お雛様の飾り方~関東と関西ではひな人形の位置が違う理由?

スポンサーリンク

お雛様の飾り方 関西

もうすぐひな祭りですね~。
女の子がいるお宅では準備に取り掛かる頃でしょうか^^

お雛様って見てるだけで癒されますが
実はこのお雛様の飾り方に違いがあったの
ご存知でしたでしょうか?

お内裏様とお雛様~♪二人並んですまし顔~♪

『さて、お内裏様は向かってどちらに飾ります?』

お雛様のチラシを見ると左に飾ってるパターンと
右に飾っているパターンがあるんですよ!

( ̄~ ̄;) ウーン
一体、どっちが正解なのかな?

 

 

関西と関東で飾り方が違うのは?

論語に「天子南面」という言葉があります。

これは、皇帝などの偉人は南に向いて座り、
北面は臣従することを意味しています。

また、南に向いた時に日の出の方角(東)が上座で、
日没の方向(西)が下座とされています。

 

この考え方は雛人形にも当てはまるので、
本来は「男雛が左、その右手側に女雛」を
飾ることが当然だったんです。

それが、プロトコール(国際儀礼)が右上位だった為、
昭和天皇の即位の礼が催された時に、

プロトコールに従い天皇が右、
皇后が左に並ばれた事から
雛人形の並べ方も変わったとされています。

 

天皇皇后両陛下のお写真も
プロトコールに従った並び方だった為に

関東の雛人形業界では、
それまでとは反対の並び方にしたのが
お内裏様が左になったきっかけと言われています。

 


スポンサーリンク

 

お内裏様とお雛様の正しい並べ方は?

全国的に今はお内裏様は左に飾るのが多いと思いますが
京都など昔の風習を大切にする地域では
そのまま右にお内裏様を飾っているお宅が多いのです。

だから、お店やチラシなどは両方を展示しているんですね♪
どちらが正解とかではなく風習ということになります。

 

もし若い世帯で愛娘の為にお雛様を購入したけど
飾り方が分からないママは、
お母さん、おばあちゃんに聞くといいですね^^

もしくは雛人形を購入したショップで聞いても
教えてくれると思いますよ♪

 

関東で買った人はお内裏様は左と言われるでしょうし、
関西で買った人はもしかすると昔の風習があるので
右と言われるかもしれませんが、

どちらが正解という事ではないので
並べ方にあまりこだらわず楽しくワイワイ言いながら
雛人形を出して欲しいなぁと思いますヽ(・∀・)ノ

 

 

関東と関西のお雛様の飾り方まとめ

東と西では色々違うことが多いですよね。
料理の味付けでもそうですけど・・。

お雛様の飾り方も東と西では違う事が分かりました。

今では当たり前にお内裏様が左に飾られていますが、
実は右に飾るのが元祖!って事も分かりましたねヽ(・∀・)ノ

時代の流れってやつでしょうか^^

 

女の子が生まれて初めてひな飾りを購入する人は
並べ方に悩みと思いますが、
ネットで調べると飾り方も沢山出てきます。

そしてあまりこだわり過ぎず、家族みんなで楽しみながら
飾っていくほうがいいと思いますよ☆彡

もし分からない場合はお母さん、おばあちゃんに聞いてもいいし
一緒に飾りながら教えてもらってもいいですね。

 

ともあれ、風習などもあると思うけど、
お子さんと一緒に、お母さん、おばあちゃんと
楽しんでひな飾りしてくださいね~。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「デキる女」は夏の美容対策もひと味ちがう!

夏の紫外線対策

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る