年賀状の文例 友人編~友達に贈る年賀状メッセージ書き方~

スポンサーリンク

年賀状の文例 友人

今回は友人に送る年賀状の文例についてお話します。

今、友達の年賀状の文章に煩悶しているあなた!
これさえ読めば来年の年賀状はバッチリです^^

毎年年賀状のシーズンになると、
「どういうふうに年賀状を書いたら良いのだろう?」
と迷うことはありませんか?

もちろん、大きなイラスト付きの年賀状で、
一言コメントと言うのも有りです。

でも、年賀状を出す相手には、
頻繁に会う友人もいれば、暫く会っていない友人もいますよね。
なので、せっかくならプチお手紙のような形にしてみませんか。

 

ここで、
年賀状を受け取る相手のことを考えながら文を考えていると、
ワクワク感もあると同時に「こんなことを書いても大丈夫かな?」
なんて言うちょっとした心配もありますよね。

友人に出す年賀状の文例

自分の伝えたいことをまとめないまま言葉にしてみると、
上手く年賀状の中に収まらなくて書き直す羽目になることもありませんか。

何枚も書かなければならない年賀状なのに、
1枚の年賀状に余り時間割いてしまうのは困りもんです。

こんな時には、
次のような友人あての年賀状文例を参考にしてみてください。

 

 

年賀状の文例 友人へ贈る例文集

まず、友人なら敬語はちょっと堅い感じがしますし、
年始の挨拶とは言え弾けた方が安心感がありますよね。

「明けましておめでとうござます。」よりも、
「明けましておめでとう!」とか
「Happy New Year!」としてみるのが軽い感じでお勧めです。

友達だから堅い挨拶は止めよう

そして、暫く会っていない友人であれば、

「○○ちゃん、元気してるかな?」とか
「○○ちゃん、最近どう?」と

近況を伺うような文を入れてみると良いでしょう。

 

最後に、

「また、一緒にお食事できるのを楽しみにしてるよ~。」
とか「お互い時間の合う時に、ランチでもしようね。」

とお誘いの言葉でしめるのも良いですよね。

 

頻繁に会っている友人であれば、

「昨年はこんな楽しい思い出があったよね。
今年もお互いにこういう1年にできたら良いね。」

と言うような文章はいかがでしょうか。

 

年賀状で伝えられる言葉には、限りがありますよね。
だからこそ、色々伝えたい気持ちはあっても、
年賀状の中にコンパクトに収める必要があるんです。

自分の中で1つの流れを決めておくと、
だいぶ年賀状の文章作りが楽になりますよ。

 

具体的な流れとしては、

①新年の挨拶
②相手の近況を伺う言葉や思い出話
③新年に対する想いやお誘いで締めくくる

いずれも一言ずつでまとめれば、
合計三言でかなりコンパクトな読みやすい年賀状になると思います。

あとは、イラストと合わせて文字を書くバランスさえ考えれば、
きっと素敵な年賀状になると思いますよ。

年賀状の文章は簡潔にまとめるのがポイント

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「デキる女」夏の美容対策もひと味ちがう!

夏の紫外線対策

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る