厄払いの時期は?節分までにするってホント?女性・男性は時期が違うの?

スポンサーリンク

厄払いは節分までに…

女性にも男性にもやってくる厄年。
正直、ありがたいものではありません(涙)

厄年だから悪いこと続き・・・なんてことのないように、
しっかり厄払いしてすっきりした気持ちで1年間を過ごしたいものです。

 

厄年には本厄・前厄・後厄があります。
本厄の前後1歳がそれぞれ前厄・後厄というわけですね。

正直、厄のついた年が3年も続くなんてうんざりしますが^^;、

厄払いをしっかりしておくと、
気のせいか悪いことも起こらない気がします(笑)

 

厄年だからと言って悪い年と決まったわけではありません!

「それぐらいの年になると、体の変化や生活の疲れが出てきますよ」
というしるしだと思って、

厄払いと生活の見直しをして1年間元気に過ごしましょう!

 


スポンサーリンク

 

正しい厄年の数え方は??

まずは女性と男性の厄年を確認しておきましょう。

・男性の厄年
25歳・42歳・61歳

・女性の厄年
19歳・33歳・37歳

これが本厄です。

この年齢の前後1歳が前厄と後厄になりますので、
たとえば男性なら25歳の前の年24歳と26歳が
それぞれ前厄・後厄となります。

通常、厄年は満年齢ではなく数え年で考えます。

数え年は普段使わないのでちょっとわかりづらいので
こちらで確認するとよいでしょう。

これで計算すると、
満年齢のプラス1歳か2歳の年齢が数え年として出てくるはずです。

 

 

厄払いに最適な時期

本厄・前厄・後厄に当たる人は、
神社や寺院でで厄払いをするのが一般的です。
厄払いに最適な時期は、「年明け~節分の前」までと言われています。

1月1日~2月3日の間に行うのが最も良い、ということです。

厄除けは元旦に行う人や節分に行う人など、さまざまです。
大きな神社・寺院では
『厄除け祈願祭』などを大々的に行うところも多いので、
その時期に訪れて厄除けをしてもらうのもおすすめ。

 

また、神社では「節分祭」を行うところも多いです。
節分祭ではよく力士や芸能人などが餅まき・豆まきなど
行っているのを良く見かけます。

節分祭と一緒に「厄除け祈願祭」などを行うところも多いですから、
厄年の方は近くの神社・寺院を調べ、
節分祭に参加して厄除けするのもおすすめです。

 

最近は神社や寺院もホームページがあるところも多く、
催し物もすぐに調べられます!

自分の住んでいる地域を管轄している氏神様を調べて
厄除けしてもらってもいいですね。

 

■まとめ

厄年というと気が重くなりがちですが、
必ず悪いことが起こるわけではありません。
厄払いしてもらうと非常にすっきりした気分になります!

厄年をいい年にするためにも、節分の時期までに厄払いを。

厄払い祈願祭は全国各地で行われていますので、
ぜひ調べてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

完売続出!間もなく早割価格終了!!

2017年おせち早割予約

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

期間限定☆バカ売れズワイガニ

お正月のおもてなしに!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る