暑中見舞いと残暑見舞いの違いは?出す時期はこれが正しい!

スポンサーリンク

暑中見舞いと残暑見舞いの違い、時期や言葉遣いを知って恥をかかないお見舞い作りを!

暑中見舞いとは暑い夏に「お体を壊しませんように」と相手を気遣う
ご挨拶・お見舞いのこと。

毎年、夏になると必ず暑中見舞いをくださる方もいます。

いまは暑中見舞いを送る人が減ってきているので、
わざわざハガキでご挨拶をいただくというのが心に響きますね。

若い方でも、丁寧に暑中見舞いを下さる方、いますよ!

 

では、暑中見舞いっていつからいつまで出すものか、知っていますか?

(´・ω・`)「7月の終わりごろじゃないの?」

そうなんですけど。。^^;

暑中見舞いの時期と残暑見舞いの時期

 

一応、暦の上で「このあいだが暑中見舞い」っていうのが
決まってるんですよ。

みんな、だいたい7月の終わりごろまでに出すという認識ですけど、
一定の時期を過ぎたら「残暑見舞い」になります。

 

では、暑中見舞いと残暑見舞いの違いって・・・?
残暑見舞いはいつまで出して大丈夫なものなんでしょうか?

この二つの違いについて、調べてみました。
暑中見舞いを出そうと思っている方はぜひ確認しておいてくださいね。

 


スポンサーリンク

 

暑中見舞いと残暑見舞いの違いは?

暑中見舞いと残暑見舞いは、どんな違いがあるんでしょうか。

この二つは、
「暑い時期に健康を気遣う便りをだして近況を報告し合う」
という意味合いのもの。

つまり、出す意味に違いはありません。
違いがあるのは、それぞれを出す時期です。

 

暑中見舞いを送る時期

暑中見舞いの「暑中」とは、二十四節季の「小暑(しょうしょ)」
「大暑(たいしょ)」に当たる期間のこと。

暑中に出すお見舞いなので「暑中見舞い」という言うんです。

梅雨が明けた後、夏の土用の期間(立秋前の18日~19日間)に
出しましょう。

2014年の暦では夏の土用は7月20日~8月6日です。
暑中見舞いを出す方は、この期間に出しましょう。

 

残暑見舞いを送る時期

これに対して残暑見舞いは「立秋」を過ぎてから「処暑」までが目安。

処暑は聞きなれない言葉ですが、これも二十四節季の一つ。
立秋の次が処暑です。

暦によって変動しますが、いまの処暑は8月23日。

実際には「処暑の候」と言われる8月23日~9月6日ごろまで
残暑見舞いを出すことができます。

つまり、残暑見舞いを出せる期間は8月7日~9月6日ごろまでですね。

 

 

暑中お見舞いや残暑お見舞いを出したい方は、
くれぐれも出す時期を間違えないように!

間違えると非常に恥ずかしいので^^;
二つの違いはしっかりと頭に入れておきましょう。

暑中見舞いと残暑見舞いの違い分かりましたか?

 

また、暑中見舞いには「盛夏」という言葉を使いますが、
残暑見舞いには使いません。

あくまでも立秋を過ぎて暑さが和らいできた時期に出すもの・・・
という位置づけなのが残暑見舞いですから、

使うのは「晩夏」「立秋」など。
秋を感じさせる言葉を使うのが正しい表現です。

 

こういったお見舞いの文章は形式や出す時期を間違えると
失礼にあたることもあります。

目上の方や会社の方に出す場合は特に気を付けて!

出していい時期や言葉遣いの違いなど、
必ず一度確かめてからお見舞い作成してくださいね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「デキる女」は夏の美容対策もひと味ちがう!

夏の紫外線対策

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る