盛り上がる楽しい種目は?幼稚園や保育園でおすすめの種目ご紹介

スポンサーリンク

運動会の種目 幼稚園・保育園

幼稚園や保育園の運動会の準備をする時期になりましたね。
この時期は、運動会の種目を何にするか、
色々考えて、種目の選択と決定に悩んでいる役員や先生方も多いでしょう。

幼稚園や保育園の運動会は、定番のかけっこや玉入れなども毎年人気ですが、
主役の子供たちの年齢が、幼いこともあって、
飽きずに最後まで楽しく競技を頑張れるように、
上記のような定番種目の他に、ユニークな種目を入れないといけないんですよね。

種目の選択と決定に悩んでいる役員や先生方も多いでしょう

また、子供と一緒に頑張り、成長を間近で感じられるような親子競技や種目を
楽しみにしている保護者も多いので、
そういった期待に応えるには、どんな種目を入れたらいいのか…と、考えると
余計に「何がいいのかなー」と悩んでしまうことと思います。

そこで、今回は、幼稚園・保育園の運動会種目でお悩みの方のために、
子供も大人も楽しめて盛り上がる、おすすめの種目を、
定番のものから、ユニークなものまで、色々ご紹介しますよ!
子供たちが最後まで笑顔で頑張れて、保護者も子の成長を感じられる、
楽しい運動会にするために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 


スポンサーリンク

 

幼稚園や保育園の運動会種目を決めるポイント

おすすめ種目をご紹介する前に、運動会の種目を決め際のポイントを
ご紹介しておきますね。

といっても、難しいことではなく、
基本的には『子供たちの感覚や運動能力に合わせた種目にする』ということです。

幼稚園も保育園も、年長さんや年少さんがいるわけですが、
このくらいの年齢の子達は、たった1~2歳の歳の差でも、
運動能力にかなりの差があります。

この運動能力とは、たんに走るのが早いとか遅いとかだけではなく、
バランス感覚もリズム感も含まれます。
基本的には、年齢があがるほど、この運動能力は高まります。
また、年少さんよりは、年長さんのほうが、
「かけっこで勝ちたい!」とか、他の子と競う気持ちも強くなってきます。

子供たちの感覚や運動能力に合わせた種目にする

このことから、

年長さんには小学校の低学年に近い他の子と競う種目、
年少さんには競わせる系よりもゲーム性の高い種目、

という感じで選ぶと、上手くいきます。

上記のことを念頭に置きながら、運動会全体のバランスを考えて、
定番種目やユニーク種目、親子種目など様々な種目を
組み合わせると、最後までメリハリがあって、みんなで楽しめる運動会になりますよ。

 

 

 

幼稚園や保育園の運動会でおすすめの種目ご紹介

定番種目

定番種目

かけっこ

年長さんは単独の事も多いですが、年少さんの場合は、園児単独走ではなく
保護者の手に引かれて走る、親子参加のものが定番です。
そして、定番種目ではありますが、途中で靴が脱げる子がいたり、
パパが熱くなったり、走るのをやめてしまう子が居たり、ハプニングがつきもので、
それを含めて楽しく思い出に残る種目です。

 

組別対抗リレー

年長さん向けです。
チームワークと日頃の練習の成果を出しきるように、園児たちが真剣に競い、
つい保護者の応援にも熱が入ってしまう、運動会らしい定番種目です。

 

キャタピラレース

開いたダンボール箱をいくつな繋げてキャタピラを作り、
その中に四つん這いになって入って競争する種目です。
屋外でも屋内でも出来る種目なので、天候に関わらず出来ておすすめです。
正面が見えないので、親子で誘導し合ったり、チームワークが楽しめます。

 

障害物競争

園児単独でも、リレー形式でも、親子でも、出来ますよ。
障害は、走者の年齢に合わせた難易度にします。
簡単な障害は園児、難しい障害は保護者という感じで、リレー形式で行う園が多いです。
参加しても楽しいですが、見ている方も楽しいので、かなり盛り上がります。

 

 

ユニーク種目

ユニーク種目

十字綱引き

2本の綱をクロスさせて、4チームが同時に行う綱引きで、
一番後ろの子供が決められた目印に到達すると勝ち、という内容の種目です。
ただ力まかせに引っ張るのではなく、左右に振ってみたり、
そういった工夫や戦略とチームワークが勝敗を決める、面白い競技ですよ。

 

移動玉入れ

玉入れは運動会の定番ですが、この移動玉入れは、
玉を入れるカゴを先生が背負って逃げ、それを追いかけて園児が玉を入れるもので、
スリルがありますし、鬼ごっこ気分も楽しめて、園児からも保護者からも人気です。

 

逆走リレー

後ろ向きに走るリレーです。
後ろに走る事で、足が速くない子も勝つチャンスがありますから、
競う楽しさをみんなで味わえる、という意味でもおすすめの種目です。
ただし、後ろ走りはバランス感覚が必要なので、どちらかというと、年長さん向けかも?

 

巨大ボール運びリレー

年長と年少混合で行うのにおすすめの種目です。
フラフープにビニールを張ったものをお盆のように使って、上にボールをのせて
落さないように運んでリレーします。
年長さんが年少さんをリードしたり気遣ったり、協力する様子が、
子供の成長を感じさせてくれるということで、保護者からも、人気の種目ですよ。

 

 

親子で楽しめる種目

親子で楽しめる種目

黒ひげ危機一髪リレー

先に園児が走り、途中で保護者にバトンを渡し、
バトンを受け取った保護者は、
中間地点に置いてある黒ひげ危機一髪にナイフをさします。
黒ひげが飛び出したら、そのままゴールに進めますが、出ないと進めません。

リレーと名前にはついてますが、順位は運次第。
参加する方も勿論、見ている方もハプニング連続で面白いので、人気の種目です。

 

デカパンリレー

デカパン(大きい体操ズボン)に、親子がそれぞれ片方づつに入り、
大きなボールを転がしながらコースを回るリレーです。
親子で息を合せて協力するのも楽しいですし、応援する側も盛り上がりますよ。

 

人借り競争

借り物競争の「借り物」を、人にした種目です。人を借りるんです。
たとえば「赤いシャツを着ている人」とか「スカーフをしている人」とか、
カードに書かれている特徴に当てはまる人を、保護者の中から選んで、
先生の元へ連れて行きます。
のんびり応援していた人が突然連れていかれたり、スリルもあって面白い種目です。

 

 

以上、幼稚園や保育園の運動会で盛り上がる、楽しい種目のご紹介でした。

基本的には、定番も含めてどの種目も、園児も保護者も楽しく参加できるものばかりで、
また応援する保護者が、子供たちの愛らしい姿や、
一生懸命に頑張る姿が存分に見られるものを選んでみましたので、
種目選びに悩んでいる方に、お役立て頂ければ嬉しいです。

運動会の種目を考えたり、準備をするのは大変だと思いますが、
楽しかった運動会の記憶は、子供にも、大人にも、大切な思い出になりますから、
幼稚園・保育園の運動会を、そんな素敵な思い出として残すためにも、
ぜひ頑張って、楽しい種目を取り入れて、運動会を盛り上げくださいね。
この記事が、そのために少しでもお役にたてれば、とっても嬉しいです。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

2018年おせち早割予約開始!

2018年おせち早割予約開始!
U-NEXT

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン↑↑

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る