結婚報告を兼ねた年賀状の文例と書き方のポイント指南

スポンサーリンク

年賀状 結婚報告文例

来年の用の年賀状が先日発売されましたね。
もうお買い求めになられましたか?

年賀状はお世話になった方へ、
新年の御挨拶を書状でお届けするものですが、
この時、自分の近況を一緒にご報告することもできます。

例えば、1年以内に結婚した方なら、
新年の挨拶と同時に結婚報告をしておくのもいいですね。

しかし、年賀状で結婚報告をする機会は、
通常1度だけなので^^;、

「結婚報告を兼ねた年賀状の文章は、どうしたら良いのだろう?」
と考えてしまう方も少なくないでしょう。

年賀状で結婚報告をする文例は?

 

今日はそんな方のために、
結婚報告を年賀状でする時の文例、
また書き方のポイントなどについてお話していきます^^

 


スポンサーリンク

 

結婚報告を兼ねた年賀状の文例とサンプル

10年、20年前であれば、
年賀状を印刷屋さんに発注する人も多かったので、
結婚報告を兼ねた年賀状の文例なんかも
こちらで用意する必要もなくテンプレート化されていました。

しかし、最近はパソコンを使用すれば、
簡単に良い年賀状が大量に印刷できるようになりましたから、
ちゃんとした文例さえ押さえておけば、
結婚報告兼ねた年賀状を自分で作成することができますね^^

 

結婚報告年賀状テンプレート

 

結婚報告を兼ねた文例ですが、
わざわざ1人1人に文章を分けて考える必要はありません。

親戚や職場の人、友人、誰に送っても問題ないような
基本的な文章を1つ考えておくと良いです。

そして、この際の文章は、結婚式に招待した人と
そうでない人とで分けおきましょう。

では、結婚報告を兼ねた年賀状の文例を見ていきましょう。

 

結婚したことを年賀状で初めて伝える場合の文例

《新年の挨拶》
明けましておめでとうございます。

《相手へのお礼》
昨年は大変お世話になりました。

《結婚報告》
ご報告が遅れましたが、私たちは昨年○月に結婚致しました。

《今後の挨拶》
未熟な私たちですが、今後ともお付き合いよろしくお願い致します。

 

結婚式に招待していない人で、 初めて結婚の報告をする場合には、

上の文章のように
「ご報告が遅れましたが、私たちは昨年○月に結婚致しました。」
と報告するのが良いでしょう。

 

 

結婚した事をご存じの方に対する年賀状文例

一方、結婚式に招待した人であれば、
当然結婚したことは分かっている訳ですよね。

なので、代わりに
「昨年はお忙しい中、私どもの結婚式にお出席頂き誠にありがとうございました。」
とお礼の言葉を一言入れておきましょう。

《新年の挨拶》
明けましておめでとうございます。

《結婚式出席に関するお礼》
昨年はお忙しい中、私どもの結婚式にお出席頂き誠にありがとうございました。

《近況報告》
お陰様で順調な結婚生活を送っております。

《今後の挨拶》
未熟な私たちですが、今後ともご指導のほどよろしくお願い致します。

 

流れとしては、
新年の挨拶⇒相手に関すること⇒結婚に関すること⇒今後の挨拶

と言うような感じだとスッキリしそうですよね。

 

 

ただ中には、「この例文だけでは、年賀状としてちょっとシンプルすぎ!」
と思う方もいるかも知れませんね。

確かに、みんな同じ文章ではなく、
送る方に合わせた文章を入れたいと言う方もいるでしょう。

そのような時は、先程の例文を基本として印刷して、
その後に、一言自分の気持ちを手書きで添えてみてはいかがでしょうか。

また、全ての文章を手書きにされる方は、
例文の中に相手への気持ちを織り交ぜても良いと思います。

この辺は臨機応変に、基本的なポイントさえ押さえていれば問題ありません。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年おせち早割予約開始!

2018年おせち早割予約開始!
U-NEXT

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン↑↑

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る