ネクタイ結び方 ~就職活動・面接でバッチリきまるネクタイの結び方~

スポンサーリンク

ネクタイの結び方 就職活動や面接に…

男性がきりっとネクタイをしている姿を見ると思わずポーッ・・・(´∀`*)
普段、内勤でだらだらの普段着を着ている男子ばかり見ていたので、
今でもネクタイ姿の男性を見るとキュンとします♪

 

男性が初めてネクタイを締めるのは成人式と就職活動あたりでしょう。
就職活動はその後の人生を決める大切な活動ですから、
身なりにも自然と力がはいります。

できれば面接ウケの良い服装で行きたいですね。

ネクタイの締め方も大切な要素!
単純な結び方でも、きちんと結んでいることが重要です。

 

 

ネクタイ結び方の種類

ネクタイの結び方にはけっこう種類があるんです。
(私はプレーンノットしか知りませんでした・・・^^;)

結び目の小さいもの、崩れにくいものなど、形はさまざま。
特に結び目の部分にその結び方の個性がでます。

画像で見るとこんな感じ↓

出典:就活お役立ち情報
就活・面接に最適なネクタイの結び方

 

首元の結び目の大きさが違うのがわかりますよね?
結び目が左右対称になっているとキレイになります。

 

代表的な結び方の動画はこちら↓

プレーンノット

 

ダブルノット

 

ウィンザーノット

 

動画を見ながらゆっくりと結び方を学びましょう。
この三つを覚えておけば、確実です。

ウィンザーノットは結び目がオシャレ♪
大きな結び目はパーティや結婚式など、
フォーマルでおしゃれに見せたい場面で役に立ちそうです。

 


スポンサーリンク

 

就職活動する時にぴったりの「面接ウケ」のいい結び方

就職活動をする時は、何事もノーマルにしておくのが基本です。
スーツはもちろん、ネクタイの結び方もノーマルが基本。
プレーンノットかダブルノットあたりの結び方がベストです。

 

型崩れしづらいのはダブルノットなので、
ダブルノットを練習しておくと便利ですね。

本当に初めて結ぶ方はプレーンノット、
慣れてきたらダブルノットを覚えましょう。

 

そして、人生を決める面接に臨むのですから、
さらに「キレイに見せる工夫」を!

ネクタイはただ普通に結ぶだけでなく、
ディンブルというネクタイの「えくぼ」を作ってやるとキレイに見えます。

 

ディンブル(えくぼ)の作り方は↓こちら

 

この動画を見ると、
初めての方にはなかなかハードルが高いかも^^;という気がします。

何度も見直して、
キレイな結び方ができるように練習しておいたほうがいいですね。

実際に完成形を見比べてみると、
ディンブルをキレイに作ってあるネクタイは非常にキレイです。
面接では清潔感を与えることがとても大事なので、
ネクタイも意識して美しくしておきましょう!

 

ネクタイの結び方 まとめ

・就職活動や面接に向いている結び方は「プレーンノット」「ダブルノット」
・さらに「ウィンザーノット」を覚えておくと便利
・結び目は左右対称になるように
・ディンブルを作ってより美しく魅せる努力を!

就職活動の面接では、清潔感・着くずれなどをバッチリ見られています!
お堅い職業の場合は特にその傾向が強い様子・・・
ネクタイだけでなく、スーツもびしっとキレイに着こなせるようにしておきましょう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年おせち早割予約開始!

2018年おせち早割予約開始!
U-NEXT

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン↑↑

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る