懇親会と親睦会の違いって?社会人なら知っておきたい豆知識

スポンサーリンク

懇親会と親睦会の違い

懇親会と親睦会、この言葉を聞いたことがある方はきっと殆どでしょう。
特に会社勤めの方は、
この言葉に縁があるのではないでしょうか。

でも意味としては、何だか同じような意味で使われている気もします。

言葉が違ければ、意味も違ってくるのが日本語。
それを知っておかないと、
会社の中で恥をかいてしまうかも!

 

自分がこれらを計画する立場になったと想像してみてください。

上司の方に
「君、この会は間違っているぞ!」
なんて言われたら恥ずかしいですよね。

懇親会とは主に施設や組織の中で使われている言葉です。

また部下に「先輩、この会ってどうしてこう呼ぶんですか?」
って聞かれて答えられなくても、

やっぱり恥ずかしいです・・・。

 

そんなことにならない為に、
ここで懇親会と親睦会の違いを知っておきましょう!

まずはそれぞれの会が
どういうものなのか、説明していきます。

 


スポンサーリンク

 

懇親会ってどんな会?

まずは懇親会から。
懇親会とは主に、施設や組織の中で使われている言葉です。

会社だけでなく、業界や学校の中の人達が集まって
食べたり飲んだりしながら楽しむのが、この会になります。

こちらは、不定期に開催されることが多いようですね。

平たく言えば、この会で親しくなって、
連携やチームワークを高めましょう、
というイメージが正しいでしょう。

だからこそ敷居が高い感じが強くて、
絶対に参加しなければいけないような
変な責任感がつきまとってしまうかもしれませんね。

 

 

 

親睦会とはこんな会

次は親睦会です。
親睦会は、その関係者同士が集まったもっとフランクな会になります。

例えば大学のサークル、飲み会、会社だとお花見なんかは
この親睦会って呼び方が合っています。

懇親会と違って、ただ単に仲良くなりましょう!
といったイメージが強いです。

親睦会

なので、まだ親しくない方達が仲良くなる為に集まった会や、
既に知り合っている方達の仲を
もっと深める為の会もこれが当てはまります。
2次会も親睦会が合ってますね。

会社の中では毎月必ず開催するところもあるのだとか。
その際は強制的に会費を集められるようで、
お小遣いが減ってちょっと嫌ですね・・・。

場合によっては
「行きたくないなぁ・・・」
なぁんて考える時もあったりする会です。

でも懇親会よりは欠席しやすいかも??
しれませんね。

 

 

 

懇親会と親睦会は案内状も違う

因みに懇親会と親睦会の案内状も違っているようです。

懇親会は、将来的な利益を目的としていることもあり、
封筒に入れるような招待状がメインのようです。

逆に親睦会は、ハガキやメールなんかで
案内が来る場合もあるとのことです。

ただ時期については、
どちらも「この時期がいい!」ってものはないみたいです。
ですがどちらかというと、新しいことが始まる
春頃に開催されるのが多くなるかもしれません。

 

 

どちらにしても、自分で計画をする場合は、
まずはどんな目的で会をするのか
はっきりされてから練るといいですね。

実は現在だとどちらも変わりないと言われていますが、
違いを知っていれば計画も立てやすくなります。

ただみんなでワイワイ騒ぐだけなのか、
それとも今後の為に集まるのか、
その違いを見極めてみてください。

そうすれば、会社の中でも頼れる社員になること間違いなしです!

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

完売続出!間もなく早割価格終了!!

2017年おせち早割予約

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

期間限定☆バカ売れズワイガニ

お正月のおもてなしに!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る