気になるお年玉の中身 年齢別の相場はいくら?

スポンサーリンク

お年玉の相場 年齢別

子供たちが毎年楽しみにしているお年玉ですが、
大人にとっては毎年悩みのタネでもあります。

お年玉に関する悩みには、予算とか出費とか親戚付合いとか色々ありますが、
中でも大きな悩みといえばやはり、「ぽち袋の中身、いくら入れたらいいの?」

お年玉の金額や相場についてではないでしょうか?

お年玉の金額って難しいんですよね。
特に悩むのは、我が子にあげる場合よりも、甥や姪など親戚の子にあげる場合

他所の家庭の教育方針などにも関わることなので、
無暗に高い金額をあげればいいものでもないですし、
また、お互いに子供がいる家庭同士なら、お年玉はあげるだけでなく
自分の子供にも貰うものなので、貰った額よりあげた額の方が少なすぎる…

特に悩むのは、我が子にあげる場合よりも、甥や姪など親戚の子にあげる場合

なんてことになっては、人間関係や親戚付合いのトラブルの種になりかねません。

というわけで今回は、悩みがちなお年玉の金額のについて、
年齢別の一般的な相場をご紹介します。

全く幾らにしていいか分からなくて困っている時は、
こうした相場を参考に、少なくとも金額が非常識になるいうことはありません。
また、気持ち的にも「これが相場だから!」と、堂々お年玉を渡せますよ^^;

そんなお年玉の年齢別相場、分かりやすくまとめてみましたので、
お年玉の中身でお悩みの方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 


スポンサーリンク

 

お年玉の金額は?年齢別の相場のご紹介!

お年玉の年齢別相場を分かりやすくまとめてみました。

 

乳幼児、園児

赤ちゃんや幼稚園児くらいまでの子へのお年玉の相場は、
500円~1,000円未満となっています。

ただし、この年齢の子へのお年玉は、
金額よりもまず先に「あげる」「あげない」の判断が必要なんです。

まず、絶対にあげるべき、というケースは、
「自分の子供が、この年齢の時にお年玉を貰った」場合。

これは、過去に頂いた分のお返しになりますので、
自分の子供が貰ったのと同じ額を、相手のお子さんにも渡しましょう。

乳幼児・園児のお年玉相場

これ以外では、相手の子や家庭との関係性とか付き合いの深さ、
また親戚間の考え方などに合わせて、あげる・あげないの判断をします。

しかし、考え方は人それぞれなので、何が正解というのはありません。

「お金の概念が分かる年齢になってからあげる」という人もいれば、
「これで玩具や絵本でも買ってね」という気持ちで親に渡すとか、、

また、親戚の間で、「お年玉は幼稚園から」とか、
決まりごとがある場合もありますので、ちょっと訊きづらいかもしれませんが、
乳幼児や園児へのお年玉については、あげる・あげないを、
配偶者や周りの親戚などに確認してみることをおすすめします。

また相手の子の親が自分の兄弟など近い相手なら、
直接「◯ちゃんにお年玉あげてもいい?」などと訊いても大丈夫です。

 

 

小学生(低学年)

小学校低学年の子のお年玉の相場は、
1,000円~2,000円未満となっています。
多くても3,000円くらいまでという方が多いですね。

小学生(低学年)のお年玉相場

この相場は、全学年一律の金額では無くて、
1~2年生の子は1,000円、3~4年生の子は2,000円、とか
ちょっとづつ増やす感じで渡している、という意見が多かったです。

また、このくらいの年齢って、お金の価値がきちんと分かっている子と、
そうでもない子の差があります。

自分でお金(おこづかいなど)を管理しながら好きなものを買う、
ということをしていない・出来ない小学校低学年なら、
お年玉は相場以下の500円とか1,000円くらいが妥当、
という考えの方も多いです。

この辺も、それぞれのご家庭の考え方や、周りに合わせるなどしながら、
相場も参考にしつつ上手に金額を決めましょう。

 

 

小学生(高学年)

小学校高学年のお年玉の相場は、
2,000円~3,000円未満となっています。

小学生(高学年)のお年玉相場

小学生も5年6年生ともなれば、欲しい物のために貯金をしている子や、
毎月のおこづかいで買い物をしたり、
お金のやりくりや使い方がしっかりしてきますので、
それを踏まえてお年玉の相場もUPします。

行動範囲が広がり、お友達との付き合いも増えると共に出費も増えますので、
ある程度まとまった額を貰えるお年玉は、
この年代の子供にとっては重要な収入源なんですよね^^;

ですので、奮発して4~5,000円くらいあげる、という人も居るみたいです。
血縁関係の近さや親密さとかで臨機応変に変えてみると良いですよ。

 

 

中学生

中学生のお年玉の相場は、
5,000円~10,000円未満となっています。

中学生のお年玉相場

小学生と比べると、グッと高額になりますが、
中学生になると更に交友関係や行動範囲が広がり、自分で服を買ったり、
友達と飲食したり、大人に近いお金の使い方をするようになるので、
お年玉もこのくらいの金額が妥当だと考える方が多いですね。

