ひな祭りの由来や起源・意味は?~ひな祭りの起源を知って伝統を伝える~

スポンサーリンク

ひな祭り由来や起源・意味

3月3日は「ひな祭り」。女の子がいるご家庭では、
2月中から雛人形を飾ってその成長を喜び、
華やかに着飾ったりひなあられを食べたりします。

女の子にとっては楽しみな行事の一つでもあるでしょう。

 

保育園や幼稚園では、
ひな祭りのお話を人形劇にしたりして子供たちに伝えるところも。

小さいころから日本の伝統や習慣を身に着けられるなんて、
素敵なことですよね。。

 

しかし、
大人たちはひな祭りの起源や今の行事の由来などはあまり知らないかも^^;

子どもの成長を祝う行事ですから、
きちんと起源や意味を知っておきたいものです。

 


スポンサーリンク

 

ひな祭りの起源

日本のひなまつりの起源は、3世紀の中国にまでさかのぼります。

中国では季節の変わり目には災いが起きやすくなるとされ、
3月の最初に上巳節(じょうみせつ)という行事が行われていました。

この上巳節には、心身の穢れを流すために川の水に杯を流したり
宴を行ったりする「曲水の宴」が行われていました。
季節の変わり目に行う邪気祓いの行事だったというわけですね。

 

つまり、この上巳節は女の子だけでなく、
男性女性問わず健康と幸福を願う行事でした。

これが日本に伝わり、日本独自の風習や習慣とともに定着していきました。

 

日本には古代から形代(かたしろ)や禊(みそぎ)の思想があり、
それと上巳節の行事が結びついたのが「流しびな」です。

今でも3月3日には紙で作った人型やお雛様を川に流す習慣が各地で残っています。
子供の厄を流してくれるものとして、伝統は守られているんですね。

 

 

現代のひな祭りの由来は?

現代のひな祭りの起源は、江戸時代ぐらいから形ができ始めます。

「上巳の祓い」は宮中だけの行事でしたが、しだいに武家社会へ浸透し、
室町時代から安土桃山時代にかけてお祓いの行事が全国に広まります。

そして江戸時代に入ると徳川幕府によって「五節句」が定められます。
この「五節句」の一つが「上巳の節句=ひな祭り」です。

 

五節句とは

「人日の節句(1月7日)」
「上巳の節句(3月3日)」→ ひな祭り
「端午の節句(5月5日)」
「七夕の節句(7月7日)」
「重陽の節句(9月9日)」

のこと。
当時はどの節句も重要な年中行事として扱われていました。

そして、しだいに端午の節句が男の子の節句として扱われるようになり、
それに対して上巳の節句は女の子の節句として定着するようになったのです。

 

ひな人形も発展していき、
宮中の幼女が遊ぶ人形 → 男女一対の紙の立ち雛 → 現在のようなすわり雛

となり、上流階級では家の財力の象徴として華やかさを増していきます。
二段・三段・・・と、段数が増えていったのもこのころのようですね。

このころから、若い娘が対象だった上巳の節句に小さな女の子が加わり、
「災いが降りかかりませんように、幸福になりますように」
と願いを込めてお祝いするように。
「初節句」という風習も出来上がり、現在のひな祭りの原型になりました。

 

 

まとめ

・ひな祭りの起源は中国の厄祓いの行事
・時代とともに厄祓い → 女の子の成長を祝う行事に
・宮中のひな遊びが雛人形の原型になり、江戸時代に発展

 

何気なく雛人形を出してお祝いをしているひな祭りですが、z
きちんとした意味があるんです。

年中行事の中には、
起源や由来が外国から来ているものも少なくありません。

小さなお子様に由来を聞かれたら、きちんと答えてあげてくださいね。
さらに詳しいお話はコチラが参考になりますよ。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年おせち早割予約開始!

2018年おせち早割予約開始!
U-NEXT

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン↑↑

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る