ひな人形を飾る時期はいつごろからがいい?何故飾るの?

スポンサーリンク

ひな人形っていつ頃から飾るものなんでしょうか?

3月といえば、女の子にとって特別なイベントがあります。
それがひな祭りです。

ひな祭りと言えば子供の祭りと思われがちですが、
現在は大人も楽しめるようになっていますよね。

そんなひな祭りに欠かせないのが、ひな人形です。
キャラクターとコラボした可愛いものも出ていますが、

このひな人形、飾る時期についてご存知でしょうか。

「1か月前」
「3月上旬」
「1週間前?…まさか前日ってことはないよね?」

ひな人形を飾る時期って?

桃の節句にひな人形を飾ってお祝いするのは知っていても、
いつごろ飾るのか?って良く分かりません…

今日はそんなちょっと悩んでしまう、
ひな人形の飾る時期について、ひな人形の豆知識とともに
ご説明していきます。

 


スポンサーリンク

 

ひな人形はどうして飾るようになったのか?

そもそも、どうしてこの人形を飾るようになったのか知っていますか?
その起源は、2つの出来事が合わさって生まれたと言われています。

まず1つ目は、自分の代わりに人形に厄災を背負ってもらうという行事です。
これは中国から来ており、3月上旬にある「上巳の節句」に行います。
後にこの日が、私たちの知っている桃の節句となります。

この時に草・藁・紙で作った「ひとがた」と呼ぶ人形を撫でて、
川・海に流して厄を払うのです。
「流しびな」と呼ばれるこの厄払いは、今でも行っているところがあります。

もう一つは平安時代、
貴族の子供達の間で流行っていた「ひいな遊び」という遊びです。
これは簡単に言えば「おままごと」のこと、紙で作った人形で
女の子達が遊んでいたそうです。

どちらも簡単に作れそうな人形を使っていますが、
これが江戸時代頃からどんどん今の豪華な人形へと変わっていきました。
あの人形を川とかに流すのはちょっと勿体ないので、飾るようになったそうです。

 

 

 

ひな人形を飾る時期は関東と関西でこんなに違う!

実はひな人形は、住んでいる地域によって飾る時期が違っています。

例えば関東では、
節分が終わった2月4日頃からひな祭りである3月3日まで飾っておきます。

しかし関西では、
ひな祭り当日の3月3日から4月3日まで飾るとされています。

1ヶ月もズレるなんて、びっくりですよね。

片付けるのが遅くなったら婚期が遅れるという話から見ても、
関西地域の飾り方はちょっと不思議に思います。

不思議といえば、他にも飾る時期が違う地域があるのです。

雪がよく降る東北の一部地域では、
旧暦の3月3日(現在の4月3日頃)に飾るようにしています。
また、ひな祭りの日に落城したなど特殊な事情で、
八朔(8月下旬から9月下旬)に飾るところもあるようです。

これらを知っておくと、お嫁に行った時に役立つかもしれませんね。

 

 

 

ひな人形を飾る時はこんなところに注意を!

時期を守ってあとはただ飾ればいいと思っている方、
ちょっと待ってください!
実は飾る時にも注意することがあるのです。

まず場所ですが、なるべく皆の目が集まるところを選びます。
リビングは皆が集まってくつろげるところですから、
ここが一番おすすめですね。

次にどの段に飾るかですが、上から内裏雛(お内裏様・お雛様)、
三人官女、五人囃子、随身(右大臣・左大臣)、仕丁・衛士、
お道具となっています。

ひな人形七段飾り

これら全て揃えると6・7段ですが、
ここまで大きなものを持っているご家庭は今は少ないです。
大体3段目の五人囃子までの順番を覚えておけば、
問題はありませんね。

 

 

 

雛人形飾る時期のまとめ

雛人形を飾る時期は、地域で随分違ってきます。
関東では、2月4日頃から3月3日
関西では、3月3日から4月3日
他にも地域色のでた飾り時期があります。

また、 飾り方にも地域により特色があったりします。

しかし、それぞれ違うところがあっても、
おめでたいお祝いごとには変わりはありません。
皆で楽しくひな祭りを過ごしましょうね^^

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料一括見積もりで最大55%OFF!!

2017年のお引っ越しの際は…

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る