お年玉は赤ちゃんには渡すの?幼稚園児の相場は幾ら?

スポンサーリンク

お年玉の相場 赤ちゃんや幼稚園児

クリスマスにお正月、
年末年始は楽しいイベントがいっぱいですね!

…楽しいけれど、その分、出費もかさみます。
特に侮れない出費が「お年玉」

親同士の付き合いにもかかわってきますから、
誰にどのくらい渡せばよいのか…悩ましいところです^^;

あまりにも高額だと相手に負担をかけてしまいますし、
かと言って、少なすぎて
「けちくさい!」なんて思われたくもないですよね。
なかなか難しい問題です!

とりわけ難しいのが、赤ちゃんや幼稚園児。

とりわけ難しいのが、赤ちゃんや幼稚園児

生まれたばかりの赤ちゃんにお年玉をあげる必要がある?
まだお金の価値がしっかり理解できていない幼稚園児には
いくらあげればいいの?

…などなど、みんなどうしているのか、相場が気になります。

そこで、今回は
赤ちゃん~幼稚園児のお年玉の相場をリサーチしてみました!
参考にしてみてくださいね!

 

 


スポンサーリンク

 

お年玉の相場『基本相談で!』

誰にも彼にもあげていると、きりがなくなるお年玉。
みなさん、どのぐらいの間柄まで渡していますか?

リサーチしてみたところ、
親戚の子どもまで、という意見が多いようです。

親しい友達の子どもにもあげる、という意見もありましたが、
やはり「きりがなくなり負担になる」「お互いに気を遣う」
などの理由で親戚以外にはあげない、という人が大多数です。

親戚同士で金額に悩むときは、
やはり相談するのが一番良い方法でしょう。
毎年のことですから。。

予め取り決めをしておけば来年からは悩まずにすみますよね。

予め取り決めをしておけば来年からは悩まずにすみますよね。

もし悩んでいるのが義理の親戚側なら、
親族間ですでにガイドラインができていることが多いですから、
とりあえず相方に聞いてみましょう。
あっさり解決するかもしれません。

ただし、男性はそういったことに疎い場合もありますから、
義理のお義母さんに聞いてみる方が確実です。

ちょっと相談しづらい親戚だったり、
毎年会うわけではない相手だったりするのならば、
やはり世間の相場通りに渡すのがいいですね。

では、『世間の相場』を探ってみましょう!

 

 

 

お年玉は赤ちゃんには渡す?渡さない?

生まれたての赤ちゃんにお年玉をあげたって、
握ることすらできないですよね。
そんな赤ちゃんにもお年玉はあげるべきなのでしょうか?

もし、あなたのお子さんが赤ちゃんの時に
お年玉をもらったことのある人の赤ちゃんならば、当然あげるべきです。

金額は、もちろんその時もらった相当額ですよね。

そうでない場合、0才から2才ぐらいまでの赤ちゃんには
「あげない」という意見も少なくありません

相場としては500円~1,000円が妥当なようです。

また、あげるにしても「親に渡す」という意見が大多数。
どうしても本人に渡したいのなら、必ず親の前で渡しましょう。

相場としては500円~1,000円が妥当なようです。
実質的には500円玉か1000円札か、というところですね。

ただ、親に渡すのであれば「500円玉ではちょっと格好がつかない…?」
と思う人もいるかもしれません。

そんな場合は、
図書券やこども商品券(いわゆるおもちゃ券)がおすすめです。

図書券やこども商品券(いわゆるおもちゃ券)

 

長男がまだ生まれたばかりのころ、
私の伯父が「お母さんに絵本を買ってもらってね」
と長男に話しかけながら
私にポチ袋に入った図書カードを渡してくれたことがあります。

私にポチ袋に入った図書カードを渡してくれたことがあります。

いかにも読書好きな伯父らしい、スマートなお年玉の渡し方に惚れボレ。
以来、私も何度かこの手を使わせてもらっています。

 

また、「お金ではなくおもちゃをあげる」という意見も
かなり多く見られました。

おもちゃなら気兼ねなく本人に渡せますし、
親もお金を渡されるより抵抗が少ないですよね。
ただ、お金を渡すより高くつくこともあるので要注意です。

もし、その赤ちゃんが2人目、3人目の子どもであれば、
家中おもちゃであふれかえっている場合も少なくありません。

そんな時は、おもちゃより前述の「おもちゃ券」の方が
親にとってはありがたいかもしれません。

スタイやガーゼハンカチなど、よく使うものもいいですね。

 

 

 

お年玉の由来は?

