お中元とお歳暮の違い!~贈る時のマナーやお返しについて~

スポンサーリンク

お中元とお歳暮の違いって?~失礼にならない贈り物のマナーを覚えよう!~

「やったー!ジュースだー!」
「果物が届いた!私が食べよう♪」

などなど、お中元やお歳暮の時期になると、
その品物に一喜一憂しているご家庭も多いんじゃないでしょうか。

私も小さい時は、一番人気のジュースが来ると大喜びしてました(笑)

 

大人になってみると、
お中元やお歳暮を贈ることの大変さやうれしさなどが良くわかります。

贈る手配はなかなか大変なんですけど^^;
いただくと本当にうれしいものです。

でも、お中元とお歳暮って両方贈ったほうがいいのかな~?と悩むことも。

 

お中元とお歳暮の違い

 

二つとも贈るって変かしら?どっちか片方にするならどっちがいいの・・・?
などなど、贈る側ならではの悩みもあります。

お中元とお歳暮ってどんな違いがあるんでしょう?

 


スポンサーリンク

 

お中元とお歳暮の違い

お中元の起源は中国の道教と日本の仏教の儀式の融合、
お歳暮の起源は新年のお供え物を本家に持っていく習慣や得意先への
贈答の習慣から来ています。

起源は違いますが、
もともとはどちらも神様へのお供えや、お世話になった方への贈り物です。

 

では、贈るものに違いはあるのでしょうか?

これは時期的な違いが見られますね。
お中元は夏の贈り物なので夏に向けてビールや冷菓、
スタミナの付く食べ物や、お肉、フルーツが主流です。

これに対してお歳暮は冬の贈り物なので、
カニや魚介類などの鍋に適した食べ物、お肉や日本酒、
産地直送の味覚などが多いようです。

 

両方に贈る場合、
お中元は食べ物だったから、お歳暮は違うものじゃないと・・・
と考える方がいますが、両方食べ物を贈っても問題ありません!

食べ物は贈り物として無難ですし、必ず喜ばれるので商品としても人気です。
贈る方のご家庭の状況に合わせて、喜ばれそうなものを贈ってあげましょう。

 


スポンサーリンク

 

お中元とお歳暮のお返しはどうする?

お中元やお歳暮をもらった時にはお返しをしないといけないの?
そんな疑問を持つ方もいるでしょうね。

普通、何かのお祝いをもらったら
「内祝い」などとしてお返しをするのが一般的ですから、
どうしてもお返しが必要なのでは?と考えがちです。

ですが、お中元とお歳暮は感謝の気持ちを表すもの。
基本的にはお返しは必要ありません。

 

ですが、必ずお礼状は書きましょう。
御礼状は品物が届いたらすぐに出すのが大切!

間が空くと失礼になってしまいますし、
先方もちゃんと届いたかどうかが気になりますので、
お礼状はすぐに書く!が鉄則です。

 

お中元やお歳暮を贈っていない相手からお歳暮が届いたので、
どうしてもお返しをしたい。

そんな場合は、半額程度のものを贈りましょう。

季節の果物やスイーツ、洋菓子、洗剤など、手軽に使えるものがいいですね。
あくまでもお礼の気持ちですから、堅苦しくならないものをお返ししましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

完売続出!間もなく早割価格終了!!

2017年おせち早割予約

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

期間限定☆バカ売れズワイガニ

お正月のおもてなしに!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る