敬老の日2017いつ?何歳以上の方が対象になるの?

スポンサーリンク

敬老の日2017いつ?何歳以上の方が対象になるの?

1996年から国民の祝日とされた敬老の日は、
祝日法改正により2003年から
現在の9月の第3月曜日になりました。

2017年の9月の第3月曜は18日ですから、
今年は9/18が敬老の日となります。

2017年の敬老の日は9月18日(月)

敬老の日2017いつ?

 

母の日、父の日同様、何月の第何…というのは覚え難いですよね。
こどもの日のように5/5と決まっていれば簡単なんですけど。

でも、こうしたタイプの祝日がラッキーになる年もあるんですよ。

 


スポンサーリンク

 

2017年はシルバーウィークならず…

第何曜日みたいな変動タイプの祝日は覚え辛い…
そんな愚痴も上がったりしますが、それ故の恩恵もあります。

それが一昨年シルバーウィークと称された5連休でした。

この年は、国民の祝日に関する法律第3条第3項により、
国民の祝日に挟まれた平日は休日となりますので、
9月21日、9月22日、9月23日の3連休に土日が絡み5連休が成立しました。

ですが、こうしたケースは寧ろ稀で、次回は「2026年までありません!」
昨年はとってもプレミアムな5連休だった訳なんですね^^;

特別な年だからこそ、敬老の日にあやかり「シルバーウィーク」と呼ばれます。

 

 

敬老の日はいつからお祝いするものなの…

さて、その敬老の日なんですが、
ちょっとした疑問をお持ちではないでしょう?

「えっ、無いの^^;」

じゃ、言い方を変えます…

敬老の日、何歳以上が対象になると思いますか?

 

自分のお爺ちゃんやお婆ちゃんなら、
そんな事も余り気にしないでお祝いできるんですが、、

中には複雑なケースもあったりして、
善意でお祝いしようと思ったら、、

『年寄り扱いすんな(・ω・ノ)』なんて逆に文句を言われたり…
なーんてことが無いとは限りません^^;

 

結論から言いますと、
ご老人は明確な年齢で定義はされていません。

ですが、老人福祉法の法令などでも、
65歳以上を基準に定めらたものが幾つもあります。

なので、あえて「敬老の日」対象年齢を考えるのであれば、
65歳以上という事になるかと思います。

 

しかし、先の様な可能性もありますし、
反対に60歳ぐらいでも、かわいいお孫さんがいる人なら、
お祝いをしてもらって、嫌な気分になる人は
少ないのではないでしょうか?

結論としては、
基本は65歳でご老人のお仲間、但しケースバイケースも有り
と言った感じで多少アバウトになりますね^^;

 

 

敬老の日には何をしてあげればいいの?

と、考えてしまうのは、あなたの誤認からではないでしょうか?

これは個人的な意見なのですが、
敬老の日を快く受け入れられない人の気持ちとしては、
やっぱり年寄り扱いされることに抵抗があるからだと思います。

ですがこれは、
敬老の意味を誤認している人が居るせいかも知れません。

×敬老の日=老人を労わる日

 

国語辞典で調べてもらうと分かりますが、
「労わる」と「敬う」はまるで違う意味をもちます。

労わる…弱い立場にある人などに同情の気持ちをもって親切に接する。
敬う…相手を尊んで、礼を尽くす。尊敬する 。

しかし、敬老の日を受け入れたくない方の意見をみると、
「年寄り扱いされなくない」というものが多く、
これは、「敬う」⇒「労わる」になっていることを示すと思います。

 

なので、敬老の日に何を・・・と考える前に
その方に尊敬の意を表わすのが先になると思います。

この世にあなたを残してくれたのはお母さんお父さんですが、
それもお爺ちゃんお婆ちゃんが居たからこそです。

母の日、父の日に感謝するよう、敬老の日も感謝しましょう^^

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

毎日勉強を続ける子どもが続出中!!

学力に差がつく夏休み!

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る