突然ですが、ここでお年玉の由来について
少しお話ししたいと思います。

お年玉は、もともとお金ではなくお餅だったのです。
新しい年を迎えるにあたり、現在でも鏡餅を飾りますよね。

これは、本来、新しい年を司る歳神様を迎える準備で、
家にいらした歳神様の魂は、依り代である鏡餅に宿ります。

その魂の宿ったお餅を家長が家族に分け与えたものを
『御歳魂』『御年玉』と言ったわけです。

ちなみに、このお年玉はお雑煮としていただきました。

このお年玉はお雑煮としていただきました。

お年玉をいただくことで、みな1つ歳をとることができると考えられていたので
お正月に皆が一斉に歳を重ねる『数え年』が使われていたのです。

これが次第に庶民に浸透していき、
家長から家族へ、主人から使用人へ、師匠から弟子へ、
つまり目上の者から目下の者への年始の贈り物を
「お年玉」と呼ぶようになりました。

この贈り物が専らお金になり、子どもへ渡されるものとなってきたのは
それほど古い話ではありません。

戦後、高度経済成長期を迎えて、
日本中が好景気に沸いていたころからです。

この贈り物が専らお金になり、子どもへ渡されるものとなってきたのは

『お年玉』が本来歳神様の魂のおすそ分けであるのならば、
たとえ赤ちゃんでも、ぜひお年玉をあげたいですよね!

もし赤ちゃんのお父さんやお母さんが「こんな小さいのに…」と遠慮したら、
このお年玉の由来について話してみましょう^^

そんなありがたい、おめでたいものであるならばと
快く受け取ってくれるのではないでしょうか。

ただ、お金である必要はないと私は思います。
お互いに気を遣わずにすみますから、ちょっとしたおもちゃ程度でよいでしょう。

 

 

 

幼稚園児へのお年玉はいくら?

無邪気だった赤ちゃんも、幼稚園入園前後になると
『お金で品物が買える』ことがわかってきます。

オモチャのお金を使ってお買い物ごっこをしたりし始めるので、
お金が大切なものであることは認識できるようになります。

ですから、3歳ぐらいになったら
おもちゃではなくお金を本人に渡してあげましょう。

ただし、もらったことをまだ上手に説明できない場合もありますから、
やはり親の前で渡す方がよいと思います。

では、このくらいの子どもには幾らぐらいあげるのが相場なのでしょうか。

やはり、赤ちゃん同様、500円~1,000円が相場です。

お金に価値があることはわかってはいるものの、
金額の違いはわかっていないので、
大抵の子どもが紙幣より硬貨を欲しがります。

赤ちゃん同様、500円~1,000円が相場です。

ですから、1,000円札を入れるより
500円硬貨2枚を入れた方が子どもは喜ぶかもしれません

また、小学生ぐらいになると、
お金が入っていたポチ袋などあまり気にしませんが、
幼稚園児は中身よりポチ袋にテンションが上がる場合もあるでしょう^^

好きなキャラクターを予め聞いておいて、そのポチ袋に入れてあげれば
こどもの心をガッチリつかめるかもしれませんよ?

ちなみに、
「うちの親族は『年齢÷2×1,000円』で統一しています!」
という意見もありました。

例えば3歳ならば1,500円、6歳ならば3,000円。
小学生になっても使えるルールなので、毎年悩まなくて済みます!

 

 

 

赤ちゃん・園児のお年玉相場まとめ

もしどうしても迷ってしまうようであれば、
相場通りにポチ袋に入れて、一応準備しておけば万全です。

あげる雰囲気になったらさっと差し出しましょう。
私も、毎年少し多めに新札やポチ袋を用意していますよ!

私が結婚して一番衝撃を受けたことの1つが、お年玉の価値観の差。

主人の親族は、赤ちゃんだろうが大学生だろうが
お年玉は一律1万円!!

お年玉は一律1万円!!

決して「お金持ち」ではなく、ごく普通の家なのですが、
お正月ぐらいは豪勢にという考えのようです。

当初は驚いて違和感すら感じていましたが、
最近は慣れてしまって「これはこれで面倒がなくていいかな」と感じています^^;

私の子ども達がもう少し大きくなれば、主人方の祖父母からもらうお年玉と
私方の祖父母からもらうお年玉に大きな金額の差があることに気づくはず。

その時は、価値観の違いやお金の大切さについて考える
いい機会になるかな、と思います。

あまり相場や自分の考えにこだわらず、親族や地域のしきたりやルールに従って、
本来ありがたい意味のあるお年玉という風習を子ども達に伝えていけたらいいですね。

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

2018年おせち早割予約開始!

2018年おせち早割予約開始!
U-NEXT

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン↑↑

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る