中学生のメイク~化粧の仕方で簡単に愛されフェイスを作る方法~

スポンサーリンク

中学生のメイク仕方・簡単な方法:

大人になったらいろんな色のメイクをしたい!
小学校の高学年ぐらいになると、大人のメイクに憧れたものです。

でも、今は中学生でもメイクができる時代に!
10代向けのメイクグッズが充実していて、プチプライスでメイク完了。
大人から見るとうらやましい限りです。

中学生のメイクの仕方

 

でも、肌がまだ出来上がっていない中学生のメイクは、
大人のメイクを真似すると肌荒れの原因にもなります。

なるべく簡単なメイク方法で、
かわいく魅せるメイクの仕方をマスターしちゃいましょう♪

愛されメイクのポイントは「目」「口」「まつげ」ですよ!

 


スポンサーリンク

 

超カンタン♪愛されフェイスの作り方

中学生のメイクのポイントは、肌をキレイに見せるんじゃなくて、
「目元を愛らしく」「口元にうるおい」「まつ毛を長く」がポイント。
きつめのファンデーションは必要ありません。

ファンデを塗ると厚化粧に見えてしまうので要注意です。

メイクの仕方のポイントは?

 

 

ベースメイク

ベースに塗るのは日焼け止めか化粧下地。
日焼けを防ぐためにも、塗っておいた方がいいでしょう。

ファンデを塗るなら、リキッドではなくパウダーの軽めのものを塗りましょう。
熱くならないように、あくまでもナチュラルメイクを心がけて!

ちゃんとしたものを使わないと肌荒れの原因になりますので、
100円ショップなどは避けましょう。

ニキビがある場所は避けておきます。

 

 

ファンデの仕方

※ファンデの仕方↑は、
中学生のための簡単メイク講座様のページをインラインフレームで表示しています。

 

 

目元メイク

目元は全体の印象を決める大事な場所。
一重が気になる人は、
二重にするグッズを使用して二重にしてみてはいかが^^

こんな便利グッズもありますよ。

カンタン二重

画像クリック↑で商品詳細ページへ移動します。

 

そして重要なアイシャドウ・アイラインを入れましょう。

アイシャドウはきつい色だと浮いてしまいますので気を付けて!
流行りの色を参考にしつつ、
肌の色からあまり変わらない程度(ピンク・オレンジ)の色を使用します。

アイラインは少しずつ、確実にひけるように練習を!
最初のうちは失敗も多いので、何度もひいてうまくひける方法を見つけましょう。

 

 

リップメイク

リップは、リップクリームを使っている人はそれを使ってもOK。
口紅はかなりきつめのメイクに見えるので、リップぐらいの色合いで十分です。

少ししっかり色を入れたい人は、グロスを利用しましょう。
クチビルの色に近いグロスを選び、少しずつ筆でのせていきます。

色をのせすぎたらティッシュオフして落ち着かせます。
顔から浮いた色にならないように気をつけましょう。

 

中学生の簡単メイクの方法分かりましたか?

 

中学生のメイクはこれだけで愛らしくわかわかしいメイクになります!
メイクの仕方はいろいろありますが、これがイチバンカンタンメイクですね♪

めんどくさい場合はポイントだけをおさえて。
目元とリップだけでも十分愛されメイクになります。
自分だけの方法を見つけて、ササっとメイクできるように練習しちゃいましょう!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

毎日勉強を続ける子どもが続出中!!

学力に差がつく夏休み!

2泊3泊用人気ボストンバック

マーキー君を飼いはじめました♪

クラスメート5人抜きグングン伸びる!

グングン伸びる!
Sponsored Link
ページ上部へ戻る