こどもの日の由来と意味~わかりやすい説明で子供の「ナンデ?」に…

スポンサーリンク

こどもの日の由来と意味を子供にわかりやすい説明で…

5月5日は「こどもの日」ですね。

こどもの日、特に男の子がいるご家庭では、かぶとを出して飾ったり、
ちまきを食べたりと、お祝いムードが高まる日でもあります。

 

大人になると「ゴールデンウィークだー(#^.^#)」
ぐらいの意識しかなくなる物ですが^^;、
実は5月5日は「端午の節句」という古くからある大事な節句の一つ。

3月3日の「桃の節句」などと同じ、厄払いの日だったんです。

 

こどもの日の由来は厄払いにあった
出典

 

子供が大きくなって「5月5日てなんでこどもの日なの~?」と聞いてきたら、
きちんと答えてあげられるよう、正しい意味をや由来を知っておきたいものです。

それでは、あなたが小さな子でもわかりやすい説明がしてあげられるように
なるべく分かりやすくこどもの日の由来と意味についてお話していきますね^^

 


スポンサーリンク

 

「こどもの日」の由来と意味

こどもの日=端午の節句の由来をさかのぼっていくと、
古代の中国にいきつきます。

もともと節句の行事は中国の暦や習慣が日本に入ってきたものが多く、
端午の節句もその一つなんです。

古代の中国では、5月=物忌みの月

そのため、端午の日(端=最初・午=うまという意味)、
つまり5月の最初の午の日に、厄払いを行っていました。

そして「午(ご)」=「5日」と変化し、
5月5日に厄払いが行われるようになったと言われています。

5月5日には厄除けをしていた

 

 

日本では奈良・平安時代あたりから五節句
(1月7日=人日、3月3日=上巳、5月5日=端午、7月7日=七夕、9月9日=重陽)
が行われるようになりました。

そして、5月5日は薬草や菖蒲で体の穢れや厄を払い落す、
という厄除けの行事
が武士の間で盛んになっていきます。

 

さらに時代が変わると、
武家の間で「菖蒲=尚武(しょうぶ:武をたっとぶという意味を持つ)」とかけて、
男の子の成長を祝う日として広まっていきます。

江戸時代になると、この日は仰々しい恰好で江戸城へ出向く日になりました。

 

この風習が一般庶民、特に裕福な庶民を中心に広がっていき、
幟をたててはいけない庶民は「こいのぼり」を断てるようになりました。

武者人形やかぶとを飾るようになったのもこのころだと言われています。

 

 

5月5日が「こどもの日」になったワケ

長い間「端午の節句」として認識されていたこの日が、
「こどもの日」として制定されたのは昭和23年(1948年)です。

「子供の成長を祝い、人格を重んじ幸福を測るとともに、親に感謝をする日」

こんなコンセプトの元、祝日として定められました。
昔から風習のあった日を祝日にしたんですね。

いまもこどもの日は、
「男女問わず子供の幸せを願い、成長を祝う日」として認識されています。

 

つまり、5月5日がこどもの日になった由来や意味をわかりやすく解説をすると

・中国の厄払いの行事が日本に
・5月5日は菖蒲湯や菖蒲酒で厄払いをする日になった
・菖蒲=尚武とかけて、男の子の成長を祝う日に変化
・祝日に制定され、男女問わず子供の成長を祝う日になった

こんな説明が適当でしょうか。

 

小さなお子様にとってはわかりやすい説明とは言いかねるかもしれませんが^^;
「昔の厄払いが子供の成長を祝う日・幸せを願う日に」ということが
伝わればイイと思います。

小さな子供は「なんで?なんで?」と、なんでも疑問を持って聞いてくるものです。
めんどくさがらず、ちゃんと説明してあげてくださいね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「デキる女」は夏の美容対策もひと味ちがう!

夏の紫外線対策

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る