お年玉はいつまであげる?いつまでもらう?あなたのところは?

スポンサーリンク

お年玉いつまであげる いつまもらう

お正月の定番といえば。
おせち、お雑煮…と続いて「お年玉」!ですね。

私も子供の頃、お正月の一番の楽しみといったらお年玉でした。
1年の中で、一番お金が貰えましたからね^^

リアルなお金の計算はお年玉で覚えたんじゃないかな…?

そんなお年玉、貰う側として気になるのは「いるまでもらえるのか?」
渡す側の立場なら、「いつまであげるのか?」ですよね。

いつまであげ、いつまでもらうのか、世間一般の声

もらう側の子供は、できればずっと欲しいところですし、
渡す側としては、結構な出費ですから、妥当なところで終わりたい。

お正月のお目出度い風習ですが、相反する関係のことですから、
こうした事はハッキリ認識しておかないと後々しこりを残しそうな気がします

そこでここでは、いつまであげ、いつまでもらうのか、世間一般の声、
そして、お年玉の由来や相場についてもこの機会に調べてみました。

さて、あなたの認識は、世間の常識でしょうか?

 

 

「お年玉」というのは、いつから始まったのか?由来は?

お年玉というのはなぜ現金なのでしょうか?
これには由来に関係するようです。

「たま」とは、「たましい」のことであり、
「としだま」とは新年をつかさどる年神への供え物の下げられたもの
であると民俗学的には説明されています。

現在のようにお年玉として現金を渡すようになったのは
商家でお正月に使用人におこづかいを渡したことが始まりという説がある。

「お年玉」というのは、いつから始まったのか?由来は?

まとめると、お年玉とは本来、年神様に供えたお餅を下げて、
神様からの賜りものとしていただいた「身祝い」のことで、
この「身祝い」が子どもたちに送るお金を指すようになりました。

子どもに金銭を与える風習は日本だけでなく、アジア諸国でも見られる。
中国では“圧歳銭”と呼ばれる。

…というのがあります。

 

 

お年玉の平均相場は?

乳幼児(3才以下)1,000円
幼稚園(4~6才)2,000円
小学校低学年(7~8才)3,000円
小学校中学年(9~10才)3,000~4,000円
小学校高学年(11~12才)3,000~5,000円
中学生(13~15才)5,000円
高校生(16~18才)5,000円
大学生(19~22才)10,000円

というふうになっています。
あくまで相場なので、
家庭の懐事情やお付き合いの程度によって差はあります。

 

 

お年玉はいつまでもらう?いつまであげる?

アンケートによると、18歳までが最も多い結果となりました。
出典:気になる隣のお年玉

アンケートによると、18歳までが最も多い結果となりました。
以下、意見や皆さんの家の事情を上げてみました。

 

高校卒業まで派

18歳になり、高校卒業のタイミングでお年玉をあげるのを終了している。

高校を卒業すればバイトも自由にできるし、社会人になる子どももいるし、
社会的にも実質大人と扱われるのでお年玉は高校生までと
親戚の間で決めています。

高校卒業後にすぐ就職したからお年玉を貰う理由がない。
進学していたとしてもバイトをたくさんできる年齢なので
どのみち貰えなかったと思う。

 

20歳(成人)まで派

20歳まで。自分は高校卒業後に働き始めたので、
社会人になってからのお年玉は断ろうとしたが、
未成年のうちはありがたいことに貰えていた。

親戚中で学生でも20歳までと決めていました。
学生のうちは渡すとなると大学院まで行っても渡す羽目になってしまいそうなので
成人で区切りをつけている。

 

大学卒業まで派

成人しても勉強しているうちは生活力がないので、
学生のうちはあげることにしている。

親に養ってもらっている内はまだ子供だから、
ということで私の家では大学を卒業するまで貰える事になっています。

 

中学卒業まで派

私は中三まででした。
高一になってバイトを始めたら、親に自分で稼いでるんだからあげないよ」
と言われました。

バイトをしない高校生はしょうがないとして、
バイトをしている高校生は貰うべきではないと思います。

うちのかみさんの弟は大学生(21歳)なのに、
お年玉を貰っているのは納得がいきませんね。
義理の父母はお年玉を三万円もあげているようです。

うちの親戚の取り決めは中学生まででした。
高校生になってからは親からしか貰っていません。
一般的には高校生まででいいと思います。

 

大人になっても貰っている^^;

父親が「結婚するまでは子供」と言って、結婚するまで貰っていました。
父の父(祖父)も同じ考えで、父に結婚前まであげていたそうです。
なので私も年齢を決めることはないと思っています。

あげる人があげたいと思う限り、
あげたい気持ちがなければ中学生でもあげません。

中年になりましたが、今も義母と母が毎年くれますよ。
魏姉も貰っているようだし、私は義母や母に誕生日や母の日を送るので
そのお返し?みたいな感覚でお年玉をくれるのでしょう。

 

 

色んな考え方がありますね。
マナー的にはお年玉をあげる年齢に決まりや制限はありません。

「あげる対象の子どもの年齢」ではなく、「お付き合い関係の度合」によって
判断するのが一般的な考えのようです。

懐具合や子供の数や年齢などで平等にすべきかどうか
考えるところはあると思いますが、、
あげる方が自由に決めていいことかもしれませんね。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

2018年おせち早割予約開始!

2018年おせち早割予約開始!
U-NEXT

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン↑↑

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る