節分で豆まきをする由来 『そもそも節分とは?』子供さんにも分かるように^^

スポンサーリンク

節分 豆まき由来とは…

2月3日は節分の日。

昔は子供が「鬼は~外~!」と言いながら豆を投げ、
鬼役のお父さん(本当は年男の人)を追い払い、
自分の年の数だけ豆を食べる、
という習慣をきっちり守っていたものです。

節分と言えば豆を食べる日だと思ってました^^;

豆は播いてから食べよう!

 

最近では「恵方巻きを食べる日」として認識している人も多いですね。
関西発祥の行事である恵方巻きを食べる習慣は、
ここ数年ですっかり全国に認知されましたよね。

今ではスーパーやコンビニなどで大々的に恵方巻きが販売されています。

いろんな恵方巻きが販売されていて、すごくおいしい!!
『私は節分の楽しみの一つです♪』

 

そんな訳で、行事のひとつとして認識されている節分なんですが、
そもそも「節分」とはいったいなんなんでしょうか?

・・・私も正確には分かりません(-“-;

節分も近いことですし、
子供に聞かれた時に答えられないのもチョットなので、、
この機会に節分や豆まきの由来について調べてみました♪

 


スポンサーリンク

 

節分の由来

節分とは、
本来は「季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日」を指します。
つまり、節分は1年に4回あるんです( ̄ー ̄)

ですが、室町時代以降は立春(2月4日)の前日のことを指すようになり、
鬼をはらう豆まきの行事だけが残っていきました。

 

暦の上では春となり、
新しい年を迎えるのと同じぐらい重要なのが立春です。

邪気なんか残してはならぬ!ということで、、
「鬼やらい」と呼ばれる豆まき(昔は豆うちと言ったらしいです)が
必ず行われていたわけです。

 

『なんで節分に鬼が出てくるのかというと、、 』

季節の変わり目には鬼(邪気)が出ると言われていたから。
季節の変わり目は風邪をひきやすくなったり、体調を崩すことが多い、
という意識もこの辺からくるのかもしれません。
(実際体調崩れやすいですしね^^;)

 

日本には昔から四季を強く意識した行事がたくさんあります。
季節の変わり目を強く意識し、また大切に扱ってきたことが良くわかります。

 

 

播く豆は「炒り豆」じゃないとダメ!

節分には昔から厄除けに最適と言われている大豆を使います。
お米よりも大きく、魔滅(魔を滅する)=まめにも通じるため、
神事によく用いられてきたのが大豆なのです。

 

炒り豆ですが、
生の豆だと拾い忘れた豆から芽が出てしまうことがあり、
『これでは縁起が悪い!』ということで、
必ず炒り豆を用いるようになりました。

せっかく悪霊や邪気を払ったのに、
また芽が出てそこから邪気が出たら・・・
と警戒したんでしょうね。

魔滅

 

また「炒る」は「射る」にも通じます。
魔滅=まめの由来と言い、言葉とその意味を昔の人がすごく大切にし、
心を配っていたことが良く分かるエピソードだと思いますね。

 

 

普段はなんとなく豆を食べて恵方巻きを食べて・・・
なんてのんきに節分を過ごしている現代人ですが、
昔の人が大切にした節分の意味を思い返しておきたいものだと感じます。
space
暦とその意味は、学校では教えてくれない昔の日本の心そのもの!
少し意識するだけで四季の感じ方が変わってきそうです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「デキる女」夏の美容対策もひと味ちがう!

夏の紫外線対策

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る