ひな祭りの食べ物と歌の意味は?~縁起のいい食べ物・実は悲しい歌の意味~

スポンサーリンク

ひな祭りの食べ物 歌の意味

3月3日はひな祭り!
ひな祭りと言えば「ひなあられ」のイメージが強い私です^^;

ひな祭りって、
意外とおいしいものが食べられる日でもあるんですよね。

 

我が家ではひなあられ意外に、
ちらしずしやお餅を食べていた記憶があります。

なんでひなまつりにお寿司なんだろ~?と思いながら、
おいしいので何の疑問もなく食べていました。

 

幼稚園ではひな祭りの歌をみんなで歌って、お遊戯をしてました。
ひな祭りって割といい思い出が多い気がします。
小さな女の子にとっては、
お雛様を出してもらえて美味しいものも食べられる、
うれしい日なのかもしれませんね。

 



出典:ちらしずし☆ひな祭り☆初節句

スポンサーリンク

 

ひな祭りで定番の食べ物とその意味

ひな祭りには、伝統的なお祝い料理を食べるのが習わしです。
基本的にはひなあられ、白酒(しろざけ)、菱餅、ちらし寿司、
はまぐりのお吸い物などが代表的なお祝い料理です。

それぞれの食べ物には旬の食材をたっぷりと使用されているのが特徴です。
それぞれの料理には以下のような意味があります。

 

・ひなあられ
ひなあられは、お餅の周りに色とりどりの砂糖を絡めて炒ったもの。
白・ピンク・緑・黄色の4色が基本で、それぞれの色が四季を表しています。
「これからの1年、娘が幸せに過ごせますように」という意味を込められています。

 

・ちらし寿司
ちらし寿司の中に入っている具材は、縁起の良いものばかり。
それぞれの具材の意味は海老=長生き、れんこん=先の見通しが良い、
豆=健康でまめに働ける、などなど。

縁起の良い具材が春の祝いの席にふさわしい、
ということでひなまつりに食べられるようになったようです。

たまごで包んだ巾着や、魚介をたっぷり入れたチラシなど、
色とりどりの華やかなお寿司は春のお祝いの席にピッタリですね!

 

・はまぐりのお吸い物
はまぐりは必ず対じゃないとぴったり合わないため、
平安時代から夫婦の象徴とされていました。
転じて「仲の良い夫婦となり、一人の人と添い遂げられるように」
という意味が込められています。

 

・白酒(しろざけ)
白酒は、江戸時代ごろから親しまれたお酒です。
蒸した米と麹とみりんをまぜ、1か月ほど熟成させたものが白酒です。

元々は中国の「桃花酒」で、桃は邪気を祓うと言われていたため、
薬酒としてお祝いの席に用いられていました。
より親しみやすい白酒の方が定着し、ひな祭りには白酒、となったのです。

 

・菱餅
下から緑、白、ピンクのひし形のお餅です。
お雛様の飾りの中にも菱餅があったりしますね。
それぞれの色には意味があり、

緑=健康・長寿、大地
ピンク=桃、魔除け
白=清浄、雪

といった意味があります。
いくつかの説があり、さまざまな解釈があるようです。

緑はよもぎ、白にはひしの実、ピンクにはくちなしで
色を付けるのが伝統的な作り方。
今では食紅などを用いるところもありますが、
災厄をはらうためにも本物の材料でつくってみたいものですね。

 

 

ひな祭りの歌に隠れた意味とは?

ひな祭りの歌と言えば『うれしいひな祭り』が最も有名です。
幼稚園やお遊戯会で必ず歌ったあの歌です。

この歌を作ったのは作曲:河村光陽さん、
作詞:サトウハチローさんです。

作曲の河村光陽さんの代表曲はほかに
『かもめの水兵さん』『りんごのひとりごと』など。
動揺をたくさん世に出した作曲家の一人です。

 

作詞のサトウハチローさんは『ちいさい秋みつけた』
『かわいいかくれんぼ』などの作詞をした方です。
『リンゴの唄』を作詞したのもこの方です。

何の気なしに歌っていた童謡ですが、
有名な作詞家・作曲家の作だったんですね。

 

そして、『うれしいひなまつり』の歌詞に関しては有名な逸話があります。

作詞したサトウハチローさんは、『うれしいひなまつり』を書いた当時、
離婚して3人の娘さんを引き取ったばかり。

引き取った娘たちにさびしい思いをさせないよう、雛人形を購入し、
それをみて喜ぶ子供たちの様子を歌詞にしたのが『うれしいひなまつり』
だと言われています。

 

また、歌詞の中に出てくる「お嫁にいらした姉さまに~」という部分の
「姉さま」は、サトウハチローさんの実の姉だと言われています。

お姉さんは結婚が決まっていた18歳の時に結核で他界したため、
そのお姉さんを思って歌詞に入れたとか。

 

かなり悲しい思い出ですね(涙)

そのせいなのか、
サトウハチローさんはあまりこの歌が好きではなかったいう噂もあります。

 

また、歌詞の中に間違いがあるというのも有名な話で・・・^^;

「お内裏様とお雛様」という歌詞がありますが、
本来、お内裏様は若君とお姫様の二人をさすもの。
若君だけをお内裏様といってますが、

これは間違いだと言われています。

お雛様=三人官女・五人囃子などを含めた人形の総称のことです。
そして「赤いお顔の右大臣」は、本当は左大臣です。
お内裏様から見て左右大臣を決めるので、
間違えたのではないかと言われています。

お内裏様については、若君=お内裏様、
という認識が一般的になっています。

この歌は同時大ヒットしたため、
一般的な認識になったようですね。

 

まとめ

ひな祭りに食べる物、
歌う歌にはさまざまな意味が込められています。

食べ物も歌も、さまざまな説があるので
正確なところはわかりませんが、
一般的に言われているのは上記のようなものです。

普段何気なく接しているものでも、
深い意味や逸話、歴史があるものですね。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「デキる女」夏の美容対策もひと味ちがう!

夏の紫外線対策

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る