七草粥はいつ食べるの?七草粥にはどんな由来や意味がある?

スポンサーリンク

七草粥はいつ食べる 由来や意味は?

お正月に食べる料理に、「七草粥」がありますよね。

でも最近では、「お節料理やお雑煮は食べても、
七草粥を食べる風習はない。」なんて言う方もいるのではないでしょうか。

そもそも、
七草粥がどういうものなのかをよく知らない方もいるかも知れませんね。

恥ずかしいながら、
私も少し前まで七草粥の意味をよく分かっていませんでしたし、
食べたことすらありませんでした。

七草粥を食べたことがない^^;

 

私と同じような方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

という訳で今回は、七草粥はいつ食べるのか、
七草粥にはどんな由来や意味があるのか
についてお話していきます。

 


スポンサーリンク

 

七草かゆはいつ食べる・その意味は?

まずは、「七草粥はいつ食べるのか?」と言うことですが、
1月7日の朝です。

この日は、江戸時代に五節句の1つとして定められた
「人日(じんじつ)の節句」なのです。

ちなみに、他の五節句をあげると、
3月3日の「上巳(じょうし)の節句」、5月5日の「端午(たんご)の節句」、
7月7日の「七夕の節句」、9月9日の「重陽(ちょうよう)の節句」があります。

そして、人日の節句の「人日」の意味は、
中国の占いによるもので1月7日を人の日として1年の運勢を占ったことに
由来していると考えられます。

七草粥は1月7日の朝に食べます

 

ここで、「人の日になぜ七草粥?」と思う方も多いでしょう。

これに関しても中国の伝統から来ているもので、
中国では古くから1月7日に7種類の若菜で作った汁物
「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」を食べる風習があったようです。

七種菜羹の「羹」と言うのは、汁物を意味する言葉です。

 

中国では、お役人さんの昇進を1月7日に決めていたので、
結果が出る朝に七種菜羹を食べることで立身出世を祈願していたようです。

中国では出征祈願に七種菜羹を食べた

 

日本の文化は中国の文化の影響を大きく受けているものですが、
日本に七草粥の風習が始まったのは平安時代と考えられます。

日本では元々年始に若草摘みを行って、
自然から新しいパワーを貰うと言う風習があって、

その風習が七種菜羹と融合して七草粥の風習に変化したようです。

今現在の日本の七草粥には、
「正月の御馳走で負担のかかっている胃をいたわって、
七草で栄養補給をすることで健やかな日を送る。」

と言う意味が込められています。

 

 

 

七草かゆに入れる七草とその効き目

七草粥に入れる春の七草には、御形(ごぎょう)、蘿蔔(すずしろ)、菘(すずな)、
芹(せり)、薺(なずな)、繁縷(はこべら)、仏の座(ほとけのざ)があります。

七草粥に入れる春の七草

 

御形は元々草餅に使われていた草で、
風邪や発熱の予防効果が期待できます。

蘿蔔は大根のことで、
風邪だけではなく胃の消化をスムーズにしてくれます。

菘はカブのことで、
現代人に不足しがちなビタミンが豊富に含まれています。

芹は水辺で育つ山菜で、
食欲不振を改善する効果が期待できます。

薺は「ペンペン草」と言う名前でも知られていますよね。

繁縷はビタミンAが豊富に含まれている草で、
目の疲れや腹痛の改善に良いと言われている草です。

仏の座は見た目はタンポポのようですが、
食物繊維が豊富で便通を良くしてくれます。

 

ですが、実際におかゆを作る時、
必ずこの七草で作らなければいけない訳ではありません。

ほうれん草や小松菜、水菜、白菜など、葉っぱ系の野菜を組み合わせて
美味しいお粥を作ればいいんですよ^^

 

 

必ずこの七草で作らなければいけない訳ではありません。

このように伝統的な七草粥には、
いつ食べるのかと言うだけでも深い意味が込められているのですが、
七草粥やお粥に入れる七草にも色々な意味が込められていますよね。

日本で行われてきた伝統的な風習と言われているものには、
必ず何らかの意味や由来があって奥深いものですよね。

今まで七草粥の風習を特に重視していなかった方、
就職や転職、昇進などの時期を迎える方、健康的な不安を抱えている方は、
ぜひ七草粥の文化を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

完売続出!間もなく早割価格終了!!

2017年おせち早割予約

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

期間限定☆バカ売れズワイガニ

お正月のおもてなしに!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る