ちなみに、相場は5,000円~10,000円と上下に開きがありますが、
1年生から3年生であげる金額を変えるという人は少なく、
一律5,000円とか、一律10,000円とか、同じ額を渡す人が多いです。

親戚に中学生以上の子が多いと、お年玉をあげる大人としては
予算の確保が結構大変なので、秋くらいから覚悟を決め積立したり^^;
周りの親戚と金額について相談したりするのが良いかもしれませんね。

 

 

高校生

高校生のお年玉の相場は、
5,000円~10,000円未満となっています。

高校生のお年玉相場

この相場は中学生の相場と同じですが、
これは、「お年玉を何歳まであげるか」というアンケートによると、
「高校生まで」、次いで中学生という回答結果が関係します。

共に最後のお年玉を貰える学年(学校)になることから、
金額の相場も中学生・高校生あたりで頭打ちになるようです。

また、高校生になるとアルバイトが出来るので、
親戚の間で「お年玉はそんなに高額でなくていい」というルールを
暗黙に?設けているところもあるようですね^^;
そういった理由も含めて、平均金額にこの辺りに落ち着いているのでしょう。

お年玉はお互い様で渡し合うものなので、お返しなどを考えた場合、
お年玉の額が1人何万円にもなると、渡す方も渡される方も大変ですしね。

ちなみに、金額は相手の子との血縁関係によっても細かく変わるようです。

孫や甥姪など近い血縁の子なら10,000円とか、
年の離れた従兄弟なら3,000円とか、基本的に近い血縁は高額寄りで、
遠ければ金額は低くする人が多いです。

 

 

大学生

大学生は、「もう大人なんだからあげない!」という考えが多いです。
あげる場合の相場は10,000円となっています。

大学生のお年玉相場

しかし、実際にはアルバイトをしても金銭的余裕が無い大学生も多いので、
貰う立場としてはお年玉は貰えると大変ありがたい、と思う子が多いです。

ただ、渡す側の意見は、成人もしくは成人近い大人な年齢ですから、
「お金が足りなければ自分でバイトなどで稼ぐべきである!」
という考えの方が優勢ですね。

こうした理由もあっての結果なのか、
相場的には、高額過ぎず低額でもない10,000円になっています。

ちなみに、平均相場は10,000円とはなっていますが、
「学生だから一応あげるけど、本来はもうあげない年齢だから、
3,000円~5,000円でいいよね」という感じで
高校生の頃よりも逆に金額を下げる、という人もいます。

ですので大学生に関しては、
相場にとらわれ過ぎずに、ご自身の考えで金額を決めると良いですよ。

 

 

 

お年玉に相場はあるが無理は禁物!

お年玉の金額について、年齢別の相場をご紹介してきましたが
懐事情は人によって違いますから、相場よりも低い金額しかあげられないとか、
相場を守ろうとすると懐が厳しい場合もありますよね。

たとえば、1~2人しか居ない孫や甥姪にあげるなら奮発することもできますが、
親戚が多く子供の人数も多い場合、
相場の金額を守ってお年玉をあげようとすると、合計するとかなりの金額になります。

子供が喜ぶお年玉も、親戚付合いでもある、ということを考えると、
あまり無理をするのは親戚関係を悪くさせることに繋がりかねません。

もし、子供の数が多い場合は、
親戚同士で話し合ってお互いに相場より低めに設定したりするのも、
良い方法ですよ

お年玉は義務ではなく、あくまで気持ち!

それ以前に、無理をしてまでお年玉の額を高くする必要はありません。
なぜならお年玉は義務ではなく、あくまで気持ちだからです!

ある程度相場は意識しつつも、あげる人の身の丈にあった金額というのが、
あげる方も、貰う方も、一番気持ちよくやりとり出来る「お年玉交換」
ではないかなと個人的には思います。

 

 

以上、お年玉の年齢別の相場についてご紹介しました。
お年玉の金額にお悩みの方は、ぜひ参考にして頂ければと思います。

相場の金額についてあれこれ書いてきましたが、
あくまでこれは「一般的にはこのくらいにする人が多い」という金額です。
冒頭にも書きましたが、全ての家庭に当てはまるものではありません。

でも、把握しておくことで、
甥や姪などへのお年玉の金額について周りに相談できる人がいない、
なんて場合にはとても役立ちます。

お年玉って、あげる立場になると、正直毎年懐が痛んで辛いな~と思いますが、
それでも、あげた時の子供の笑顔を見ると、
「あげてよかった」と思えますし、お年玉あげたいなって思ってしまうんですよね。

自分が子供の頃を思い出すと、祖父母や親戚が集まる賑やかな場で、
「ニコニコした親戚のおじさん・おばさんから、お年玉を貰った」ということ自体が、
嬉しく懐かしい思い出として残っています^^

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

2018年おせち早割予約開始!

2018年おせち早割予約開始!
U-NEXT

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン↑↑

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る