端午の節句とは 兜を飾る意味は?~男の子の健やかな成長と前途を祝して~

スポンサーリンク

端午の節句とは 兜を飾る意味は?

5月5日はこどもの日。
大人にとっては連休の1日にしかすぎませんが^^;

この日は『端午の節句』といって、
昔から子供の成長を祝う日として重要な位置を占めてきました。

こどもの日には兜やこいのぼりを飾って子供の成長を祝います。
特に男の子にとっては重要な節句の日です。

 

しかし、端午の日とはいったい何でどんな意味があるのか?
そしてなぜや鯉のぼり、甲冑を飾るのでしょうか?

 

端午の節句 兜を飾る意味とは?

そんな疑問に答えられる人は少ないはずです^^;
こどもに聞かれたときにちゃんと答えられるようにしておきたいですね。

 


スポンサーリンク

 

端午の節句って?

もともと端午とは・・・
月の端(はじめ)の午(うま)の日という意味です。

古来、中国で行われていた厄払いの行事が日本に伝わり、
奈良時代から平安時代にかけては、
病気や災厄を避けるための行事が行われていました。

最初は庶民の行事ではなく、宮廷の行事だったんですね。

 

菖蒲を飾ったり、ヨモギを採ったりと、
厄除けのためのさまざまな行事が行われていたようです。

それが武家へと移ったのが鎌倉時代。

「菖蒲」と「尚武(=武をたっとぶ)」をかけて、
端午の節句を特に重要視するようになります。

 

時代の変遷の中で、
薬草を摘んで厄を払うという意味合いの強かった端午の節句の行事が
「男子の誕生の祝い」へと結びついていきます。

 

特に戦国時代は男子の誕生は非常に重要なもの。
健やかに育ち、強い男になってほしいという親の願いも強かったはずです。

この時代から、端午の節句は重要は男の子のお祝いとして定着しました。

 

江戸時代になるともっと仰々しい行事へと変化します。
大名や旗本が江戸城にあがり、将軍への拝謁やお祝いを奉じる日となりました。

将軍に男子が生まれればそれをお祝いし、
贈り物を贈り、大名や旗本の玄関前には幟や馬しるしをたててお祝いする、
という風習が定着していきます。

 

 

端午の節句にかぶとを飾るワケ

こういった武士の風習は広く一般に広まり、表玄関に幟を飾るだけでなく、
厚紙で作った人形や兜が作られるようになります。

『兜が出てくるのはこのころですね。』

江戸時代中期になると、鯉のぼりが町人の間で流行っていきます。
これは武家が御殿の玄関前に立てる幟に対抗したもので、
このあたりからいろんなデザインや飾り物が生まれてきます。

 

兜は、武者人形とともに端午の節句の飾りとして浸透していきました。

武者人形や兜を飾るようになったのは、
男の子の前途を祝すお祝いだからと言われています。

どちらも「強い男になれますように」という願いが込められています。

 

 

今は、狭い住宅事情を反映してか、武者人形を飾る家は少なくなったようです。

出し入れが大変ですし、
お祝いといってもせいぜい10歳になるぐらいまでしか飾らない・・・となると、
小さな兜か兜の置物を選ぶ人が多くなってきたようです。

 

コンパクトサイズ兜↓

コンパクトな兜

商品の詳細

 

しかし、男の子の成長を祝い、前途を祝す意味でも、
伝統の飾りを飾ってあげたいですね。

置物や小さなものでも構いませんから、
鯉のぼりや兜を飾って、お祝いの意味を伝えてあげましょう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

毎日勉強を続ける子どもが続出中!!

学力に差がつく夏休み!

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る