

 

180個以上アメを落とすと、
大量のアメの中で、楽しく弾むロゴに変わります。
google-15-2

 

 

他のロゴがありましたら是非教えてください(o^-^o)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「デキる女」夏の美容対策もひと味ちがう!

夏の紫外線対策

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る