お雛様っていつから出すの?いつまでだすもの?~正しい雛人形講座~

スポンサーリンク

お雛様 いつからいつまで

3月3日はひな祭り。
我が家では毎年2月になると両親がいそいそとお雛様をだし、
わいわい言いながらお雛様を出していました。

部屋が華やかになると子供心にとてもうれしくなり、
ずっと飾っておいてほしいと思っていたものです(*^_^*)

 

しかし、お雛様を出す正確な時期ってちゃんと認識していないかも・・・^^;

うちでは2月のはじめに「そろそろお雛様出す?」
という感じで何となく出していましたが、
そもそも雛人形はいつから出すものなのか、
正確なところ理解していません。

 

『3月3日をすぎて飾っていると嫁に行けなくなる!』
なんていう迷信めいたものもあり^^;

いつまで飾っておくものなのかも正確には知らない。
そんな方が多いのではないでしょうか?

 


スポンサーリンク

 

お雛様を出す時期

実はお雛様を出す時期については、いくつかの説があります。
もっとも一般的なのは

・立春の日(2月4日)に出してひな祭りの翌日(3月4日)にしまう

というもの。
現在、一番適切とされているのがこの説といってよいでしょう。

 

そのほかにも

・雨水(うすい)の日(2月18日ごろ)から飾り始めるとよい
・啓蟄の日(3月6日ごろ)にしまうとよい

という説もあります。
雨水の人は二十四節季の一つで、
この日に飾るとよい伴侶に巡り合えると言われているとか。
女の子の幸せを願う両親にとっては、大事な日と言えますね。

 

また、地方によっては旧暦で行う地方
出すときは新暦でしまうときは旧暦まで、という地方が合ったりします。

地方の習慣によっても違いますから、
あまり神経質になりすぎないのも大切です。

 

しかし、あまりギリギリになって飾ると、
お雛様を眺める時間が短くなってさびしいので、
少なくとも1週間前までには出してあげましょう。

夜はぼんぼりに火をともして、
お雛様を眺めながら子供と一緒に写真を撮ったり
お雛様の意味を教えてあげたりすると、
とても喜びますよ。

 

 

娘が何歳ぐらいまで出すもの??

毎年の出す時期だけでなく、
「娘が何歳まで出しておくものなのか」という悩みもあります。

娘が二十歳を過ぎたら飾るのはおかしいの?
娘が一人暮らししていて家にいないのに飾るのはヘン?

などなど、飾り続けることに疑問を持つ方も。

 

しかし、雛人形はもともと災いを肩代わりしてくれるもの。
さらに、ひな祭りには娘の幸せな結婚を願うという意味もありますから、
「結婚するまで飾る」というのが一般的なようです。

 

お嫁に行ってからも娘の幸せを願って飾り続ける人もいます。
娘が○歳になったら飾ってはいけない、などの禁忌はありません!

娘さんが女の子を産んだら、
その子に雛人形を譲ってまた飾る・・・という、
家族の伝統も受け継がれていきますね。

可能な限り、娘さんが結婚するまで出し続けてあげるとよいでしょう。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

完売続出!間もなく早割価格終了!!

2017年おせち早割予約

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

期間限定☆バカ売れズワイガニ

お正月のおもてなしに!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る