節分の豆まきの由来 ~豆まきには隠された重要な意味があった?~

スポンサーリンク

節分 豆まきの由来

2月3日は「節分」ですね。
節分にする事といえば?
そう、豆まきですよね^^

家族でワイワイ豆をお父さんにぶつけるのがお決まりになってますが(^_^;)

mamemaki

 

節分の由来には、本来『季節を分ける』という意味があります!
つまり季節が移り変わる節日を指しているんです。

元々節分は、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日、
1年に4回あったらしいですが、
日本では立春が1年の始まりとして、特に尊ばれた為に、
次第に節分といえば春の節分のみを指すようになったそうです☆彡

 

平安時代の宮中では、
大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める
「追儺(ついな)」の行事として行われていました。

悪鬼を払い、疫癘(えきれい)を除いて新年を迎える儀式が節分の由来です。

室町時代以降は豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展していき、
民間にも定着していったそうです。

 


スポンサーリンク

 

どうして豆をまくの?由来は?

立春の節分に豆をまく「豆まき」の行事は、平安時代の宮中の行事
「追儺(ついな)」から来ていて、中国から伝わった風習なんだって!

ついなの行事は、「鬼やらい」「なやらい」「鬼走り」「厄払い」
「厄おとし」「厄神送り」などと呼ばれています。

疫病などをもたらす悪い鬼を追い払うと言われてきました。

yakubarai
出典:宝珠山 龍造寺

 

現在の節分の日に私たちは鬼のお面に向かって豆まきをしますが、
これは中国の由来・習俗が伝わったものとされています。

豆には「魔滅(まめ)」に通じていて、
無病息災を祈る意味があるんですよ
ヽ(*´∀`)ノ

 

昔、京都の鞍馬に鬼が出たときに、毘沙門天のお告げによって
大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っています。

「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて
「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるという事なんですって。

 

 

豆まきに使う豆はどんな豆でもいいの?

豆まきに使う豆は炒った豆じゃないといけないんだとか!
『それはなぜか?』

生の豆を使うと拾い忘れた豆から芽が出てしまうと
縁起が悪いとされているからなんです
><

「炒る」は「射る」にも通じています。

mane

 

また、鬼や大豆は陰陽五行説の「金」にあたり、
(「木」「火」「土」「金」「水」の五行)
この「金」の作用を滅するといわれる「火」で大豆を炒ることで、
鬼を封じ込めるという意味があります。

たかが豆まきと思っていましたが深い意味があるんですね☆彡

だからお店で売っている節分用の豆も炒ってある豆なんだぁ~!
なるほど、納得出来ましたヽ(・∀・)ノ

 

豆まきといえば・・
「福は内、鬼は外」と決まり文句で撒くのきますが、
なんと室町時代から「福は内、鬼は外」と言っていたそうですよ^^

oniwasoto

 

豆まきって歴史がある行事なんですねヽ(・∀・)ノ
いや~勉強になりました♪

 

 

豆まきの由来をまとめると・・

節分の日に豆まきをする風習は平安時代から行われています。
そして「鬼は外、福は内」と言いながら豆まきをするようになったのは
室町時代からだそうです。

節分の豆まきって歴史があることがわかりましたヽ(・∀・)ノ

 

豆まきの豆は炒った豆を使用する事!
生の豆を使うと拾い忘れた豆から芽が出てしまい
縁起が悪いとされているからです><

豆まきをする際は炒った豆を使うようにしましょうね^^

そして豆まきが終わったら年の数の豆を食べて無病息災を祈りましょう!!
数え年だから現在の年寄り1つ多く食べてくださいね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

1分で一番安い引越し会社が見つかる

2017年のお引っ越しの際は…

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る